中古品:
¥ 471
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 Round3JP
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご注文確定の翌営業日にアメリカ合衆国・ジョージア州より発送いたします。全商品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Wired Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.7 61件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:6¥ 2,202より 中古品の出品:9¥ 471より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジェフ・ベック ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2001/3/28)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered, Import
  • レーベル: Epic Records
  • ASIN: B00005AREP
  • JAN: 0696998543928
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  Mini-Disc
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 187,322位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Led Boots
  2. Come Dancing
  3. Goodbye Pork Pie Hat
  4. Head For Backstage Pass
  5. Blue Wind
  6. Sophie
  7. Play With Me
  8. Love Is Green

商品の説明

Amazonレビュー

   ベックとドラムのナラダ・マイケル・ウォルデンとプロデューサーのジョージ・マーティンは、本作で力強いジャズ・ロックへの旅に乗りだし、激しい「Led Boots」や、はじけるR&B「Come Dancing」、素敵な「Blue Wind」(元マハビシュヌ・オーケストラのシンセサイザー奏者ヤン・ハマー作曲)を産み出した。マックス・ミドルトンは「Play with Me」ではファンキーなクラビネットを弾いている。また「Sophie」ではローズ・ピアノを弾き、そのまったく狂いのない音色と人の声のような抑揚で、彩りとリズミカルな切迫感をベックのやけどしそうなギタープレイに与えている。出世作となった『Blow by Blow』の1年後にリリースされた本作は、低調な瞬間もあるものの、全体的には前作よりさらに一歩熱くなっている。なかでも、チャールズ・ミンガス作曲の情感豊かな「Goodbye Pork Pie Hat」はリスナーの髪をなびかせるほどである。(James Rotondi ,Amazon.com)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
Analogue Productions社製(以下AP社)、SACD盤(型式-CAPP 081 SA)のレビューです。

昨年、amazonでもリストアップされ、予約の受け付けがされました。
そのとき、即オーダーをしましたが、その後amazonよりキャンセルされてしまいました。
その後は「欲しいものリスト」に入れ、動向を見守っていましたが、オーダーの受け付けがされないまま、現在に至っています。

amazonの予約受付再開を待っているうち、最初にこのSACDの情報を得たアメリカの業者が、2016年3月10日過ぎに販売を開始したので、やむを得ずそちらでオーダーしました。
と言うのも、この業者は本体の価格は$30.00で販売しているものの、海外へはFedExで発送するため、送料もそれなりにかかってしまうのです。
そのため、オーダーする際は複数枚購入し、一枚あたりの送料込み単価を下げる必要があるのです。
今回の送料は5枚で$30でした(重量で変わるようです)。

閑話休題。このSACDの仕様はハイブリッドで、収録音声はSACD Stereo、CD Stereoの二種類です。
収録曲はオリジナルアルバムと同じ8曲です。
自分は、Mobile Fidelity社(
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
『ブロウ・バイ・ブロウ』で、ジェフ・ベックは“ギターを中心に据えたジャズ・ロック”というあらたな地平を切り開きましたが、翌1976年にリリースされた『ワイアード』では、その世界をさらに一歩押し進めた音を聴かせてくれました。

『ブロウ・バイ・ブロウ』と『ワイアード』のどちらもジャズ・ロックという括りに入る作品ですが、『ブロウ・バイ・ブロウ』はジャズの要素が強く、『ワイアード』はロックの要素が強い作品だと言えるでしょう。さらに言えば『ワイアード』は、ロックはロックでもハード・ロックの色合いが強い作品です。

『ワイアード』がそのような作品になった一番の理由は、もちろんジェフ・ベック自身がそういった音を作りたかったということでしょうが、それ以外では間違いなく“ヤン・ハマーの参加”というものが最も影響しているでしょう。ジェフ・ベックが『ブロウ・バイ・ブロウ』でジャズ・ロックをプレーする以前から、ジャズ方面からジャズ・ロックへアプローチしていたのがマハヴィシュヌ・オーケストラで、ヤン・ハマーはそこでシンセサイザーを弾いていました。

前作まではマックス・ミドルトンがキーボードを担当し、クリアなトーンでジャズらしい端正なプレーを聴かせてくれていたのですが、一転してヤン・ハマーは“バトル”という言葉が相応しい、ギターに挑みかかるような
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DoctorT 投稿日 2016/12/24
形式: CD Amazonで購入
以前2ch SACDが出ると言われ予約していたがAmazonからキャンセルされマルチ版を仕方なく購入した。その後気がついてダメ元でポチった。まだマルチ版は開けてもいない状態での試聴。P-03 i-Link→TA-DR1a→SS-GR1でVolumeは12時弱の位置。もともとWiredは音の万華鏡、唯一無二の存在である。学生の頃から1000回は聴いたであろうこのSACDはいままでととんでもなく違っていた。曲によりRemix されているようだが、こんなに細かい音が入っているなんて驚愕である。音の Textureが全く違う。こうなるとサブシステムにもSACDプレーヤーを買い足そうかという気になってくる。思えばレコードは150回ほど聴くと駄目になるので買い直し、CD(初回・紙ジャケ・Blue spec)を含めると7枚目か。今までの音はなんだったんだろう。サブサブシステムのサラウンドもあるけど音が悪くて聴く気にもならないし、これで上がり。これからの残り少ない人生、次の1000回を楽しむために買って本当に良かった。ケース割れてたけど。願わくばこの音を音楽を愛する人全てが永遠に楽しめますように。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゅう トップ1000レビュアー 投稿日 2016/4/15
形式: CD
私は当初今年2月に唯一Pre Orderを開始していたAmazon_UKに予約注文を入れましたが、発売日を一か月過ぎた4月に入っても販売が開始されなかったため同時に網を張っていたAmazon_USで業者様による販売が行われていたので迷わず注文し本日ようやく入手する事が出来ました。購入価格は送料込み44.95$で最近の円高も追い風となりほぼ適正価格で購入出来たのではないかと思っています。本レビュー投稿時現在の販売状況はAmazon_UKでは安定供給されていますがAmazon_US、Amazon_JPでは販売が開始されておらずまだまだ品薄状態が続いています。音質の方ですが以前から聞いていたBlu-spec CD2盤と比較して音の密度が濃く厚みが増し各楽器がクリアーな音色になっています。そしてこれはBlu-spec CD2盤の時から感じていましたが音の広がり方が素晴らしく2.0chステレオなのにサラウンドを鑑賞している様な感覚に陥りました。最後になりますが本作品にはQuad音源が存在し4.0chのブートレッグ盤も販売されている(多少高価ですが。)のにどうしてマルチch盤でリリースされないのでしょうか?本作品と双璧を成すアルバム『Blow By Blow』はもう何回も形を変えたSACDマルチch盤がリリースされていると言うのに.........不思議です?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー