この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

WindowsPowerShell実践スクリプティング 単行本 – 2007/8/8

5つ星のうち 1.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 583

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

著者からのコメント

 本書は、プログラミング作業に直接従事することのない、次のようなITプロフェッショナルを想定しています。

・システム管理者
・部門マネージャ
・データベースに興味のある方
・Windowsプログラミングに興味のある方

 PowerShell は、次のような特徴を持っています。

・コマンド名をいちいち暗記する必要はない。
・目的のコマンドは自由に"検索"できる。
・CSVファイル形式の外部情報をインポートし、分析できる。
・分析結果をCSV/HTML/TXTファイルとしてエクスポートできる。
・各種オブジェクト(COM/.NET/WMI)をプログラミングできる。

内容(「BOOK」データベースより)

設計思想から入るWindowsシステム管理。


登録情報

  • 単行本: 263ページ
  • 出版社: 秀和システム (2007/8/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798017272
  • ISBN-13: 978-4798017273
  • 発売日: 2007/8/8
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,020,027位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 1.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 unitm 投稿日 2008/11/25
形式: 単行本
著者は、かなりの技術の教養をお持ちなのだと感じました。
大学の授業を聞いているような、印象を受けました。
著者は、オブジェクト指向や各種技術に強い信念をお持ちで、
それを繰り返し繰り返し主張されています。(重複が多いです。)

多分、PowerShellを知りつくして、自分の知識の中の体系に落とし込めて、
『哲学』的な思索を好む方に、この書籍は向いていると思います。

それ以外の方、普通に『PowerShellを勉強したい』方には向いていないと思います。
現場で、仕事として向き合う方には、向いていない書籍だと感じました。
アカデミックな方には向いているのかもしれません。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
非常にアカデミックな内容で、非常に面白かった。
ただ、まったくの初心者である僕が最初に読む本としてはハードルが高かった。

本の中に、「文法について説明はしない。なぜならmicrosoftのページに解説が載ってるからだ」との文章が載っているのがすでにこの本の方向性を示していると思う。
僕は文法などについて簡単に説明してあるものを望んでいたためちょっとあわなかった。(文法がわからないと途中でちんぷんかんぷんになる)
けど、別の本などを使って文法を覚えてからまた読みたいとは思った。より深く知るためにはいいんじゃないかと思ったからだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
PowerShellはMSがかなり気合を入れて作っている新世代のコマンドインタプリタである。内容はそれこそ本を見て欲しいが、時間をかけて学習する価値のあるモノだし、読みごたえのある解説本が出版されたのは素晴らしいことである。

だが、本書は極端に読者を選ぶ。

有体に言って、フツーの人は買うべきじゃない。
押し付けがましく、偏見に満ちた自己主張文が本文のそこかしこにちりばめられている。「著者の戯れ言なぞ鼻でせせら笑ってやるわい」といった向きでなければ、読み進めるのは辛いだろう。

だが、無価値な本ではない。PowerShellがどうしてこんな構造になっているのか?何を狙っているのか?といった肝の部分をかなり丁寧にストロングスタイル((c)祝一平(古っ))で解説してくれている。
また、PowerShell自身が.netに根ざしているため、そういった関連技術についても積極的に解説してくれているのも有難い。

明らかに中級者以上にターゲットを絞っているし、着眼点は良いのである。それだけに最初に書いたようなつまらない記述で評価を落としているのはモッタイナイことだ。
また、秀和システムほどの出版社がこのような著者の暴走を抑えられなくてどうする?という編集に対する不満も強く感じる。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ハッとさせる内容も無いわけではない。
しかし、「著者の癖」というものが、これほど気になる技術書も珍しい程であった。

「何故 PowerShellを作ったのか」を語ろうとしているが、それを理解するには、
実際の開発チームリーダが書いた「Windows PowerShell イン アクション」の方が遥かにお奨め。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック