Androidアプリストア Amazonファミリー 芥川賞直木賞特集 Amazon Cloud Drive SOS0816 Amazon MasterCard nav_flyout_biss Trade-in ファッション Fire Fire HD 8 Fire HD 10 Fire TV stick Amazon Fire TV Fire TV stick 敬老の日 真夏の健康アイテム特集 防災・防犯ストア Kindle Amazon MP3

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。
質問を入力してください。
4件の質問中1-4を表示
並べ替え:
  • 0
    投票

    投票
回答:
0~20cm~30cm位は可能です。
59~92と云う回答も有りますが足の開き具合を調節すれば?
ということでしょうがポスト軸が長さ37cmなので限度まで伸ばし切って… もっと見る
0~20cm~30cm位は可能です。
59~92と云う回答も有りますが足の開き具合を調節すれば?
ということでしょうがポスト軸が長さ37cmなので限度まで伸ばし切って
足場の面積が狭いという使い方は成立しないと思います。
ドラムシートポジションからして30cm前後が限界かと。
上記の仕様で使った限りハードなたたき方をしても倒れたりするという事象は
起きていません。
他の回答は床面~パット上部までの長さを計測した回答だったのでしょうが。 閉じる

投稿者: え・りー、投稿日: 2016/06/02
  • 0
    投票

    投票
回答:
パッドは基本的にスネア練習用に作られていると思います。その中で硬めならevansなどの両面タイプの硬い面やaquarianが使用経験があります。逆にスネア側をソフトにするなら、hq sound offやvater noise guardを上におく方法もあります。ハイハットとスネアが同じ素材なら、dw go anywhere practice kitがあります。追求していくとエレドラにそして生ドラムに近づいていきます。練習パッドに何をどこまで求めるかだと思いますので、良くご検討ください。
投稿者: Pxd、投稿日: 2016/05/29
  • 1