X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【中古品】2本目以降1本につき100円キャッシュバックいたします。(同時発送に限り)レンタルアップ品ですが、ディスクは研磨して、DVD専用トールケースに入れ替えて発送します。OPP透明袋に入れて保管しいますので、非常にきれいな状態です。1~3日以内にゆうメールにて発送いたします。(ポスト投箱保障ナシ)本数、規格によって発送方法が変わる場合があります。プチプチの梱包材に巻いて、封筒にて発送いたします。ジャケットやディスクに管理シールが貼られています。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]

5つ星のうち 3.6 49件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 1,800 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,190 (55%)
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、激安CD DVDアウトレット専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 1,350より 中古品の出品:12¥ 301より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオX-ファイル:真実を求めて (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • X-ファイル:真実を求めて(ディレクターズ・カット) [DVD]
  • +
  • X-ファイル ザ・ムービー (劇場版) スペシャル・エディション [DVD]
総額: ¥2,871
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: デイビッド・ドゥカブニー, ジリアン・アンダーソン, アマンダ・ピート, ビリー・コノリー, ミッチ・ピレッジ
  • 監督: クリス・カーター
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2009/04/02
  • 時間: 109 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 49件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001O957PE
  • JAN: 4988142734228
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 67,628位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

伝説の名コンビ、モルダー&スカリー再始動

<キャスト&スタッフ>
フォックス・モルダー…デイビッド・ドゥカブニー(小杉十郎太)
ダナ・スカリー…ジリアン・アンダーソン(相沢恵子)
ダコタ・ホイットニー…アマンダ・ピート(湯屋敦子)
ジョー神父…ビリー・コノリー(有本欽隆)
ウォルター・スキナー…ミッチ・ピレッジ(島香裕)

監督:クリス・カーター
脚本・製作:クリス・カーター/フランク・スポトニッツ
製作総指揮:ブレント・オコナー
音楽:マーク・スノウ

●字幕翻訳:林 完治 ●吹替翻訳:徐 賀世子

<ストーリー>
FBI捜査官が謎の失踪を遂げた。やがて、その居場所を透視出来るという神父が現れる。神父の指摘した雪中からは、切り落とされた人間の腕が発見された。しかし、その腕の持ち主は失踪した捜査官のものでは無かった…。FBIは事件の異常性を感じ、かつてX-ファイルを担当していたモルダーとスカリーに協力を要請する。果たして神父の透視能力は神から授かった奇跡なのか? それともトリックなのか? 奇跡の能力を信じたいモルダー、科学的裏付けが無いと否定するスカリー。二人は反目しながらも事件の核心へと迫る。やがて、新たな失踪事件が発生、事件は予想もしない方向へと進んでいく…。

<ポイント>
●あの大ヒットTVシリーズ「X-ファイル」の<劇場版>第2弾が待望のリリース!
●伝説の名コンビ、モルダーとスカリーが還ってきた!
シーズン9が終わってから6年。その後の2人の関係はどうなっているのか?
●「X-ファイル」のクリエイター、クリス・カーター渾身の傑作ミステリー。
今回はクリス・カーターは監督、脚本、製作を担当。当時「Xーファイル」に携わったスタッフ&キャストが総結集!
撮影も「X-ファイル」の原点に戻ってバンクーバーで行われた。
●行方不明者の行方を透視する神父。彼の力は超能力か、それともトリックか―。
「X-ファイル」といえば、UFO、UMA、超常現象など科学では解明できない未解決事件を扱ってきた。今回、モルダーとスカリーはFBIの要請を受け、サイキック(予知能力)を持つ神父とともに不気味な猟奇殺人事件に挑む!
●本編は監督クリス・カーターが編集したディレクターズ・カット版!

<特典>
【Disc-1】
●クリス・カーター(監督/脚本/製作)とフランク・スポトニッツ(脚本/製作)による音声解説
●未公開シーン集(3種)
・嘆願するシェリル
・病院に現れたジョー神父
・崖を登るモルダー

【Disc-2】
●誰も信じるな:「X-ファイル」の秘密の行方
PART.1:再集結
PART.2:渡されない脚本
PART.3:ポストプロダクション
●クリス・カーター インタビュー:“グリーンな映画作り”
●特殊メイクの舞台裏
●ギャグ・リール
●ミュージック・モンタージュ
●スティル・ギャラリー(4種)
●オリジナル劇場予告編集(2種)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

FBI捜査官コンビが科学では解明できない未解決事件の解明に挑む、大ヒットTVシリーズの劇場版第2弾。FBI女性捜査官の失踪事件が発生。事件に超常現象の陰を感じ取ったFBIは、かつてX-ファイル担当だったモルダーとスカリーに捜査協力を依頼するが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
リアルタイムで夢中になってシリーズを観た気持ちで観ました。
ストーリーは相変わらず素晴らしく、今回は神父のビジョンというXファイルというタイトルに近しい雰囲気で進んでいきます。
解明のされることのない不可解な事案を残すという最後のオチはこのシリーズならではの結末。
面白かったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
たぶんX‐ファイル以外の作品世界では、いきなりできなかった内容じゃないかなぁ…2007年当時は。
そういう意味では、展開といい謎といいおおいに満足できた一本でした。
しかしこれからは、ますますSFとかミステリーとか作りづらい世の中になっていきますね。

下手に超常現象を絡めたストーリーよりも、ふつうのサスペンスなので誰でも見られます。一押しとまでは行けませんが、楽しい休日が過ごせました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
Xーファイルなら、もっとXーファイルらしいエピソードがあったはず。
どうせなら、感動エピソードでも一向に構わなかった。
しかしながら、モルダーもスカリーもいい感じの中年コンビ。
でも、人生に疲れすぎてやしませんか?
贅沢は言いたくないけど、過去の作品の続編を引っ張り出して来てくれた方が、初期シーズンから見てる人間には嬉しかったんだけどね。

それにしても、誰だよ〜真実を求めて〜なんて適当な和訳にしたのは。
内容とも、本来の意味とも「かすって」すらいないじゃないか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山根晋爾 VINE メンバー 投稿日 2011/10/28
形式: DVD
映画にするからには、前作の様に映画じゃないと出来ないスケールの大きなものを期待してしまいましたが、意外にもコンパクトでこじんまりした作品です。

歳月を経たモルダーとスカリーの人間模様、心模様がメインのような繊細な作りです。

雪景色の町が舞台な事もあり、全体的に抑えたトーンの大人な映画という印象でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
私は、私が本当に好きになったこの映画と思います、そして、私は3回それを見ます。 俳優の演技の場所にあります。 プロットは素晴らしい。 映画撮影が優れていた。 私は映画より多くの悲しい少し終わったならば、それはより良いと思います。 雨の日間、私自身は黙って、自分自身でそれを見てください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
『真実を求めて』ってサブタイトルはどうなんでしょう?
これじゃ〜いかにも政府陰謀物だと思われて変な先入観を与えてしまうんではないか?
今回のストーリーは政府陰謀物では無く、人間のエゴによる陰惨な事件物である。
テレビ版のラストでは無理矢理殺人容疑で死刑宣告され逃げたモルダーが、映画では失踪した捜査官を発見する為に協力するというところから始まる。
でもそんな簡単に捜査協力して過去は忘れる的な事になって良いのだろうかと軽くツッコミたくはなるが、内容はなかなか良く出来ている。
モルダーとスカリーの微妙なズレも当初のテレビ版の二人を彷彿としていて思わずニヤってしてしまった。
自分にはあの二人のズレが心地良かったりする。
久しぶりの捜査なんだから衝突するのは当たり前。
そこをちゃんと描くところはなかなか良い。

少ししか登場しないがスキナーがかっこよかった。
残念なのはXファイル課がどうなっているのかを知りたかった。。。
ドゲット捜査官達はどうなったのだろう。。。

まっ、とにかく2012年12月12日に異星人による人類滅亡が行われるので、それに合わせて映画かシリーズが復活するんじゃないでしょうかね。
1 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この作品ではUFOや超常現象は、そんなに関係ありません。
純粋に猟奇殺人事件に挑む、モルダー&スカリーの活躍が
描かれています。じゃ、どこが、Xファイルなんだ?と
思いますが、少しだけ、変な超能力を持った神父が登場します。
その神父の存在が、この作品をXファイルたらしめています。
全体的に、コンパクトにまとまった「サスペンス劇場」という
ところです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぢぢぢ VINE メンバー 投稿日 2009/4/8
形式: Blu-ray
後期X-FILEが全面的に超常現象色が強くなり(特にモルダー絡みで)
SF要素が強くなってしまったが
そもそもは「政府の事実隠蔽」が主軸にあり
超常現象やUFOに限らず実際にあり得そうだけど
本当の所は??的な事件まで扱ってましたよね。

映画1作目が「超常現象」であれば
今作は「現実にあり得そうな」側面のストーリー。

ここで非常に残念なのがTVシリーズの
紆余曲折あってからのコンビ関係という所。

これが初期のまだ素直なコンビ関係の頃で
展開してくれてたらおもしろかったのに。
(TVスペシャル程度の内容ですが(笑))

2人の人間性や関係に深みを持たせようとした結果、
重厚というよりは陰気な雰囲気が漂い、
スカリーはもはや軽いウツのようで
「あの」コンビ間は皆無。

うーん・・・ここまでシリアスな雰囲気で
展開するとは思わなかっただけに
すごい暗い印象が残ってしまった。

つまらなくはないんですけどね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー