比較した機種は各メーカーの主力モデル

ブラザー DCP-J968N-W
今すぐチェック
エプソン EP-879AW
今すぐチェック
キヤノン TS8030BK
今すぐチェック

~本体サイズ比較編~

本体サイズの比較や同梱物、液晶モニター、トレイなどの比較。


まずは外箱の比較

キヤノンとブラザーは縦型の箱、エプソンは横型。

あたりまえだが、箱のサイズはプリンター本体のサイズにより微妙に違う。


箱を空けて、中身を出してみた

本体はビニール袋に入れられていて、発砲スチロールでしっかり固定されていた。

説明書や電源ケーブルのほか、セットアップ用のインクが同梱されている。


同梱物のチェック

基本的な内容物は以下の通り。

  1. 取扱い説明書
  2. クイックガイド(スタートガイド)
  3. 使用上の注意事項
  4. セットアップ用インク
  5. セットアップ用CD-ROM
  6. 電源ケーブル(エプソン、キヤノンのみケーブル単体が付属。ブラザーは電源ケーブルが本体に一体化されている。)
  7. メーカー純正写真用紙の試供品(キヤノン、ブラザーのみ)
  8. その他、メーカー独自の案内や便利な使い方などの冊子
  9. 年賀状素材集 CD-ROM(エプソンのみ数量限定で同梱。無くなり次第終了)

スタートガイド、取扱説明書を事前に読んでおこう。また、失くさないように大切に保管を。


本体サイズの比較

エプソン・キヤノンは小型化が進んでいる。
 
横幅は1.エプソン、2.キヤノン、3.ブラザーの順でコンパクト。
高さは1.キヤノン、2.エプソン、3.ブラザーの順でコンパクト。

キヤノンの形状が昨年の丸みを帯びたデザインから変更され、エプソン・ブラザーと同じ四角いタイプとなった。
 
デザイン面では、エプソンがグッドデザイン賞を受賞しており、すっきりとしたデザイン。ブラック含めカラーリングがマットな風合いで指紋が目立ちにくい。

横幅は1.エプソン、2.キヤノン、3.ブラザーの順でコンパクト。

サイズ比較用として、一般的なポールペンと名刺ケースを並べて撮影。エプソン・キヤノンの高さはボールペンの長さとほぼ同じくらい。


奥行きは、エプソン・ブラザーがほぼ同じ。キヤノンがやや小さい※。(※キヤノンは背面トレイ収納時。写真印刷時は前面トレイではなく背面トレイを使用するのでスペースが必要)。

背面はフラットになっている。※背面トレイ収納時

液晶モニターの比較

ブラザー・エプソン・キヤノンともに、液晶パネル部分の見やすい角度に調節できる。ブラザーは斜め45度くらいが限界だが、エプソン・キヤノンは天板と水平の角度まで可変できる。
液晶モニターの大きさはキヤノンが一番大きい。


インクのセットアップを比較

インクの設置はブラザーが一番簡単で、向かって前面右側のフタを空けてセットアップする。
エプソン・キヤノンは、プリンターのフタの部分(コピー・スキャンをする部分)を上に持ち上げるとインクを設定する部分が露出する。

尚、インクの色数は以下の通り。

ブラザー:ブラック・イエロー・シアン・マゼンダの4色インク。
エプソン:ブラック・イエロー・シアン・ライトシアン・マゼンダ・ライトマゼンダの6色インク。
キヤノン:ブラック(顔料)、ブラック・イエロー・シアン・マゼンダ・グレーの6色インク。

初期状態ではインクは設定されていないので、同梱のセットアップ用インクを設定しよう。

同梱されているインクには、「スターター」や「セットアップ」と書かれている。

インクセット後


トレイを比較

ブラザー、エプソンは前面2段給紙+背面。基本的には上段に、写真用紙、下段にコピー用紙を入れる。
キヤノンは、前面トレイはコピー用紙のみ。写真用紙は背面トレイにセットする方式。

