この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

The World of Richard Dadd (英語) ペーパーバック – 2005/7/31


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック, 2005/7/31
"もう一度試してください。"
¥ 20,555 ¥ 9,204
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【50%-70%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

登録情報

  • ペーパーバック: 88ページ
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0971904014
  • ISBN-13: 978-0971904019
  • 発売日: 2005/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 0.6 x 14.6 x 22.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 1,988,793位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

Amazon.co.jp にはまだカスタマーレビューはありません
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー (beta)

Amazon.com: 5つ星のうち 5.0 1件のカスタマーレビュー
8 人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
5つ星のうち 5.0 The worlds of Richard Dadd and Michael Mott 2006/5/25
投稿者 Kassandra2006 - (Amazon.com)
Richard Dadd is probably best known for two things: his enigmatic and hallucinatory fairy paintings and the fact that he murdered his father.

In 'The World of Richard Dadd', Michael Mott reflects upon Dadd, the artist and the son, but intertwines this with thoughts about his own childhood in north London on the eve of the Second World War; a childhood shared by Thom Gunn to whom the book is dedicated.

The strands of the book are skillfully mingled, partly because they share a similar mood where dreamlike memory distilled by time. Mott evokes a childhood where parents are distant exotic beings, usually viewed through the upstairs banisters, where children climb monkey puzzle trees and dress up in their absent parents' clothes.

This is not to say this is a comfortable book. Mott is painfully honest about the patriarchal society in which he was brought up, and its consequences in the wider world - the shadow of war hangs over the book.

All in all, a thought-provoking collection from an accomplished poet, full of allusive and memorable images.

My one criticism is of the reproductions of Dadd's work inside the book - they are murky and hard to discern.
このレビューはお役に立ちましたか? ご意見はクチコミでお聞かせください。


フィードバック