¥ 1,307
  • 参考価格: ¥ 1,352
  • OFF: ¥ 45 (3%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
What I Talk About When I ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

What I Talk About When I Talk About Running (英語) ペーパーバック – 2009/4/2

5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー

その他(14)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 4,731 ¥ 1
ペーパーバック, 2009/4/2
¥ 1,307
¥ 823 ¥ 381
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 599 ¥ 370
CD, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 2,350 ¥ 5,179
カセット, Audiobook
"もう一度試してください。"
¥ 6,477

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • What I Talk About When I Talk About Running
  • +
  • 走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
総額: ¥1,869
ポイントの合計: 18pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【50%-70%OFF】洋書のお買い得本
対象の書籍が大幅に割引中。オールジャンルでお買い得な本が勢揃い。 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

In 1982, having sold his jazz bar to devote himself to writing, Murakami began running to keep fit. A year later, he'd completed a solo course from Athens to Marathon, and now, after dozens of such races, he reflects upon the influence the sport has had on his life and on his writing.

Equal parts travelogue, training log, and reminiscence, this revealing memoir covers his four-month preparation for the 2005 New York City Marathon and settings ranging from Tokyo's Jingu Gaien gardens, where he once shared the course with an Olympian, to the Charles River in Boston.

By turns funny and sobering, playful and philosophical, this is a must-read for fans of this masterful yet private writer as well as for the exploding population of athletes who find similar satisfaction in distance running.

レビュー

"Murakami gives me a reason. It might seem romantic, but it's true. I had to run…but I didn't enjoy running. I do enjoy, however, running with Murakami." (Ioan Marc Jones Huffington Post UK)

"Murakami distils his own process of writing fiction in this layered and meditative memoir." (Big Issue)

"A wonderful exploration of work, place and life’s meanders." (Geographical)

"Hugely enjoyable... You don't have to have run a marathon to be captivated" (Sunday Telegraph)

"Comical, charming and philosophical...an excellent memoir" (GQ)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 192ページ
  • 出版社: Vintage (2009/4/2)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 0099526158
  • ISBN-13: 978-0099526155
  • 発売日: 2009/4/2
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 12.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 洋書 - 62,777位 (洋書の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
生き物は基本的には苦しみを避けるもの、と評者は理解している。
ところが人間だけ(?)は不思議なもので、自ら苦しみを選んでそれを乗り越えることで自分の他の部分もコントロールしようとする人々がいる。著者はその代表であろう。

本書の原本『走ることについて語るときに僕の語ること(書評済)』を読んだとき、前書きに、”Pain is ienvitable. Suffering is optional.”というあるランナーのマントラを紹介して、これらの区別が大切だというニュアンスだった。ところがpainとsufferingの区別が途中からよくわからなくなったので、英文ならもっとクリアに区別していると思い本書を求めた。これは結局同じだったが。

それでも本書は、まるで最初から英語で書かれたような滑らかな表現で堪能することができた。原本にはカラー写真多数があるが、本書では巻末にモノクロ写真が1枚だけある。

評者は普通の(?)生き物なので、自ら苦しみを求めたりせず、スポーツ全般に無関心であった。それが不思議なことに、今では毎日2000mほど泳いでいる。苦しみは全くない。克己ではないが、身体を動かすのがものぐさいという子どもの頃からの問題が最近薄れているような感じがある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
Murakami has written a book describing his many experiences running all over the world, the people he has met along the way, and the impact they've had on him. A must-read for runners.
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
まず驚いたのは、村上春樹がこんなにも「健康な」人だったということ。本著にもあるように、私(や、おそらく彼の読者の大部分)は、どうも「小説家」というと、ヤニだらけの部屋で真夜中に机に向かってカリカリやっている、無精ひげをはやした頬のこけた「いかにも不健康そう」な人を想像してしまうのだけれど、この本を読む限り、彼はその対極にいそうなヒト。

そういえば、村上春樹を初めて「見た」時も、自分の中で勝手に作り上げていたムラカミ像と、現実(ホンモノ)とのギャップに、かなり驚いたものだった。私の中では彼は「チョイ悪オヤジ」みたいなイメージがあって、ひょろっとした細身の長身で、影のある感じの人、もしくは、髪の毛もしゃもしゃ、服はよれよれだけどどこかカッコいい……みたいな。で、現実の彼はというと、どこにでも居そうな「フツーのおじさん」。あまりに普通すぎて、なんだか気の毒なほど(失礼!)。

まぁ、容姿の話はどうでもいいのだけれど、「不健康なイメージをもたれている小説家が健康でなくてはならない理由」なんてのも、この本には丁寧に説明されていて、なるほどな、と思ってしまった。

本著はmemoirとサブタイトルがついていて、走ることについて書くこと(語ること)を通して少し村上春樹がどんな人間かをわかってもらおう、的なテーマがあるみたい。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック
よその国の小説はやたらと人が多く出てくるので、途中で何がなにやらわからなくなるのですが、
この英訳本はモノローグですので、登場人物で頭を悩ませることはないです。
村上春樹のエッセンスを殺さず、うまく翻訳しているので、すっと読めると思います。
お薦めの一冊。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
Murakamiのエッセイを読むのは初めてだったが、思いのほかよかった。

走ってきたこと、走ること、小説家が走ること・・・

走ることと小説を書くことのかかわりや、走ってきたこととともに垣間見させる村上氏の歴史や生態が、英語の勉強がてらにいくつかの長編を読んでるだけで特に村上氏のファンではない僕にとっても面白かった。英語では話す仕事をするが、日本語ではやらない理由なども書かれていた。

ただ、実際の走りに関しては、語る割には、はやくないようだ。完「走」を是とすることと表裏一体で、それが彼のスタイルなのかもしれないが。

英訳はPhilip Gabriel氏。とても読みやすい。小冊なのでマスマーケット版でも開きにくくなく、活字も読みやすい。表紙には、上半身裸で走る村上氏の前景がデザインされている。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー