¥ 2,376
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Web API: The Good Parts がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
30点すべてのイメージを見る

Web API: The Good Parts 大型本 – 2014/11/21

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本, 2014/11/21
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Web API: The Good Parts
  • +
  • Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)
  • +
  • リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
総額: ¥7,744
ポイントの合計: 235pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Web APIの設計、開発、運用についての解説書。
APIは設計次第で使いづらいものになるだけではなく、公開後の保守運用も難しくなってしまいます。
そのためAPIを美しく設計することがとても重要です。
本書では「設計の美しいAPIは、使いやすい、変更しやすい、頑強である、恥ずかしくない」という考えのもと、
APIをどのように設計し運用すればより効果的なのか、ありがちな罠や落とし穴を避けるにはどういう点に気をつけなければいけないのかを明らかにします。
ターゲットは、URIにアクセスするとXMLやJSONなどのデータが返ってくるシンプルなタイプ――XML over HTTP方式やJSON over HTTP方式――のAPIです。
読者は、Web API設計の考え方と手法を知ることができます。

内容(「BOOK」データベースより)

Web APIの設計、開発、運用についての解説書。本書ではAPIをどのように設計し運用すればより効果的なのか、ありがちな罠や落とし穴を避けるにはどういう点に気をつけなければいけないのかを明らかにします。ターゲットは、URIにアクセスするとXMLやJSONなどのデータが返ってくるシンプルなタイプ―XML over HTTP方式やJSON over HTTP方式―のAPIです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 224ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2014/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4873116864
  • ISBN-13: 978-4873116860
  • 発売日: 2014/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 1 x 19 x 24 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,247位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
Web APIの設計や開発や運用において、留意すべきことを簡潔にまとめた本。URIにアクセスするとJSONとXMLで結果を返すタイプであるいわゆるREST APIを前提としている。

内容的には、Web APIの重要性、設計の注意やポイント、データフォーマットをどのようにすべきか、OAuth2.0との関連、HTTPの仕様との関係、セキュリティ上の注意、大量アクセスへの考慮といったことが書かれている。

具体例が多く示されていて、わかりやすい。日本人が書いたものなので、文章も翻訳もののような回りくどさはない。よくまとめられている。付録として、Web APIチェックリストなどがついている。勉強になった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 るかに トップ500レビュアー 投稿日 2015/2/20
本書はブラウザ上のJavaScriptやスマートフォンアプリと連携する
「HTTPプロトコルを利用してネットワーク越しに呼び出す」API(=本書ではWeb APIと定義)
の設計/運用について書かれた本です。

エンドポイントやリクエストの形式、レスポンスデータの設計についての具体的なノウハウが学べます。
また、基礎となるHTTPプロトコルの仕様やセキュリティ・保守性への配慮についても言及されており、
とりあえず実務で必要な情報が薄い一冊のなかによくまとまっている印象を感じました。

他のレビュワーの指摘にあるとおり、校正に杜撰さは確かにあります。
ですが、日本人の著者による日本語の著作なので、薄さもあって通読するのにそれほど苦労はないかと思います。
サーバ開発経験の浅い、スマホアプリ開発者などには特におすすめです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
内容は平易に書かれていて、よくまとまっています。既存の Web API をリサーチしたまとめが随所にあり、参考になります。Web API は初めて、という方にもとっつきやすそうですし、ある程度 Web API の設計や実装の経験がある方でも、迷ったときにリファレンスとして利用できると思います。

セキュリティに関する話題を扱う第6章だけ異彩を放っていますが、一読する価値はあります。

全体的に校正が杜撰です。単純な変換ミスや「てにをは」の過不足など、一読すればわかりそうなミスが目立ちます(読みながら数えたところ21箇所もありました)明らかなミスとは言えないものの日本語の文章としておかしい部分もいくつかありました(「しかし」が一文中に二度も出てくる、など。こちらはメモをとらなかったので曖昧です)
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック