通常配送無料 詳細
お届け日: 9月22日 - 23日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
2 時間 2 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

Wurstkase がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古商品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古商品: ほぼ新品
コメント: ディスクユニオン横浜西口店からの出品です。 未開封品です。 未開封 2017.7月発売/DIGIPAK 。ゆうメールでの発送です。追跡番号はございません。 お届けまで4日前後かかります(但し既定のサイズを越える場合は日本郵便レターパックプラス、佐川急便宅配便を使用致します)。 店頭でも販売しておりますので、品切れの際は迅速に全額ご返金させていただきます。何卒ご了承くださいませ。 「九州および中国、四国地方における大雨の影響により、一部地域で配達に遅延が発生する可能性があります」

この商品をお持ちですか?

Wurstkase

5つ星のうち5.0 1個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, 2017/7/2 1枚組
¥2,381
¥2,381 ¥1,950
CD・DVD スタンプカード

Amazon の Wurstkase(細谷紀彰,森田悠介) ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • DREAMS COME TRUE特設ストア : 7/7は「ドリカムの日」。メガジャケ付CDが発売。オリジナルワッペン付CDを期間限定で販売開始。 対象商品はこちらをチェック

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 梱包サイズ : 12.2 x 12.2 x 0.2 cm; 40 g
  • メーカー : UPLIFT JAZZ RECORD
  • EAN : 4589941990121
  • レーベル : UPLIFT JAZZ RECORD
  • ASIN : B071FQVL1D
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 1個の評価

商品の説明

内容紹介

日本のジャズシーンを支えるベーシスト,細谷紀彰/森田悠介の二名によるNew Experimental Electric Bass Duo "WURSTKASE" 書き下ろしの新曲含む両者のオリジナル楽曲を持ち寄り収録。同じ楽器奏者の共作にありがちなテクニックを前面に出したアルバムではなく,楽器の特性を熟知した幅広いサウンドメイクがされていてベースフリークだけでなく,どんなミュージックファンも楽しむ事の出来る作品となっている。デュオでの演奏だけでなくゲストにドイツ・ベルリン在住のドラマー,中村亮が参加。室内楽的なアプローチの3曲からなるエチュード曲やその変奏曲,エフェクターを使い音響効果を演出するシーンなど,エレクトリックベースの表現力の高さを感じさせる意欲作。

Amazonレビュー

ベース好き集合! 大注目&最高のベース・デュオ
ジャケットにも刻まれている“ニュー・エクスペリメンタル・エレクトリック・ベース・デュオ"の正体は、独ベルリンで6年間活動を続け帰国したベーシスト細谷紀彰と自身のソロプロジェクト“CHEEZENESS"の他、ai kuwabara trio project のベーシストとしても活躍している森田悠介の2人が意気投合し結成された新生ベース・デュオ。プロジェクト名“Wurstkäse"は独語で「ソーセージ・チーズ」の意味。今後の音楽シーンを担う2人のベースマンに、自身もベーシストである江口丈典氏のレーベルからのリリースということで、ベース愛に満ち溢れた快作に仕上がっている。この作品を聴けば、ベース2本で繰り広げられる世界観とベースが持つ可能性に驚くことだろう。(The Walker's 加瀬正之)

続きを見る