中古品:
¥1,524
+ ¥350 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ●◎帯にケース挟み跡が若干あります。その他に目立つ傷みはありません。通常24時間以内に発送(日・祝休)します。創業1984年、岐阜一番の老舗です(^^)v
この商品をお持ちですか?

You Are So Beautiful


仕様
価格
新品 中古品
CD, 2008/6/20 1枚組
¥1,524
¥1,260
お届け日: 9月24日 - 27日 詳細を見る

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 梱包サイズ : 14.09 x 12.63 x 1.37 cm; 80.32 g
  • メーカー : ミュージカルドッグスタジオ
  • EAN : 4562222162004
  • レーベル : ミュージカルドッグスタジオ
  • ASIN : B001B9CMCI
  • ディスク枚数 : 1

商品の説明

内容紹介

ドラムの名手、鈴木ウータン正夫が日米共演で作ったニューヨーク録音による斬新なサウンドの快作。

鈴木ウータン正夫のプしイは何度か聴いたことがあるが、そのしなやかでよく歌う切れの味のいいドラミングにはいつも感心してきた。シンバルの音が美しく、被の確動的なビートとリズムによって共演者もペストのプレイを見せてくれるのである。 ところが、彼はプロデューサーとしての仕事も忙しく、なかなかC Dを作ってくれないので不満だったが、ようやくニューヨークへ飛んで日米共演によるアルバムを吹き込んで来た。 早連聴いたところこれが想像以上の出来映えなのだ。 最近発売された内外ミュージシャンによるアルバムの中では一番感銘を受けた。 このところ内外で発売されるアルバムにはピアノトリオやワンホーン編成のものが多く、トランペット、サックスに3リズムという2管編成のクインテットによる演奏の魅力をたっぶり味わう事が出来た。 トランペットとアルトサックスによるアンサンブルがスマートで斬新、しかも力強く、メロディックでもあり、実に快適なのだ。 そしてこれをバックする鈴木のドラミングがヴィヴィットで心地いい。 大野俊三のトランペットは音色が美しく、その上パワーもあり絶好調だ。 スティープ・ウィルソンのアルトサックスも個性的で、クリエイティプで魅力がある。 そしてベテラン岡田勉の温かなトーンとビート、才人野力奏一のセンスのいいピアノが加わる事によって、このクインテットは最上級のレベルの高い演奏を展開していくのである。

全9曲、ジャズ、オリジナルとスタンダード曲で構成されているが、アしンジが素晴らしく、アルバムとしての続一感があり、サウンドはスマートでありながら、ジャズのソウルと熱気があり、こういう演奏を聴きたかったという気持ちにぴったりの演奏を聴かせてくれるのである。 1960年代の前半から中頃にかけて、ブルーノートでハービー・ハンコックやウェイン・ショータ一達が展開した新しいサウンドに出会って魅せられ、共感した思い出があるが、その時以来の感銘を今このアルバムから受けている。これそ現代ジャズのあるべきフしッシュなサウンドではないか、との想いがある。 そして鈴木ウータン正夫の躍動感溢れたドラミングが共演者を鼓舞し、いきいきとしたプレイを引き出している。 日本には、うるさく叩きすぎるドラマーは沢山いるが、鈴木ウータン正夫のように、バランスのとれた、それでいて湧きつようなビートとリズムを感じさせるドラマーは少ない。 曲に合わせてスティックとブラッシュを使い分け、ドラミング自体が歌を奏でているところが彼のドラミングのよさだ。日本の若手ドラマーは、是非彼のドラミングを手本にして欲しいものである。「オン・ザ・ストリート・ウェア・ユー・リブ」など、ピアノと一緒にバウンスしている。

ライナーノーツ抜粋:コメント岩浪洋三氏

参加アーティスト 鈴木ウータン正夫(ds),大野俊三(tp),岡田勉(b),野力奏一(p),スティーヴ・・ウィルソン(sax)

アーティストについて

1948年福島市に生まれる。3歳~18歳迄茨城県水戸市にて成長。

高校生の時よりプロのミュージシャンに混じりキャバレーやクラブで仕事を始め、ドラマー、鈴木ウータン正夫としてのキャリアをスタートさせる。 卒業後上京し,クラブや米軍キャンプの演奏から始まり、アイ ジョージ&ジャパニーズに参加。

1970年ペドロ&カプリシャス結成に参加し、別れの朝、ジョニーへの伝言、等が大ヒットする。

1976年よりフリーのスタジオミュージシャンとして、多くのニューミュージックアーティストのレコーディングに参加。

主な物としてRCサクセション、ミッキー吉野、シーナ&ロケッツ、アリス,松山千春、森山良子、長谷川きよし、松岡直也、等がある。

1989年よりJAZZの活動に専念し、市川秀男トリオ、大野えり&グッドクエッション、故八木正夫&AFFAER,杉本喜代志、植松孝夫氏等のグループに参加。

その後は、自己のグループでの活動と並行して、プロデュサーとしても活動を始める。有望なアーティストのCDも多数制作する他、イベント・フェスティバルのプロデュースも多く手掛ける。
代表的なものとしては、Ocean Blue Jazz Festival(1997年8月/ひたちなか海浜公園)等がある。