エプソンは、上段・下段それぞれに用紙を入れておけば、写真印刷・文書印刷どちらでも印刷ができる。
ブラザーは、用紙自体は上段・下段ともにセットしておくことができるが、写真印刷・文書印刷のどちらをするかによって、給紙トレイを手動で切り替える必要がある。
キヤノンは、前面トレイ(コピー用紙)と背面トレイ(写真用紙)で使い分けが必要。

それぞれのトレイには用紙サイズに合わせた印が記載してある。

トレイに用紙をセットした様子(1)

ブラザー・エプソンは、コピー用紙と写真用紙の両方をセットしている。キヤノンはコピー用紙のみをセット。

 

前面トレイに用紙をセットした様子(2)

ブラザー・エプソンは、コピー用紙と写真用紙の両方をセットした状態でトレイを収納できる。
キヤノンは、前面トレイ(コピー用紙)を入れたままの状態だとトレイが完全には収納されない。また、背面トレイ(写真用紙)は大きさ十分のサイズとなっている。

 

写真印刷速度

写真印刷スピードについての検証。

写真印刷:
メモリーカードダイレクトプリント
写真用紙は各メーカーの純正用紙
標準画質・補正あり設定

計測:
5枚印刷し、印刷開始から1枚目が印刷完了(排紙された)となった時間、5枚目が印刷完了となった時間を計測。
印刷開始はプリンター本体の印刷開始ボタンを押した時点としている。

注意事項:
下記情報につきましては、独自の検証を行った上で掲載しておりますが、情報が変更されている場合、記載に誤りがある場合があります。これらの掲載情報により生じたトラブルや損害等については、Amazonは一切責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。掲載情報を利用または参考にしていただく際は、お客様の責任においてご利用・参照いただきますようお願いいたします。

印刷した写真は以下の人物写真。

子供の写真

写真印刷速度の結果

結果は以下の通り。


文書印刷速度(カラー両面印刷)

カラー文書印刷スピードの検証。

文書印刷:
・スマートフォンからのダイレクトプリント(AirPrint)
・PDFファイルの印刷
・端末はiPhone 5SE

計測:
1部2枚を両面印刷で10部(印刷面は20枚)印刷し、印刷開始から1枚目が印刷完了(排紙された)となった時間を計測。
印刷開始はスマートフォンアプリ上でプリント開始を押した時点。

印刷したものは以下の文書。

カラー文書

カラー文書両面印刷速度の結果

結果は以下の通り。

 

写真画質

印刷した写真の画質を比較してみた。

写真印刷:
メモリーカードダイレクトプリント
写真用紙は各メーカーの純正用紙
画質:標準
 

注意事項:
下記情報につきましては、独自の検証を行った上で掲載しておりますが、情報が変更されている場合、記載に誤りがある場合があります。これらの掲載情報により生じたトラブルや損害等については、Amazonは一切責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。掲載情報を利用または参考にしていただく際は、お客様の責任においてご利用・参照いただきますようお願いいたします。

 

人物写真_1

元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からCanon、EPSON、Brotherの順。
エプソン・キヤノンはインク色数が多いため、階調表現が豊かで背景の再現性も高くなっている。

元の写真

左からCanon、EPSON、Brother


海_1

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からCanon、EPSON、Brotherの順。

元の写真

左からCanon、EPSON、Brother


気球

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からCanon、EPSON、Brotherの順。

元の写真

左からCanon、EPSON、Brother


夕日_1

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からCanon、EPSON、Brotherの順。

元の写真

左からCanon、EPSON、Brother


花_1

※元の写真が上、下段の3つ並んだものが印刷したもの。左からCanon、EPSON、Brotherの順。

元の写真

左からCanon、EPSON、Brother

比較した機種は各メーカーの主力モデル

ブラザー DCP-J968N-W
今すぐチェック
エプソン EP-879AW
今すぐチェック
キヤノン TS8030BK
今すぐチェック