¥8,380
ポイント: 84pt  (1%)  詳細はこちら
最も早いお届け日: 本日
2 時間 18 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
Western Digital SSD 500GB... がカートに入りました

Western Digital SSD 500GB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS500G2B0C-EC 【国内正規代理店品】

5つ星のうち4.6 1,483個の評価
Amazon's Choiceは、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品をおすすめします。
Amazon's Choice nvme

価格: ¥8,380
ポイント: 84pt  (1%)  詳細はこちら
2)500GB
M.2 2280 NVMe
単品

購入を強化する

ブランド WESTERNDIGITAL
フォームファクタ M.2 2280
デジタルストレージ容量 500 GB
ハードウェアインターフェイス PCI Express 3.0
読み取り速度 2400 Megabytes Per Second

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 【特長】WD Blue SN550 NVMeは最高レベルのSATA SSDの4倍以上の速度を実現
  • 【特長】低消費電力でハイパフォーマンス
  • 【特徴】ハードウェア、ファームウェア、検証テストに数千時間を費やし品質と信頼性を強化
  • 【容量】500GB
  • 【インターフェース】M.2 PCIe Gen3 8Gb/s、最大4レーン
  • 【フォームファクター】M.2 2280
  • 【読み取り】シーケンシャル最大 2,400MB/秒、ランダム最大4KB IOPS 300K
表示件数を増やす
ポイントアップキャンペーン

ファッションタイムセール祭り開催中 4/12(月)23:59まで
期間限定で人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 今すぐチェック

よく一緒に購入されている商品

  • Western Digital SSD 500GB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS500G2B0C-EC 【国内正規代理店品】
  • +
  • 【新パッケージ】Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用/パッケージ版
  • +
  • サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II
総額: ¥29,732
ポイントの合計: 259pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

容量:2)500GB  |  スタイル:M.2 2280 NVMe  |  パターン:単品

詳細情報

登録情報

商品の説明

容量:2)500GB  |  スタイル:M.2 2280 NVMe  |  パターン:単品

容量: 500GB | スタイル名: M.2-2280


メーカーより

left center right
WD Blue SN550 NVMe SSD WD Black SN750 NVMe SSD WD Black SN750 NVMe SSD     (ヒートシンク搭載)
容量 250GB, 500GB, 1TB, 2TB 250GB, 500GB, 1TB, 2TB 250GB, 500GB, 1TB, 2TB
インターフェース PCIe Gen3 x2 PCIe Gen3 x4 PCIe Gen3 x4
フォームファクター M.2 2280 M.2 2280 M.2 2280
シーケンシャル読み取り最大(MB/秒) 2,600MB/s 3,470MB/s 3,470MB/s
シーケンシャル書き込み最大(MB/秒) 1,950MB/s 3,000MB/s 3,000MB/s
耐久性(最大) 900 TBW 600TBW 600TBW

類似商品と比較する


Western Digital SSD 500GB WD Blue SN550 PC M.2-2280 NVMe WDS500G2B0C-EC 【国内正規代理店品】
Crucial SSD P2シリーズ 500GB M.2 NVMe接続 正規代理店保証品 CT500P2SSD8JP 5年保証
Western Digital WD Black 内蔵SSD M.2-2280 SN750 ゲームPC カスタムPC 500GB NVMe 5年保証 WDS500G3X0C-EC【国内正規代理店品】
SanDisk Ultra M.2 NVMe 3D 内蔵SSD 500GB / SDSSDH3N-500G-G25 / 転送速度 最大 2400MB/秒
XPG SSD M.2 512GB SX8100 シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe 3D NAND DRAMバッファ 5年保証 ASX8100NP-512GT-C
シリコンパワー SSD 512GB 3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 P34A60シリーズ 5年保証 SP512GBP34A60M28
カスタマー評価 5つ星のうち4.6 (1483) 5つ星のうち4.5 (6409) 5つ星のうち4.7 (248) 5つ星のうち4.6 (19100) 5つ星のうち4.4 (339) 5つ星のうち4.4 (236)
価格 ¥8,380 ¥7,973 ¥9,999 ¥8,061 ¥7,051 ¥7,580
出荷 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
販売者 Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp Amazon.co.jp
対応アイテム ノートパソコン デスクトップパソコン ノートパソコン 情報が提供されていません デスクトップパソコン デスクトップパソコン
HDD容量(GB) 500 GB 情報が提供されていません 500 GB 情報が提供されていません 情報が提供されていません 512 GB
パッケージ寸法 12.8 x 10.3 x 2.8 cm 13 x 10 x 1.6 cm 14 x 10.2 x 2.2 cm 13.6 x 9.8 x 2.6 cm 12.6 x 10.4 x 2 cm 14.4 x 8.6 x 1.6 cm
パッケージの重さ 30.00 グラム 40.00 グラム 70.00 グラム 60.00 グラム 20.00 グラム 20.00 グラム
最大メモリ容量(GB) 500 GB 情報が提供されていません 500 GB 500 GB 512 GB 512 GB
サイズ 2)500GB 500GB 500GB 2)500GB 512GB 512GB

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
1,483 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年1月18日に日本でレビュー済み
容量: 2)500GBスタイル: M.2 2280 NVMeパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 「SN550」はSN500の後継モデルだが書き込み性能はやや低下
ユーザー名: 密林在住ミレシアン、日付: 2020年1月18日
「SN550」は旧モデル「SN500」の後継モデルです。接続インターフェイスがPCIe 3.0 x2 → PCIe 3.0 x4へ強化されて、NANDフラッシュは64層から96層になってます。

【SN550のコンポーネントを紹介】

コントローラーは?
・Western Digitalだけど、製造はWD傘下のSanDiskです

NANDフラッシュは?
・SanDisk製96層3D TLC NANDですが、実態は東芝メモリ(現キオクシア)製だと考えてください

DRAMキャッシュは?
・コストカットの都合上、DRAMキャッシュはないです。でも性能上のデメリットは確認できていません。

【素の性能はSN500より低下】

3次元NANDフラッシュは積層数が多いほど性能が良くなるんですが、96層NANDを採用したSN550では逆に下がってます。SLCキャッシュ内ではスペック通りの素晴らしいスピードなのに、キャッシュが切れた後は450 MB/s前後に低下です。SN500はキャッシュが切れた後も800 MB/s前後を維持していたので、NVMe SSDらしい高速性能に期待するならSN550ではなくSN500の方がいいです。

ただ、これでも同じ価格帯のSATA SSDよりはまだまだ高性能です。同じ値段だし、せっかくならNVMe SSDを買っちゃおうかな?と思うなら、普通にWD Blue SN550は悪くないSSDです。旧モデルのSN500が同じ値段で売ってたらそっち買いますけど、今の値段ならSN550で良いでしょう。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
157人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年8月18日に日本でレビュー済み
容量: 2)500GBスタイル: M.2-2280 SATAパターン: 単品Amazonで購入
93人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年7月20日に日本でレビュー済み
容量: 3)1TBスタイル: M.2-2280 SATAパターン: 単品Amazonで購入
83人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月16日に日本でレビュー済み
容量: 3)1TBスタイル: M.2 2280 NVMeパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 SN550 1TB 製品は推薦だがソフトは?
ユーザー名: Amazon カスタマー、日付: 2020年1月16日
WD Blue SN550 NVMe SSD 1TB
新製品のNVMe SSD 1TBが1万円+αで利用できるようになった、ということで早速データストレ-ジ用のHDDを交換してみました。フォーマットした直後で何も入っていないところで、CrystalDiskMarkをかけてみた。WDの公称値は、Sequential Read/Write がそれぞれ 2,400MB/sと1,950MB/sであり、 Random Read/Write 4KB IOPSはそれぞれ 410K/405K となっているが、いずれの値も公称値を十分に上回っており納得のいくものだった。Win10のコピペでHDDから250GBの写真ファイルを転送すると、速度100MB/s前後で20分掛かった。この数値はHDDのRead値がそのまま表れており、Read値の大きなSATAのSSDなどから転送すれば、4-500MB/s以上は期待できそうだ。Win10用のシステムディスクはすでにWDのSN750である為、これで書き込みスピードの整合性がとれるようになりました。また、当然この1TBのSN550はシステムディスクとしても申し分ないもので、その場合は低消費電力、低発熱のシステムとなりそうです。マザーボード付属のヒートシンクを使用しましたが、室温25度でアイドル時27度、CrystalDiskMarkを回した程度では、31度でした。オーバークロックやゲームをやらないのでまったく問題はありません。このSSDは価格を考えるとまさに推薦できるものです。
ちなみに、WDでは、SSD用のツールとして WD SSD Dashboardというソフトが利用できますが、私の環境(GigabyteZ390 AorusMaster, i9-9900K, 32GB RAM, Win10 Pro 1909) では、なにをどう工夫してもインストールできません。SanDiskも試しましたが当然ダメでした。ネットをあさると特に海外では、長期に渡り解決策が出ていないため不満タラタラの書き込みが多く見受けられます。このソフトは Firmwareのアップデートには必須ですが、SSDの動作には無くても何も問題ありませんので、2.5.0、2.5.1と入らず現在のVer.2.6.0ですがこれもダメですので、使用する場合はもっと遥かに後のヴァージョンで安定してからのほうが良いと思われます。せっかく良い製品なのにソフトが足をひっぱり星4つですが、長期に渡り放置しているマネージメントの悪さに、最終的に星3つです。

WD SSD Dashboard 後日談
その後WDのForumSiteを注視していたが治ったという書き込みは見受けられずもうしばらく放っておくこととした。自己検証では、以下の点が怪しいと思われた。
1.他の2台のWin10PROマシーン(1台はZ170、もう1台はZ390)では問題なくインストールできた。メインPCとの大きな違いは、たいしたアプリが入っていないことで使い込んでいないこと。
2.メインPCでWindowsセキュリティ、パーソナルセキュリティソフトを含めた後付けのソフト、Win10自体のエラーも検証したがまったく問題無し。事実、他のアプリの出し入れでは、セキュリティーソフトを起動したままのまったくのデフォルトで何の問題も出ない。
結論。これは、明らかにVr.2.6.0のインストーラーがおかしい。というか、通常の使い込んだPCではなく、まっさらのPCでしか検証していないとおもわれる?

2020年2月7日、セキュリティーTLS1.3を追加、Tempフォルダーの清掃、MS VisualCの見直しなどを行った後、Dashboard Vr.2.5.0のインストーラーを起動。2.5.0のインストーラーは、173KB、2.6.0のインストーラーは3.6MB(HTTP化された)で、レガシーの単純なもののほうが問題は少ないと踏んだわけです。
結果、問題なくWD SSD Dashboardがインストールできました。2.5.0でもいいと思っていた所、インストールされたのは、最新の2.6.0でした。WD Forumに結果を報告しようとした所、なんと、あれほど文句を書き込まれていたForumのページが跡形もなく消えています。これは変だと思い、WDのダウンロードページを見たところVr.2.6.0がありますが、ヴァージョンNo.は変わらず微妙に容量が違い、新たにファイルNo.が付加されて、日付は、2月5日となっています。なるほど、そういうことか。色々設定したことや2.5.0を使ったことは多分無意味で、インストールファイルやセットアップファイルに瑕疵があったものを、やっと、修正したということかとおもわれます。2.6.0のインストーラーを使用していない為未検証ではありますが、恐らく今後はスンナリと最新版をインストールできるのでは、と思っています。
しかし、アナウンスもなく、問い合わせている者にメールの一つもなく、不利な書き込みの多いForumを消して、何も無かったことにしようというやり口は、どこかのやり口に似ていますね。そういえば、事故を起こした電車を埋めてしまったというニュースはそう昔ではない気がします。
以上、散々時間をとられて、色々と考えさせられて、趣味としたら至極の楽しみですが、顛末記をしたためました。製品に罪はなく、問題は解決したので、星5つに戻します。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像
56人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月17日に日本でレビュー済み
容量: 2)500GBスタイル: M.2 2280 NVMeパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 WDブルーM.2 SATAと値段がほぼ一緒でNVMe、どちらを選ぶ?
ユーザー名: yuu-san、日付: 2020年1月17日
WDブルーM.2 SATAとほぼ同価格でこのスピードであれば満足です。
あとは耐久性に期待ですね。
温度は薄めのヒートシンク付けてベンチ回してのSamsung 970EVO Plusとの比較です。
アイドル時はほぼ同じ、ベンチ時MAX.で7℃差ぐらいですね。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年5月29日に日本でレビュー済み
容量: 3)1TBスタイル: M.2 2280 NVMeパターン: 単品Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月10日に日本でレビュー済み
容量: 3)1TBスタイル: M.2-2280 SATAパターン: 単品Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2019年12月9日に日本でレビュー済み
容量: 2)500GBスタイル: M.2-2280 SATAパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 VAIO Pro13の内蔵SSD換装
ユーザー名: ke5、日付: 2019年12月9日
SONYのラストモデルVAIO Pro13の内蔵SSDを換装です。

購入から5年が経ち、ブルースクリーンが頻発。SSDのライトが増えると落ちる頻度が高くなるため、SSDの寿命と判断し交換に至りました。

交換は下記の手順で実施。
①旧SSDを取り外し
②m2→SATA変換で別のPCに接続
③当SSDも同じく変換し別のPCに接続
④WD社のページからAcronisをDL
⑤クローンの作成
⑥当SSDを取り付け

ベーシックディスクでクローン後にパーテションが弄れず、やり直した以外はスムーズに換装できました。

OSの起動は多少遅くなりましたが、安価に交換できて助かりました。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告