Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞&直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0211 Amazon MasterCard Drive_Recorder nav_flyout_videogame ファッション Fire HD 8 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick ホワイトデーギフト特集 2017 年末年始ダイエット特集 大型家具・家電おまかせサービス Kindle Amazon MP3 ウィンタースポーツストア バチェラー・ジャパン

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。
質問を入力してください。
5件の質問中1-5を表示
並べ替え:
  • 3
    投票

    投票
回答:
付属品は取り付けねじ(4本) だけです
投稿者: Alphaziel、投稿日: 2015/02/19
  • 0
    投票

    投票
回答:
・一番外側の宅急便用アマゾン荷造り梱包ダンボール箱の中は、再生紙のような厚めの紙をクシャクシャにしたものでクッション材になり振られてもガタツキしないように保護されていました。 
・この商品化粧箱(写真の箱)の内部は、HDD本体を黒く柔らいプラスチック成型の緩衝部材2つで左右からカポッとはさんで空中に保持され、商品化粧箱の内側に上下左右前後とも触れないように空間を保って(ドンと押されても衝撃GはHDD筐体に直接は届かない仕組み)、HDDを両側から挟んだ緩衝材が化粧箱内側にピッタリ、で入っていました。私はこの梱包状態なので出荷輸送での衝撃を心配していません、ヘッド退避・静的保管状態だから。ちなみにこの商品化粧箱内部のHDD保持する左右一… もっと見る
・一番外側の宅急便用アマゾン荷造り梱包ダンボール箱の中は、再生紙のような厚めの紙をクシャクシャにしたものでクッション材になり振られてもガタツキしないように保護されていました。 
・この商品化粧箱(写真の箱)の内部は、HDD本体を黒く柔らいプラスチック成型の緩衝部材2つで左右からカポッとはさんで空中に保持され、商品化粧箱の内側に上下左右前後とも触れないように空間を保って(ドンと押されても衝撃GはHDD筐体に直接は届かない仕組み)、HDDを両側から挟んだ緩衝材が化粧箱内側にピッタリ、で入っていました。私はこの梱包状態なので出荷輸送での衝撃を心配していません、ヘッド退避・静的保管状態だから。ちなみにこの商品化粧箱内部のHDD保持する左右一対の緩衝材は Reflex(R) で、特許登録番号 Pat # 6520337 (たぶんUSPだと思う?)です。 閉じる

投稿者: shun eagle、投稿日: 2016/09/21
  • 0
    投票

    投票
回答:
このドライブ2台間での転送経験はありません。◆私の経験ではオフィス用途販売のデルPCは電源容量余裕ゼロでドライブ2台目は本体増設しても正常性能での動作は不可能。特殊電源のためユーザー交換強化できず(私は組立パソコン、一番高価なパーツが最高級ATX電源 650W)。◆私のHGST2台間転送速度経験は片側がこの HGST 5400rpm Cool spin で他方が HGST 7200rpm に USB 2.0 対応アダプター使用時のみ(公称:480 Mbps、Win OS ファイルシステム動作環境ではこのUSB 2.0 のザックリ半分、20MB/s のデータ転送速度)で 20MB/s 160Mbps 程度出る。◆ハードディスクは1コマ… もっと見る このドライブ2台間での転送経験はありません。◆私の経験ではオフィス用途販売のデルPCは電源容量余裕ゼロでドライブ2台目は本体増設しても正常性能での動作は不可能。特殊電源のためユーザー交換強化できず(私は組立パソコン、一番高価なパーツが最高級ATX電源 650W)。◆私のHGST2台間転送速度経験は片側がこの HGST 5400rpm Cool spin で他方が HGST 7200rpm に USB 2.0 対応アダプター使用時のみ(公称:480 Mbps、Win OS ファイルシステム動作環境ではこのUSB 2.0 のザックリ半分、20MB/s のデータ転送速度)で 20MB/s 160Mbps 程度出る。◆ハードディスクは1コマンドでの転送エラーが規定以上(昔は、1度のエラーリトライ)あったと検出されたら(=コネクタやケーブルでの接触不良や電源の供給電力不足:PC電源On起動時ドライブ読み込みに最大電力を使用や、脈動ノイズ不安定などで発生するエラーリトライで、データ転送エラー発生と認識)、以後はドライブの一番低い転送速度に切替え固定して確実に転送します、大切なデータファイルを情報1ビットのエラーもなく転送するのがHDDの目的だから(デフォルト最初の元の状態への復帰はドライブのファームウエア実装次第、メーカー統合で実装方針グチャグチャになってる現在のドライブメーカー方針は知らないけれど、本当に一度電源オフまですれば確実。マザーならマザーボード通電オフ=デスクトップPCの裏のACケーブル引っこ抜けば確実、ただしパソコンなら本体電源容量不足なままPC起動なら再発の繰り返し、という意味)。◆例えば USB 2.0 の HDD USB アダプター『ハードディスクをユーエスビー』 Groovy社でパソコンの外からUSBアダプター経由でつなげた Coolspin 5400rpmと HGST 7200rpm ではWindowsモニターで max 20MB/s 程度はでていますがモニター上では転送レートには変動が見えます。SDカード UHS-I に約1時間の動画連続撮影した1ファイル、USB 2.0 外付カードリーダーとの間では、1動画ファイルの転送では、Windows OS 上で転送レートに最初から落ち込みなく一直線に 20MB/s つまり160Mbps コンスタントにでています(つまりUSB2.0のアダプタのWindows環境での転送速度の実力上限)。◆動画撮影と編集取り込みは4k 映像時代でも XAVC S で 3820x2160 / 30P で 60Mbps や 100Mbps までなので、動画1ファイル連続転送の場合ならいけるでしょう。 閉じる
投稿者: shun eagle、投稿日: 2016/11/15
  • 1