花咲がに:カニ通販・お取り寄せ特集

主にロシアと国内では北海道の道東沖えりも岬から、根室までの太平洋沿岸で水揚げされる。水揚げしたときは茶色いが、茹でると赤くなり花が咲いたようになることから花咲ガニと呼ばれる。 国内の漁の期間は釧路では3月15日~7月31日、根室では7~9月。また資源保持の為、北海道ではカニカゴ漁で、花咲ガニはメスと甲羅の長さが8cm未満のオスかにを獲ることは禁止となっている。 漁期を過ぎても、ロシア産や冷凍物が流通。 花咲ガニの味を存分に味わえる食べ方の一つは足をぶつ切りにしてみそ汁に入れる「鉄砲汁」。また、花咲ガニのメスの卵(内子、外子)は、その濃厚な味から通好みな珍味として重宝される。他にもかにチャーハン、カニ鍋、天ぷら、甲羅酒などにして食す。>カニ通販・お取り寄せ特集