この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Whatever People Say I Am Thats What I Am Not Import

5つ星のうち 4.4 88件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,829 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:14¥ 1,158より 中古品の出品:8¥ 369より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の アークティック・モンキーズ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Whatever People Say I Am Thats What I Am Not
  • +
  • フェイヴァリット・ワースト・ナイトメアー
  • +
  • ハムバグ
総額: ¥4,567
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2006/2/21)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Domino
  • ASIN: B000E1155E
  • JAN: 0801390008627
  • 他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 88件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 5,882位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
3:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
2:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
2:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
4
30
2:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
2:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
2:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
7
30
2:14
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
8
30
2:23
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
9
30
2:55
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
10
30
4:28
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
11
30
3:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
12
30
3:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
13
30
5:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

内容紹介

Musically, there are bits of The Stone Roses, "What's The Story Morning Glory", and "Nevermind". As catchy as those reference points are, it's the songwriting that has won the band a fiercely dedicated following; a mix of the observational storytelling of Davies and Weller crossed with the harsher documentary eye of Mike Skinner of The Streets and "Ghost Town" era Specials. Two #1 UK singles. Press already lined up with Rolling Stone, Spin, Entertainment Weekly, and Interview, to name a few. Three more US/Canadian tours planned for this year, including headlining Domino's label showcase at SXSW.

Amazonレビュー

音楽的には、ストーン・ローゼズ、そしてオアシス『What's The Story Morning Glory(邦題『モーニング・グローリー』)』、ニルヴァーナ『Nevermind』を合わせた感じだ。ここに挙げた名前からわかるようにキャッチーな音で、このバンドが熱狂的な支持を受けたのはソングライティングの功績だ。デイヴィスやウェラーの観察眼の鋭いストーリーテリングとストリーツのマイク・スキナーや「Ghost Town」時代のスペシャルズのより険しいドキュメンタリー的な視線がミックスされている。UKナンバーワン・シングルを2曲収録。ローリング・ストーンズ誌、スピン誌、エンターテインメント・ウィークリー誌、インタビュー誌、その他たくさんの雑誌ですでに取りあげられている。今年はアメリカとカナダで、SXSWでのドミノ・レーベルのショーケース・ツアーを含めさらに3つのツアーが計画されている。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
かなりクールなギターロックを鳴らしている。

本国UKではオアシス以来の労働者階級出身の大型新人として騒がれている。

労働者階級出身のバンドでオアシスに次ぐと期待されていたリバティーンズが解散した以上、彼らにかかる期待は相当なのだろう。
しかし、ちょっと騒ぎすぎではないだろうか。
弱冠20歳前後の彼らだけに、周囲の過度な期待によってつぶれてしまうのではないかと心配だ。

次回作が、そんな心配は杞憂だったと思わせることを期待して、このCDを聴いている今日この頃。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
なんでそういう事をしてたかと言うと、こういうのは聴いたことがない、やっていることがものすごい個性の固まりといっていいほど。が、歌はそこそこでかっこいいという域ではない。と書いてレビューしたのですが、「このアルバム個性すげーからチョコチョコ聴いてればかっこよさがわかるんじゃね?」と思いで一度レビューを消しました。

でチョコチョコ聴いてると予感が当たりかなりかっこよく聴けるようになったのですが、しかし心にかなりまだ引っ掛かるものがある、まだ聴けばこれはすごくかっこよく感じる事ができる!!と思ってもう一度レビューを消しました。そしてついにすごくかっこよく感じたので再々レビューします。そしてこのアルバムはサイコーです!!

最初にも言いましたが、本当にやってることが個性的。いや、独創的。細かく言うと、バックに流れてる演奏の曲や音色が本当に今まで聴いたことないもので、肝心な歌もメロディーが聴いたことがない感じのもの。勿論サビなどちゃんとあるけど本当に独創的。

そして、このバンド「ガレージ」といわれてるんですが、聴いたらわかるとおり「ガレージ」というカテゴリーには絶対に入ってませんよね。
演奏の曲や音色そして「ガレージ」特有の音質などからこのバンドはガレージの枠から外れてますよ。

かといって、ミクス
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
3年経って聞き返してみると、やっぱりいまだ訴求力はある作品だと思う。

過去の偉大な先輩たちの焼き直しだろ、なんて言ってる人間もいるが、さすがにどう聞いてもそうは聞こえない。安易すぎる。
彼らが定義した音楽性とは、ヒップホップ的な散弾のようなリリックを、いわゆるジャム的なガレージロックに乗せるというもので、それはウェラーやタウンゼントといった老い先短いレジェンド達の音楽性とは全く違う。

このスタイルでやっていくにはメロのポップセンスに加えて、作るリフの面白さ、そして歌詞を書く力量も必要。リバティーンズと違ってアークティックに有力な直結した後継が出なかったのは、アレックスはやっぱり稀有な才能を持っていたからに他ならない。音楽いっぱい聞いてるし、かなり頭がいい人間だと思う。

捨て曲が一切ない楽しいアルバムだが、やはりシングルカットとマーディ・バムだけは抜きんでている。
安易にヴァースコーラスな曲は少ないのに、全体としてキッズに十分分かるぐらいキャッチーなのが凄い。

3rdはそろそろ出るそうだが、不安なのはもう彼らは明るい作品を作らないんじゃないかなぁということ。
2ndがサバスやストライプスを振りかけた感じでヘヴィだった。3rdもややメロっぽくもその延長のようなので、もし
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ストロークスの1stを最後にここ4,5年ロック聴いてなかったんですが、最近自分内で再びロック熱が高まってきまして、とりあえずやたら騒がれてるんで聴いてみました。

自分的にはかなり好きだし、素晴らしいアルバムだと思います。
でも何故そんなに売れてるのかかなり不思議。
というのは、けっこう曲展開が複雑だし、オアシスみたいな王道で万人受けするメロディがあるわけでもないから。
下のほうでも書いてる人いますけど、メロディ(歌)を求める人にとっては雑音にしか聞こえない音楽だと思いますね。(数曲除いて)

このバンドの良さってやっぱリズムと曲展開の複雑さでしょう。リズムとはいってもローゼスみたいなハウスとかファンク通った踊れるリズムではないし、とにかくゴチャゴチャした感じで何と表現したらいいのか判らないけれど、とにかく既存の概念にとらわれてない自由さを感じます。(5曲目の中盤あたりが最高!)

そういった点ではかなり個性的で今まで無かった音だなーと思います。だから好き嫌い分かれると思うし、そんなに売れる音楽とは思えないんですけどねー。個人的にはオアシス1stやクーラシェイカー1stの時より全然衝撃受けてます。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー