『天空の蜂』特集

『天空の蜂』商品一覧

史上最悪の原発テロ発生。 超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間! ■豪華版は、本編...

カートに入れる
ほしい物リストに追加する ウィッシュリストに追加中 ほしい物リストを見る
ほしい物リストに追加されました

史上最悪の原発テロ発生。 超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間! ■東野圭吾...

カートに入れる
ほしい物リストに追加する ウィッシュリストに追加中 ほしい物リストを見る
ほしい物リストに追加されました

史上最悪の原発テロ発生。 超巨大ヘリが原発に墜落するまで、タイムリミットは8時間! ■東野圭吾...

カートに入れる
ほしい物リストに追加する ウィッシュリストに追加中 ほしい物リストを見る
ほしい物リストに追加されました

みどころとあらすじ

1995年8月8日。最新鋭の超巨大ヘリ《ビッグB》が、突然乗っ取られ、福井県にある原子力発電所「新陽」の上空に静止した!遠隔操縦によるハイジャックという驚愕の手口を使った犯人は〈天空の蜂〉と名乗り、“日本全土の原発の破棄”を要求。従わなければ、大量の爆発物を搭載した≪ビッグB≫を原子炉に墜落させると宣言する。機内に取り残された子供の父親であり《ビッグB》を開発したヘリ設計士・湯原(江口洋介)と、原発の設計士・三島(本木雅弘)は、上空の子供の救出とヘリ墜落の阻止をするべく奔走するが、政府は原発破棄を回避しようとする。
その頃、《ビッグB》と原発を開発した錦重工業の総務課に勤める赤嶺(仲間由紀恵)は、周囲に家宅捜査の手が伸びる中、密かに恋人・三島の無事を祈っていた。一方、事件現場付近で捜査にあたる刑事たちは、《ビッグB》を奪った謎の男(綾野剛)の行方を追跡。聞き込みを続けるうちに、衝撃の真相へと辿り着いていく――。


■【原作力×監督力】東野圭吾×堤幸彦、夢のコラボが初実現
映像化多数のヒットメーカー東野圭吾と多彩な作品を手掛けてきた堤監督が初タッグによる
壮大なエンターテインメント大作

■日本人全員が注目する「危機」=「原発」×「テロ」
現代の日本が抱えている様々な問題が絡み合った物語がなんと20年前に東野圭吾により発表されていた

■豊富な特典映像
セルの豪華版は、本編ブルーレイ&DVD+特典ディスクDVDが付いた豪華3枚組コンボ

東野圭吾原作『天空の蜂』

100
100