中古品
¥107
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: CD付。カバーに傷みあり。小口に多少の汚れ。【商品説明】この商品はコンディション3(良い)の商品です。状態は良好ですが、万が一不備があった場合は、迅速にご返金させて頂きます。※全品クリーニングの後、防水梱包にて、ご発送させて頂きます。Amazon専用商品。g1456
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

XMLとJavaによるWebアプリケーション開発 単行本 – 1999/10

5つ星のうち5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥107

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

XMLで何ができるかを実例を通して明解に解説,XMLのシステム利用の実際を知ることができる
えっ! XML!? 次世代標準だって? HTMLの汎用的なモノみたいだが,入門書を読んでも何でB to Bとつながるのか? うーむ…。こうした疑問を持ったシステム設計者あるいはプログラマは多いかもしれない。XMLの汎用性がゆえに,何ができると一言で言い表せないのも事実だ。しかし,本書では,XMLを使ってWebベースのアプリケーション構築がいかに効果的にできるかを,豊富な事例を通じて実に明解に解説している。そしてJavaでのプログラミングを通して,XMLを活用している。XMLの利点といっても実はあいまいで包括的なことしか言われていないが,本書ではプログラミング,あるいはシステム構築という観点から,なぜXMLが優れているのか,そして,なぜJavaなのかということも分かりやすく説明されている。

筆者は,フリーのXMLプロセッサとして有名なXML Parser for Javaを開発した日本アイ・ビー・エムの東京基礎研究所に勤務する3人が執筆しており,XMLがめざすもの,そして開発されたプロセッサをどう使うべきかをわかりやすく伝える書籍であるといえる。

まず,XMLの構文解析を行って,オブジェクトとして利用できるようにする方法として,DOMやSAXなどについての解説があり,比較的短いサンプルプログラムを用いて,主要なメソッドやあるいはオブジェクトの利用方法が解説されている。メタコンテンツの例としては,Servletを利用して文書の記録や一覧を行うようなサンプルが示されている。さらに,JDBCを利用したデータベースアクセスとXMLの連係の例もある。これは検索条件をXML文書で与えるというような事例だ。

そして,HTTPをプロトコルとして使いメッセージフォーマットとしてXMLを使ったメッセージングの例もあり,さらにはセキュリティに関する解説まである。JavaBeansに絡んだ応用では解析処理をBean化し,データのやりとりのフォーマットとしてXMLを採用した場合のアプリケーションの事例が示されている。いずれの事例においても,比較的短くポイントとするところがよく理解できるわかりやすいプログラムが示され,そのプログラムについての説明も丁寧になされている。具体的にXMLがどのように実務に結びつくかを垣間見ることができる。

一方,リファレンスとしては簡単なものは付録としてつくが,完全なものではない。もっとも,主要なメソッドなどについては本文でしっかり説明されているので,きちんと読んで探せば,必要な情報は得られるだろう。ただし,XMLの基本的なことや,Javaのプログラミングについては知っているものとして話はどんどんと進んで行く。

XML初心者は,まずは基本的なことから書かれた書籍をクリアしてから本書を読む方が良い。これはJavaについても同様である。いずれにしても,XMLをシステム構築にどう生かされるかを知るには格好の書籍だといえる。 (ローカス Macintosh Developer Online 編集長 新居 雅行)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、XMLとJavaという2つの新しいテクノロジによって、Webアプリケーションがどのように変わっていく可能性があるかを、数多くのサンプルプログラムを通して解説。この本を読めば、JavaとXMLを用いたWebアプリケーションを設計、実装するための基本的な概念が身に付く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 420ページ
  • 出版社: ピアソンエデュケーション (1999/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4894711354
  • ISBN-13: 978-4894711358
  • 発売日: 1999/10
  • 梱包サイズ: 23.4 x 18.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,906,785位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
評価の数 2
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2012年2月14日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2003年4月29日
形式: 単行本
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告