¥1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
Winart (ワイナート)2019年7月号 95... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

Winart (ワイナート)2019年7月号 95号 雑誌 – 2019/6/5

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌, 2019/6/5
¥ 1,944
¥ 1,944
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大500円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大500円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大500円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


ブックマイレージカード
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大500円OFFに。詳しくはこちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • Winart (ワイナート)2019年7月号 95号
  • +
  • ワイン王国 2019年 07 月号 No.111
  • +
  • リアルワインガイド 2019年 07 月号 [雑誌]
総額: ¥5,415
ポイントの合計: 54pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

【特集1】
白? ロゼ? 赤?
いえいえ、第4の新ジャンル
オレンジワイン

2004年。
いわゆる自然派と称される生産者たちが集まったとあるイベントでのこと。
何人かのイタリア人が造ったという
ブドウの果皮を漬け込み発酵させた「白ワインらしきもの」を見たイギリスのワイン商は、
ある言葉を発したという。
「オレンジワイン」。
その言葉はいまや、世界共通言語となりつつある。
その得体のしれないワインを、この特集で解き明かしていきたい。

いつ、どこで、誰が?見識あるプロ3人がオレンジワインを紐解く

Part1
世界のトレンドに躍り出た理由 オレンジワインの軌跡

Part2
方向性を決定づける構成要素 オレンジワインの多彩なスタイルを探る

Part3
無限に広がるペアリングの可能性
4人のソムリエが語る "いまオレンジワインを選ぶ理由"

ジョージア産オレンジの高い汎用性を検証
料理ありきで発想するイタリアンの方程式
家庭料理こそ同調させたいオレンジワイン
食材のるつぼのエスニックは包容力が鍵

Part4
オレンジワインリスト 2019

Column1
オレンジワインはどれで飲む? グラスとの相性検証

Column2
抜栓後の時間経過とともに現れる オレンジワインのさらなる魅力

Column3
日本のバックヴィンテージで検証 オレンジワインの熟成力


最新イタリアワイン事情がまるわかり
ヴィニタリー2019

新時代の幕が開いた! ソムリエコンクールレポート
27歳の青年が世界一になった瞬間

モエ アンペリアル誕生から150年
皇帝ナポレオンが愛した 人生に欠くべからざるもの

マダム・クリコの精神を写し出す
ピノ・ノワールのエレガンス

ピュアな風味を追求する
最古のメゾンのモダンなる精神

【イベントレポート】
シャンパーニュ 6メゾンの個性を楽しむ

南アフリカワイン試飲会

【巻頭グラビア】
今号のワイン:
ラッド シャルドネ・ツヴァイゲルト・メルロー 2018
ラッド トウリガ・マルベック 2018
今号の人:マルク・アルメルト
今号のレストラン:brusta
今号のグッズ:播州織ストール

【カラー連載】
島のワイン里のワイン
第4回 東京

日本酒醸し人、サムライ ブルゴーニュでワインに挑む
第13回 今秋、ついに解禁!? クヘイジワイン

Sake...Here and There, 日本酒にあそぶ
第21回 醸し人九平次 純米大吟醸 彼の岸 2018
今月の友人:諏訪部順一

パンとワインの美味しい関係
第33回 パクシマディ

【モノクロ連載】
造り手を変えた1本
第37回 サブル 白 2016 カーブドッチ・ワイナリー
澤内昭宏(澤内醸造)

飲み手と造り手のためのワイン法講座
第9回 100周年を迎えたフランスの原産地呼称制度

ワインラバーのためのWINE CULTURE REVIEW
書籍『ボルドーでワインを造ってわかったこと ー日本ワインの戦略のために』
映画『家族にサルーテ! イスキア島は大騒動』

【レポート】
常識を覆す白ワイン産地、ルガーナ

大自然とクラフツマンシップに育まれたスイスワイン

スイスワインプロモーション主催 〜アルプスの秘宝〜スイスワインセミナー

Food is GREAT 進化する英国を飲む! 食べる!

レストラン サンパウで学ぶ ルエダワインと料理のペアリング

ローヌ地方のサケ、輸入開始! 急増するワインカントリーの酒蔵

【ワインガイド】
南フランスのロゼワイン 50本テイスティング
生産者インタビュー
セミナー&試飲会テイスティング

ほか

出版社からのコメント

ワインにおける色によるジャンル分けと言えば、白、ロゼ、赤というのが一般的。いま、これに続く第4のジャンルとも言うべき、新ジャンルが世界的なブームを巻き起こしています。それこそが、オレンジワイン。

果実のオレンジから造られたワインではなく、そう呼ばれるワインの多くはオレンジかがった色味をしており、その見た目の特徴からインスタグラムもその人気にひと役買っていたりします。では、オレンジがかった色味のワインは皆オレンジワインなのか、そもそもオレンジワインって一体なに?

日本でもじわじわと人気の高まりを見せるオレンジワインについて、歴史、定義、タイプといったオレンジワインを理解する上での基本事項をはじめ、合わせる料理、日本で入手可能なオレンジワインのカタログ、また飲み方指南まで、オレンジワインってなに? という疑問にお答えすべく、総力特集にてお届けします!


登録情報

  • 雑誌: 179ページ
  • 出版社: 美術出版社 (2019/6/5)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07QVNLP6Q
  • 発売日: 2019/6/5
  • 商品パッケージの寸法: 29.7 x 21 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2019年7月18日
Amazonで購入