absolute ego がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,800
通常配送無料 詳細
発売元: 総合トレンドショップ☆フルパ オンライン店【クリックで他の出品物も見れる♪】
カートに入れる
¥ 4,050
通常配送無料 詳細
発売元: ちゃがま堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

absolute ego

5つ星のうち 4.8 14件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Leadwayが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ACO ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • absolute ego
  • +
  • Lady Soul
  • +
  • material
総額: ¥11,365
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1999/12/15)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: キューンミュージック
  • 収録時間: 56 分
  • ASIN: B00003WG77
  • JAN: 4988009031408
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 82,029位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
0:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
2
30
6:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
3
30
5:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
4
30
4:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
5
30
4:44
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
6
30
4:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
7
30
3:52
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
8
30
4:35
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
9
30
4:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
10
30
4:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
11
30
4:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
12
30
0:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 
13
30
6:19
今すぐ聴く 購入: ¥ 257
 

商品の説明

商品の説明

初回限定スペシャルパッケージ、1999年:ソニー

Amazonレビュー

   音楽ファンの間で密かに愛好されるような存在だったAcoだが、ドラマのタイアップでOLなど一般層にも知られるようになった。本作は、そのきっかけとなる出世曲<2>を含む4作目である。
   官能的に粘りつくヴォーカルと、元電気グルーブの「まりん」こと砂原良徳らによるダブ・アンビエント的な音が絶妙に絡みあう。やるせなく痛い雰囲気が生々しく感じられる傑作だ。シングルとなった<2><3><4><10>やスティーヴィー・ワンダーの<5>などを収録しているが、このアルバムの要素を凝縮させたような<3>と<7>に特に惹かれる。(麻路 稔)

商品の説明をすべて表示する

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
楽曲の良さ、
ポイントを外さないアレンジ、

そして素晴らしい声の持ち主
だと思う。

でも、そこまで行くと
一般peopleには理解出来ないのかな…。

でも、わかる人だけが
いつまでも聴き続けるだろうな
いつまでも…
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムが出てからもう10年も経ってしまったわけだが、
その魅力はまったく色褪せることがない。
一時期は本当にこればっかり聴いていたし、いまでも聴き始めると途中で止めることができない。
ここで「まりん」こと砂原良徳が作り出したバックトラックと、Acoの声には、麻薬的な魅力がある。

これ以前のAcoはR&Bディーヴァ的な路線を打ち出した歌い手で、
このアルバムにもその路線を継承したカヴァー曲が収められている(M5・M9)。
しかしやはりM2からM4までの「前半の黄金の流れ」、M6からM8までの「後半の黄金の流れ」、
そしてとどめのようなM10と、日本語詞の曲群が本当に中毒的だ。

まりんのバックトラックには、クラブ・ミュージックと呼ぶにふさわしいグルーヴがある。
ウーリッツァーの響きや、ストリングスの扱い、生楽器の響きなど実に素晴らしく、打ち込みのリズムがきいている。
Acoはステージでは声量に物足りなさを感じることも多かったヴォーカリストだが、
こういう密室系の録音では持ち味の繊細なニュアンスが生きる。
そしてディープなオンナゴコロを表現した退廃的な詞の世界。
かすれた吐息、柔らかい舌の巻き方、微かな喉の震わせ方、実に官能的な表
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1999年発売だそうですが、古さを感じない。
ヘッドフォンで聞くことをオススメします。
声の艶っぽさがスゴいです。
自分は男ですが、デビュー当時に「女心」というものを知りたいがために聞き始めたACOですが、このアルバムでは女心という生易しいものではなく、何か魔物にとりつかれつつ、刃物を突きつけられたような感覚を覚えました。抽象的で申し訳ありません。
陳腐な表現で申し訳ありませんが、確かめたい方は是非、御一聴下さい。
久しぶりにアルバムを通して聞きながら、このレビューを書いています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「Grateful Days」の深いサウンドと深い詩に感謝。

「俺は東京生まれHIP HOP育ち悪そうな奴は大体友達」この言葉を聞いて、リアルタイム世代ではなくても、聞いたことがある!というくらいインパクトのある言葉。

黒人文化のHIPHOPに憧れる若者が出てきたのも、この曲があってこそ。それがわからない人は、歌詞の意味を紐解いて欲しい。
すべての歌詞に一人の男としての人生の生き方、バイブルが書かれている。
両親への感謝、友達への感謝。その感謝の言葉に古いもダサイもない。この曲が定番を作り、歴史を作った。今の流行りの曲は、この曲に支えられていることを忘れてはいけない。

そして

Dragon Ashばかりが取り上げられるが、ゲスト参加のACOこそ、この曲の素晴らしさを最大限に引き出した張本人。

ACOの少女と大人を合わせて持っている、本物の女性の魅力が男女問わずにgrateful daysが愛された理由です。
かすれた吐息は心地よく。
柔らかいで緻密な声は色気と儚さがあり。

彼女の歌声は女であることの悦びと哀しみに満ちている。

どの季節にも、どの日にも、どんな時間にも合う曲で、名曲すぎて、今後の人生、これ以上の曲に出会えるのか不安になるほど愛している。
この曲の魅力は今後も、色褪せることがない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/11/10
形式: CD
 1999年、Acoさんの4thアルバムです。

 この作品では、音のつくりが、
「陶酔を誘うクラブ系のディープなリズムトラック & 憂鬱で幻想的なシンセトラック」がメインになっています。
 Acoさん独特のR&B歌メロ、Acoさんのアンニュイな歌唱は、いつも通りです。

 リズムトラックが不思議な安堵感を誘いつつ、シンセトラックが憂鬱・不安・幻想へと誘い、不思議な音世界へ旅に出れます。
 内省的というよりも、(ジャケットが示唆しているような?)胎内回帰のような感触があり、リスナーは溺れます。
 単なる官能を超えて、「女というサガ」を強く感じさせる1枚です。

 深くAcoワールドへ沈み込んでいくような名曲(2) "悦びに咲く花"、
ストリングスの旋律とAcoさんの歌が絡み合う名曲(4) "愛したあなたは強いひと"、Stevie Wonderのカバー(5) "Black Maybe"、
浮遊感のあるサウンドと彷徨える感情が一体となったような(7) "夏の陽"、暗闇の中で感情を紡ぎ出すような(8) "雨の日の為に"、
。。。などなど、素晴らしいです。

 Acoさんの審美眼が遺憾なく発揮された傑作だと思います。
 「Acoファ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す