Who's Afraid of the Art o... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Who's Afraid of the Art of Noise CD, PAL, Original recording remastered, Import

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,459 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り4点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、フルフィルメント エクスプレスが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:17¥ 878より 中古品の出品:5¥ 754より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の アート・オブ・ノイズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Who's Afraid of the Art of Noise
  • +
  • INFLUENCE
総額: ¥3,121
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2011/9/19)
  • ディスク枚数: 2
  • フォーマット: CD, PAL, Original recording remastered, Import
  • レーベル: Salvo
  • ASIN: B005DQ3B7K
  • EAN: 0698458992222
  • 他のエディション: CD  |  カセット
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 161,592位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
フェアライトCMIとはこのアルバム製作に使われた、1台1200万のサンプラーです。
ZTT時代(ゲーリー・ランガン在籍時)のライブでは、ファライトは3台使用してます。
86年のライブでは2台だけのような‥。(見落としてるだけかも)
つまり一人一台ずつ購入したのでしょうか。何にしても金かけてるグループです。
今聴くと、当時のサンプラーの音質の悪さやピッチの変化で音が変わるのが新鮮ですね。
私としては、ZTTを離れて出されたアルバム「In Visible Silence」より
このアルバム発売前に出されたミニアルバム「Into Battle」と
「Who's Afraid Of?〜」の方がいかにも実験的な感じで好きですね。
黎明期のアート・オブ・ノイズを堪能できます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
言わずと知れたAONの大傑作のリマスター及びボーナストラック収録、そしておまけDVD付きバージョン。

やはり『Who's Afraid of 〜』は完成度の高い作品だと思う。
たしかに彼らの出現後、サンプリング音楽は巷に反乱したが、今聴いてもそのオリジナリティーは少しも古くさく感じられない。
人工美の究極という感じさえする。
「Moments in Love」はやはり素晴らしい。最近はCMで同曲を早回ししたような「Robinson Crusoe」もオンエアされており、懐かしく思った。
ボーナストラックにはBBCでのライブが収められており、「ラジオスターの悲劇」も聴ける(ちょっとだけど)。
DVDも内容が濃く、PALなのに何故か日本語字幕がついていて楽しめる。
それでこの値段だったらおススメでしょう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
11年発表。アート・オブ・ノイズのデビュー・アルバム(84年発表)の2011年のリイシュー盤。アルバム全曲に加えて19曲のボーナス・トラック、そしてDVDを加えた2枚組という大盤振る舞いで、そのボーナス・トラックが、Live音源というのだから既に本作を持っている人でも入手せざるを得ないと思う。CDのライヴ音源は84年のBBC、そして85年のラジオ1出演時のものとなっており、まさに彼らがデビューした当初のもの。これは本当に貴重である。彼らのユーモアの現れなのか、「ビート・ボックス」のエンディングにはバグルスの「ラジオ・スターの悲劇」が加えられるなど嬉しい一幕もあり。もっともサンプリング音源を中心にしたグループということもあって何やらライヴ・バージョンと言うよりも別バージョンといった趣の方が強い気もする。またラジオでのトークと思われる部分も一部収録されている。DVDの方は全14曲の収録の映像作品となっており、一応は国内のプレイヤーでは見られないようだが、パソコンなら可能。・・・にも関わらずなぜか日本語の字幕がある。アルバム本体の曲はリマスターされており、より輪郭のハッキリとしたシャキっとした音に生まれ変わっている。微妙にミックスも異なって聞こえるのは音質が良くなったせいだろうか?(一部の曲は微妙にテイクも違う気がする)何はともあれAONの決定版あることは間違いないだろう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/10/24
形式: CD
このアルバムが発売されてもう20年近くなりますが、未だに発見があるすごいアルバムだと感じます。初めて聴いた時はなんかサンプリングの嵐だな、うるさいなと思いましたが、今発表されても全然謙遜無いサウンドだと思います。ですので当時は音楽の実験という感じでしたが、聴いていく内に「すげえ!」と思う事しきりで、今でも愛聴盤です。この作品で一時CMとかにも使われてくさってしまったオーケストラヒットですが、この作品ではやたら出てきますが、当時は「これが元なんだ」と感動しながら聴いていた思い出があります。ただ、レコードでオーケストラヒットを初めて使ったのはバグルス(トレバー・ホーンとジェフ・ダウンズのユニット、「ラジオスターの悲劇」が大ヒットしましたね)の2ndアルバムでした。この「モダンレコーディングの冒険」もお勧めです。1作目より完成度が近いです。
ちなみにThe Art Of Noiseのこのアルバムのプロデューサーはトレバー・ホーンです。是非聴いて、驚いて下さい。約20年前にこんなすごいアルバムがあったのかって。2作目に関しては皆さん書いておられますが、Mr.マリックのテーマソングにいつのまにかなってた「Legs」が収録されています。その「Invisible Silence」もいいですよ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック