この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Whoever Makes the Most Mistakes Wins (英語) ハードカバー – 2002/6/10


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
ハードカバー
¥ 3,946 ¥ 2,462
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

Success in today's business economy demands nonstop innovation. But fancy buzzwords, facile lip service, and simplistic formulas are not the answer. Only an entirely new mindset -- a new attitude toward success and failure -- can transform managers' thinking, according to Richard Farson, author of the bestseller Management of the Absurd, and Ralph Keyes, author of the pathbreaking Chancing It: Why We Take Risks, in this provocative new work.

According to Farson and Keyes, the key to this new attitude lies in taking risks. In a rapidly changing economy, managers will confront at least as much failure as success. Does that mean they'll have failed? Only by their grandfathers' definition of failure. Both success and failure are steps toward achievement, say the authors. After all, Coca-Cola's renaissance grew directly out of its New Coke debacle, and severe financial distress forced IBM to completely reinvent itself.

Wise leaders accept their setbacks as necessary footsteps on the path toward success. They also know that the best way to fall behind in a shifting economy is to rely on what's worked in the past -- as when once-innovative companies like Xerox and Polaroid relied too heavily on formulas that had grown obsolete. By contrast, companies such as GE and 3M have remained vibrant by encouraging innovators, even when they suffered setbacks. In their stunning new book, Farson and Keyes call this enlightened approach "productive mistake-making." Rather than reward success and penalize failure, they propose that managers focus on what can be learned from both. Paradoxically, the authors argue, the less we chase success and flee from failure, the more likely we are to genuinely succeed.

Best of all, they have written a little jewel of a book, packed with fresh insights, blessedly brief, and to the point.




登録情報

  • ハードカバー: 144ページ
  • 出版社: Free Press (2002/6/10)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0743225929
  • ISBN-13: 978-0743225922
  • 発売日: 2002/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 1.5 x 19.9 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 616,606位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう

Amazon.com で最も参考になったカスタマーレビュー

Amazon.com: 5つ星のうち4.5 17 件のカスタマーレビュー
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0A Must Read
2003年3月4日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
5つ星のうち5.0Great book.
2013年4月25日 - (Amazon.com)
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち5.0The Limits of the Concepts of Success and Failure
2007年2月26日 - (Amazon.com)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています.
5つ星のうち4.0Philosophical and inspirational! Quite zen!
2006年10月23日 - (Amazon.com)
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。グッドスマイルカンパニー ねんどろいど