中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

Web標準XHTML+CSSデザイン クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。 大型本 – 2007/7/3

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

デザイン的なテクニックだけで満足していませんか? デザインを忠実に再現するだけではない、ワンランク上の実践的コーディングノウハウを解説。Web標準サイト制作を行う上で基本となるXHTMLの基礎から現場で使えるCSSの技までオールカラーの図解、実例を使って丁寧に解説。もう「できません」ではすまされないWebクリエイターのための一冊。やりたいことがすぐにできる新・100の法則シリーズ最新刊!

出版社からのコメント

デザイン的なテクニックだけで満足していませんか?

本書を読めば、Web標準に準拠したXHTML、CSSコーディングの基本的な考え方が
理解できます。

レイアウトの基本から、崩れないマルチカラムレイアウトの作り方まで丁寧に解
説。管理しやすく、効率的なCSSの記述の仕方など、コーディングの現場で役立
つノウハウも公開しています。

XHTML 1.0(Second Edition)やCSS level 2 revision 1などの最新仕様、
Internet Explorer 7やFireFox 2などの最新のWebブラウザに対応。

「Web標準」のWebサイト制作を目指すクリエイター必携の一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 222ページ
  • 出版社: インプレスジャパン (2007/7/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844324241
  • ISBN-13: 978-4844324249
  • 発売日: 2007/7/3
  • 商品パッケージの寸法: 24 x 18.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 477,211位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本 Amazonで購入
HTML・CSSのコーディングはほぼ問題なくできる状態でしたが、著者のブログ(3名ともWebサイト制作に関するブログを書いています)がとても面白かったので、買ってみました。

私はすでに知っていることが多かったですが、「確かにこれは役に立つテクニックだ」と思えるものが多かったのも事実です。

ほかの参考書と違う点としては、実際のHTML/CSSがそのまんま載っており、それを表示したときの画面のキャプチャー画像も載っており、パソコンの前でなくても読み進められる、理解できるということが特徴だと思います。

これにより、floatの性質や、3カラム可変のレイアウトの作り方など文章だけではなかなか理解しがたいものでも簡単に理解することができるのではないかと思います。

おすすめです。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
CSSレイアウト初心者です。Macでweb制作しています。
自分は周囲に質問できる経験者や先輩がいないため、経験が浅い上にCSSを十分理解できていない状態でコーディングしてはIE6の表示バグに散々泣かされてきました。そんな時この本を読んで、今ではだいぶ自信がついたかな?
本書は「こんな時はこうするべし」「このプロパティはこういう特性があるから注意」といった法則がわかりやすく説明されていて、CSSをかじりはじめた人が基本をおさえるのに向いていると思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
仕様で決められた知っておくべきことから、このように書いたほうがミスが防げるといったちょっとしたテクニックまで見やすいレイアウトで紹介されています。100の法則として細かく分けられているため目的の内容を探しやすく、わからなくなったら参照する本としても便利です。

最後の6章ではデザインに関しても具体的なコードを交えて触れられています。例えば、見出しはひと塊に見せるため行間を小さく、本文は読みやすくするために行間を広めに、といったデザインに詳しくなくてもきれいに見せるための指定を学ぶことができます。

Web制作会社に入ってHTML&CSSを書くことになったけど、いまいち自分の書くコードに自信がないといった方にお勧めです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
タイトルの通り、Web 製作者が身につけておくべきテクニックがまとめられています。
最も基本的なデザイン・テクニックはこの一冊で抑えられるでしょう。
しかし、掲載されているテクニックの殆どは、ウェブデザインを行っていれば自然に身に付くであろう、極めて常識的なものばかり。
一読する価値はあると思いますが、購入して継続的に利用する価値があるかと問われると微妙です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
この本は、ある程度Webサイトを作成出来るようになってきてから見た方がいい本です。
少なくともXHTML,CSSの存在を知っているくらいのレベルでなければ、この本は向かないと思います。
 
ただ、「XHTML,CSSの書き方を知っているしサイトも作成しているけれど、
ノウハウについては全く知らない」という方にとっては、
値段の割に非常に有益な情報が手に入る本だと思います。

2007年出版という事もあって内容は割合新しいし、Web標準等を意識していてしっかり書かれています。
この本はクックブックとして持っていて損しない本だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kibi VINE メンバー 投稿日 2008/4/19
形式: 大型本
この手の書籍は他にも多く出版されていますが、比較的厚いものが多く、
教科書的に利用するのには適していても、現場で「サッと調べる。」と言う
用途にはあまり適していない。と言うものが多い傾向にありました。

この文献は、まさに現場で「サッと調べる。」のに適した書籍だと言えます。
よく利用する内容や陥りやすい内容を100のトピックにまとめて紹介しています。
目次の作りも良く、知りたい内容を調べやすい工夫がされています。
文章による説明もしっかりとしていますが、図, 表, ソースが豊富で
方法論などを 理解しやすい構成になっているのも特徴の1つです。

ページ数を押さえ必要最小限度の事のみを書いた書籍と言うイメージが強く、
これ一冊でオールマイティーに役立つ。とは言い難い面があります。
より深く調べたい場合には、 他の専門書籍を参考にするなどの代替手段が必要ですが、
まず初めに手に取りサッと調べ、必要に応じて更に詳しい書籍を参考にする。
と言う使い分けを考えると実に良くできている文献だと言えそうです。

Webページを作る現場では、手元に置いてあると安心できそうな。そんな一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック