通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアッ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール 単行本 – 2013/4/25

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 625

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール
  • +
  • スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた
  • +
  • HARD THINGS
総額: ¥5,508
ポイントの合計: 167pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『会社四季報 2017年 2集春号』特集
業界担当記者が独自取材・独自分析で上場企業の業績を先読み。「会社四季報」で、好調会社や有望銘柄を探す。 『会社四季報 2017年 2集春号』特集はこちら。

商品の説明

内容紹介

■伝説のハッカー、ポール・グレアム率いる起業家養成スクール「Yコンビネーター」の3カ月に
密着したノンフィクション。若き起業家との熱い交流を描く!

合格率3%の難関を突破して集まった、64チーム、160人に若き起業家の卵。
スタンフォード、MIT、UCバークレーといった世界トップ大学の俊英ばかりだ。
超一級の頭脳と優れたアイデアがあっても、それだけでは起業は成功しない。
数百人の投資家を前にプレゼンし、投資されるかどうかが決まる運命の日「デモ・デー」に向けて、
ポール・グレアムの特訓が始まった。

「急いでローンチしろ」「市場が君たちをクビにする」「セールスアニマルになれ」「常に成長率に
目を光らせろ」「他の連中より真剣に考え抜いた点だけが優位性になる」
――厳しい言葉をあびせながらも、アイデアがビジネスになるまで徹底的に一緒に考え抜くのが、
ポール・グレアムだ。彼らを追い込み、本物に育つビジネスを手にさせるために、決して手を抜かな
い。リスクは自分でとるものだからだ。

市場が見えずに苦しみ、アイデアのピボット(方向転換)を余儀なくされ、意欲あるメンバーの確保に
悩み、時間のなさに焦り、同期生の進捗に気になりながらも、進むしかない起業家たち。
デモ・デーでプレゼンを成功させることがはたしてできるのか。不安を抱えつつも、グレアムをはじめ
YCパートナー(共同運営者)たちと議論を繰り返すなかで、たくましく成長していく。

学期の半数のスタートアップが失敗すると言われる現実にあっても、グレアムは決して見放さない。
「何かまずいことがあったらすぐわれわれに言うんだ。われわれはスタートアップを襲うさまざまな
災厄を数多く見てきた」
自分自身も29歳で起業し、一度は完全に失敗し、それでも再び同じ仲間と起業し成功を手にし、
自分たちと同じ轍を踏まない道はないかと、Yコンビネーターを立ち上げた。"実験"であると同時に、
ソフトウェアが世界にイノベーションを起こすことを信じる彼らの強い信念がそこにはある。

<推薦の言葉>
シリコンバレーで数多くのスタートアップにシード資金を提供しイノベーションの量産に成功している
Yコンビネーターはアメリカの至宝だ。
――エリック・リース『リーン・スタートアップ 』著者

本書はシリコンバレーのスタートアップ・エコシステムの核心を内側から見た貴重な記録だ。
――マーク・アンドリーセン、アンドリーセン・ホロウィッツ共同創業者、ネットスケープ共同創業者

Yコンビネーター:2005年設立のベンチャーファンド。卒業生に、ドロップボックス(2007、ファイル共有)、
エア・ビー・アンド・ビー(2009、ルーム貸し)、ヘロク(2008、クラウドプラットフォーム)などがいる。
本書の舞台となった2011年夏学期には、ウェブ上でプログラミングが学べるコード・アカデミーが参加した。

【目次】
第1章 面接
第2章 YCパートナー
第3章 シリコンバレーに来い
第4章 女性起業家はなぜ少ない
第5章 クレージーだがまとも
第6章 アイデアに行き詰まる
第7章 新しいものを作り続けろ
第8章 エンジェル投資家
第9章 契約は必ず成立させろ
第10章 営業マン探しは難しい
第11章 プロトタイプ発表
第12章 ハッカソン
第13章 ピボットの決断
第14章 リスクと変曲点
第15章 共同創業者がすべて
第16章 残りあとわずか2週間
第17章 最終リハーサル
第18章 離陸準備完了
第19章 デモ・デー
第20章 最後の夕食会
第21章 ソフトウェアが世界を食う

内容(「BOOK」データベースより)

合格率3%の難関を突破して集まった64チーム、160人の若き起業家の卵。投資家へのプレゼンに向けて、ポール・グレアムの3カ月の猛特訓が始まった。世界を変えるスタートアップはここから生まれている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 456ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2013/4/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822249468
  • ISBN-13: 978-4822249465
  • 発売日: 2013/4/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,648位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本書ではYコンビネーター(以下、YC)というベンチャーファンドを密着取材し、シリコンバレーのスタートアップ企業たちの現在の姿を描いています。
DropboxやHerokuなど、現在華々しく活躍しているIT企業の名前が登場しますが、技術的な詳細は控えめで
一般読者でも十分読んで楽しめる内容になっています。

YCが投資をする際には、3ヶ月間シリコンバレーに引っ越してこなければならないという重要な条件が出されます。
スタートアップのチームはそこでYCのパートナーたちの助言やサポートを受けながら、プロダクトの開発を続けることになります。
YCの創業者ポール・グレアムは、求められれば助言として駄目出しをしますが、自らチームやプロダクトの方向性を指図するようなことはなく
「われわれはきみたちをクビにはしない。しかし市場がきみたちをクビにする」と、あくまで放任に徹します。
これについては「口うるさく指導しても無駄な、まずい仕事をし続ける人間」がいることが言及されていますが、
1チームあたりの投資額が少ないため(上限2万ドル)、損切りがしやすいというのもあるのでしょう。

競争率3%を勝ち抜き、晴れてYCに選ばれたチームはシリコンバレーで3ヶ月間プロダクトの開発に没頭することになります。
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は一言で言えば、今のシリコンバレーのスタートアップを等身大に捉えた、クロニクル風のドキュメンタリー。専門的な解説や講釈は抑えた、分かりやすいノン・フィクションです。私自身、実際にシリコンバレーで活躍するスタートアップと仕事する機会が多いのですが、その経験から見ても、著者が丹念に取材をして、ありのままの実像を綴っていることが伺える、優れたドキュメンタリーと言えます。

本編の前に、舞台となるシリコンバレー、GoogleやFacebookを生み出した「スタートアップ」、これを支える「アクセラレーター」と呼ばれる投資プログラムや、その一つ本書のタイトルでもある「Yコンビネーター (YC)」のポイントが簡潔に紹介されています。(「Yコンビネーター」という不思議な名前の由来も、この冒頭で記されています) この中で取材方法や背景、YCプログラム全体の流れが分かりやすく紹介されているおかげで、第一章から最終章までのストーリーの流れをつかめます。この業界に馴染みのない読者でも、すっとストーリーに入ることが出来る良い導入部です。
全体を通して専門的な講釈や技術解説を出来る限り抑えてあることが伺え、スタートアップやYC、ITのことを良く知らなくても、スムーズに読み進めることが出来る内容です。

目次の構成を見て分かるとおり各章では、起業間もないス
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2013/5/26
形式: 単行本
著者のRandall StrossはSan Jose州立大学Business Schoolの教授にして、2000年に「eボーイズ―ベンチャーキャピタル成功物語」を著し、ドットコムブームに沸くシリコンバレーのベンチャー企業とそれに投資するベンチャーキャピタル(ベンチマークキャピタル)の内側を2年感の常駐による取材により鮮明に描き出した。

今回は、同じスタートアップ企業により早い段階で投資するエンジェル投資家にスポットを当てている。Yコンビネーターがユニークなのは、2000件以上の応募チームの中から64チームを選び、そのチームを3か月間シリコンバレーに住まわせ、アイデアを形にしていく過程をサポートし、卒業の際にベンチャー投資家を集めてその前でプレゼンテーションさせ、次の段階で必要な資金を調達するというものである。

こうしたスタートアップ企業を支援/養成させることが出来るのは、安定した生活よりも、失敗する可能性が高くとも起業することがrespectされるシリコンバレーの風土によるものであり、そこに集まる人々がお互いを刺激し合うという好循環がある為である。

3ヵ月の施行錯誤を繰り返し、最初のアイデアを大幅に変更しつつ、最後には見事なビジネスモデルに仕上げて行く過程はアメリカンドリームそのものである。スタートアップ企業の生まれ
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
よくぞタイトル通り、Yコンビネーターに焦点を当ててくれたという読後感であった。数多くのスタートアップの卵達の「面接」から「デモ・デー」に至るまで、Yコンビネーターに常駐し、日々つぶらに観察し続けた著者の渾身のドキュメンタリーである。詳細な長編の物語の中に、Yコンビネーターを創業したポール・グレアムの明瞭なメッセージがあちらこちらに散りばめられている。「スタートアップの創業者になる最適の時期は20代の半ばだ」というメッセージが目に入ったときには、家族や住宅ローンを背負っている自分には恨めしくも感じられたが、「スタートアップはほとんどあらゆる面で質的に大企業に優っている(例えば、採用時の差別禁止措置が適用されない)」「スケールできるビジネスでなければ、それはスモール・ビジネスの開業であってスタートアップの起業ではない。」といった痛快な言葉が随所に見られる。「他の国に欠けているのは起業家精神ではなく、多くの創業者が集中する場所である。」という言葉は、イノベーション創造に悩んでいるこの国の政策立案者に捧げたい。また、本書を読んであらためて感じたのは、Yコンビネーターが、ある種の「学びと啓発の合宿所」であり、優秀なハッカーの同窓生ネットワークを張り巡らす源になっているということだ。Yコンビネーターではビジネススクールは全く役に立たないとみなされているという著者の解説も印象に残った。そしてなに...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー