この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

Zero History (英語) ハードカバー – 2010/9/7

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(10)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 3,008 ¥ 867
CD, Audiobook, Unabridged
¥ 4,289 ¥ 2,489
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

The iconic visionary returns with his first new novel since the New York Times bestseller Spook Country.

Whatever you do, because you are an artist, will bring you to the next thing of your own...

When she sang for The Curfew, Hollis Henry's face was known worldwide. She still runs into people who remember the poster. Unfortunately, in the post-crash economy, cult memorabilia doesn't pay the rent, and right now she's a journalist in need of a job. The last person she wants to work for is Hubertus Bigend, twisted genius of global marketing; but there's no way to tell an entity like Bigend that you want nothing more to do with him. That simply brings you more firmly to his attention.

Milgrim is clean, drug-free for the first time in a decade. It took eight months in a clinic in Basel. Fifteen complete changes of his blood. Bigend paid for all that. Milgrim's idiomatic Russian is superb, and he notices things. Meanwhile no one notices Milgrim. That makes him worth every penny, though it cost Bigend more than his cartel-grade custom-armored truck.

The culture of the military has trickled down to the street- Bigend knows that, and he'll find a way to take a cut. What surprises him though is that someone else seems to be on top of that situation in a way that Bigend associates only with himself. Bigend loves staring into the abyss of the global market; he's just not used to it staring back.

Watch a Video

レビュー

"His eye for the eerie in the everyday still lends events an otherworldly sheen." -"The New Yorker" "Gibson's ability to hit the sweet spot of cutting-edge culture is uncanny." -"The Atlanta Journal-Constitution" "A writer who can conjure the numinous out of the quotidian." -"The Washington Post Book World " "William Gibson can craft sentences of uncanny beauty, and is our great poet of crowds." -"San Francisco Examiner & Chronicle " --このテキストは、ペーパーバック版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 416ページ
  • 出版社: G.P. Putnam's Sons (2010/9/7)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0399156828
  • ISBN-13: 978-0399156823
  • 発売日: 2010/9/7
  • 商品パッケージの寸法: 15.9 x 3.8 x 23.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 334,965位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

VINEメンバー
2010年9月19日
形式: ハードカバー|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち3.5 211 件のカスタマーレビュー
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち3.0Easily the worst part of this book is the character's ...
2015年5月7日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち4.0Gibson at his best
2015年4月30日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち5.0Gibson is as good and gritty as ever!
2017年6月29日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち4.0Didnt get it... but loved it!
2011年7月4日 - (Amazon.com)
形式: ハードカバー|Amazonで購入
5つ星のうち4.0Up to Gibson's Usual Ingenious Style
2013年9月27日 - (Amazon.com)
Amazonで購入