この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

World Trade and Payments: An Introduction (英語) ペーパーバック – 2005/8/1

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(17)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,132 ¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 15,999 ¥ 16,039
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【50%-70%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

Renowned for its precise, in-depth coverage of international trade and finance, this classic text features a balance of the latest research, critical policy issues, and sophisticated economic analysis. The authors integrate the empirical studies thoroughly, giving students a richer understanding of how the existing economic models relate to the real world.

内容(「BOOK」データベースより)

「為替レートが変化すると何が起きるのか?」「経済危機はなぜ伝染するのか?」アジア通貨危機、日本経済の長期停滞など、マクロ経済のメカニズムをマネーの側面から解き明かす!国際金融の理論をていねいに解説する待望の翻訳。 --このテキストは、ハードカバー版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 712ページ
  • 出版社: Pearson; 10th International版 (2005/8/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0321248554
  • ISBN-13: 978-0321248558
  • 発売日: 2005/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 2.5 x 23 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 134,970位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
帯に「ハーバード」大学でも使われている国際経済学の標準テキストだというので、読んでみました。確かに、国際経済学の標準的な内容をバランスよく一通り押さえており、しかも章毎に練習問題がついているので、勉強会などで使いやすいです。ただ、翻訳本の常ではありますが、文章の意味が何度か読まないと分かりにくいところも多いです。このため、中級レベルの学習者なら使えるでしょうが、初級者にはかなり読みずらいのではないかと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本著は、国際金融論について学ぶ際の標準的なテキスト。
実務経験がない学生には少し難しいかもしれませんが、
チャレンジするだけのことはあると思います。
学生の時は難しく思いましたが、
マクロの視点からのわかりやすい解説は、
外国為替を担当した際には、有用なものとなりました。
入門書としては最適です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
本書は、国際経済学の入門書としてはレベルが高い部類に入る。Krugmanのテキストの方が読みやすい。しかし、入門から中級への橋渡し的なテキストという点では優れている。英語も平易で読みやすい。そして、大学院生にとっては数学付録が有益だ。国際貿易理論の一般均衡アプローチがマスターできるからだ。本書を勉強して、Dixit and NormanやBhagwatiのLectures on International tradeを読む素地はできあがる。また、国際マクロ編の方はトピックスが豊富で読者が理解しやすいように工夫されている。学部レベルのマクロ経済学の知識さえあれば通読は容易だろう。ただ、この本だけでは国際マクロの上級に行くことは難しいということも事実。RomerのAdvanced Macroeconomics程度を勉強しておかないとObstfeld&RogoffのFoundations of International macroeconomicsを読むのは難しい。また章末の問題もなかなかタフである。残念ながらSolutions Manualが出ていないので問題の独学は難しいが、確実に基礎力が身につくテキストであることは間違いない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
国際経済における国際貿易理論について展開されている。
必要とされる数学的な知識もいわゆる旧過程(2003年度高校1年から新課程のはず)の数学Ⅱの関数程度で十分だと思う。
なので、数学をしっかりと勉強した人には気持ちよくサクサクと読み進められる本だと思う。
もちろん数学が得意でない方も読む価値はある。
なぜなら、本の帯にもハーバード大学でも使われる世界標準の入門書!!と書かれている通り国際経済学の基本を学ぶ人にとってKrugman/Obstfeldと並ぶ必読書と言っても過言ではないと思うからである。
入門書であるが、個々の章で推薦文献が紹介されており院生が研究をする上でもとても重宝するのではないだろうか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/4/27
形式: 単行本
これまでのテキストの常識を覆す、圧倒的情報量。しかもわかりやすい。
構成の妙は編者によるものと思われるが、訳者の力量も見逃せない。
初心者ももうわかっていると思ってらっしゃる輩も手にとられることをお薦めしたい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック