¥ 2,376
通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWe... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法 単行本(ソフトカバー) – 2014/7/24

5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,943

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法
  • +
  • Web制作者のためのSassの教科書 これからのWebデザインの現場で必須のCSSメタ言語
  • +
  • Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 264pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あとで困るコードを書いてない?

「予測しやすい」「保守しやすい」「再利用しやすい」「拡張しやすい」

コンポーネントやCSSプリプロセッサを意識した設計・管理の実践など、
「ちゃんとCSSを書く」ためのプロの考え方を徹底解説!

「セレクタが複雑になってしまう……」
「オブジェクト指向CSSってなに?」
「考え方はわかったけど、どう組めばいいの?」

そんな人のバイブルになるのが、この本です。

破綻しやすいCSS、セレクタのリファクタリングなどの基本から、
OOCSS、SMACSS、BEMなどのコンポーネント設計のアイデア、
実際によくあるパターンのコードの組み方までを丁寧に解説。
また、注目されはじめた「Web Components」についても説明します。

第1章 CSSにおける設計とは
第2章 CSSの基本を振り返る
第3章 コンポーネント設計のアイデア
第4章 コンポーネント設計の実践
第5章 CSSプリプロセッサを用いた設計と管理
第6章 コンポーネントの運用に必要なツール
第7章 Web Componentsの可能性

内容(「BOOK」データベースより)

予測しやすい、保守しやすい、最利用しやすい、拡張しやすい―コンポーネントやCSSプリプロセッサを意識した設計・管理の実践など、「ちゃんとCSSを書く」ためのプロの考え方を徹底解説!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 215ページ
  • 出版社: インプレス (2014/7/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4844336355
  • ISBN-13: 978-4844336358
  • 発売日: 2014/7/24
  • 商品パッケージの寸法: 23.2 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 36,960位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
cssの設計の話が書かれている本は、
まだまだ数が少なく非常に参考になりました。

この本のすべてを参考にするにはハードルは高いですし、独特な考えが多いです。

しかし、この本で前提として語られているBEMやsmacssなどはしっかりと理解しておかないと、cssの設計をするのは難しいと思います。

この本を読んで、筆者が提唱しているflocssまでを取り入れるのは難しいと思いますが、BEMやsmacssなどを適切に取り入れて設計をしたいなと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
CSS設計について、現段階での最新で必要な情報がぎゅっとまとめられています。会社やチームで制作している場合はめちゃくちゃ大事だし、ルールをメンバーが共有することも必須だし、この本は絶対読んだ方が良いと断言できます。

ただ、私はフリーランスで制作をする身。この本の内容がどれだけ実務に活かせるか…という思いと、他の方のレビューにもあったように、大規模サイトでは無いのに、classを沢山並べる書き方が本当に良いのだろうか…という疑問も正直ありました。

結果的には、読んで良かったです。長年蓄積された自分の書き方を見直す良いきっかけになりました。詳細度を上げない書き方など、すぐに出来ることは早速取り入れました。命名規則などはじっくり考えて、自分の案件に最適化していきます。

この本はまさに「教科書」で、読んで終わり!ではなく、読んでヒントをもらって考えて、自分のプロジェクトにあった設計ルールを作っていくための指南書だと思います。今年出会えて良かった1冊になりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最初はスリムだったCSSが時間経過とともに肥大化し、
管理が困難になってしまうという経験は誰しもあると思います。

本書はそういった問題を解決するため、「修正しやすいCSS」の設計方法が記載されている。
このような切り口は他では見ないので、とても新鮮でした。
すべてとは言えませんが、取り入れたい部分は多々あります。

ただし、本書にも繰り返し記載されていますが、
各プラクティスがすべての問題を解決できる訳ではない。

表紙だけ見ると万能薬でも作れるかのような言葉が並んでいますが、
今後のCSSの組み方を模索するきっかけを与える本といった方がいいと思う。

現状のCSSでは限界があり、本書の内容も手探り段階という印象が強いのです。
表紙に「モダンWeb開発に欠かせない」とも書かれていますが、
これを読んですぐに実践で採用できるかというと、難しい面もある。
そういった意味で「ちゃんとCSSを書く」という点に少し疑問が残った。

後半否定的な感想にはなりましたが、得られるものは多いはずです。
本書の内容を必要な分だけ取り入れ、自分のガイドラインを構成するのかが大事なのでしょう。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
普段悩んでいることは大きな会社でデカイ案件を扱っている○○エンジニアと呼ばれる人でも同じなんだな(苦笑)と安心できる本。

内容は確かにブログレベルかもしれないけど、書籍として纏まっていることに意味がある。とはいえ、そうなるとこの金額が妥当かは疑問が残る。
どなたかも書いておられたが、Kindle用にオーサリングはされていないようで、ますますモヤモヤしてくる。これもこの書籍に限らず今後の課題か。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
複数の人の手が入るサイトの更新など、いかに崩れずにCSSを書けるか、順序立てててわかりやすく教えてくれています。
CSS設計もいくつか紹介してくれていて、今まで困っていた命名規則などクリアになりそうです。
常にそばにおいて読み込みたい一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
CSSの開発書というと、CSS3でこんな表現ができます!だとか、こんなグラフィックなことができます!といった部類の開発書が多い。CSSはWebデザイナーが片手間にやるようなものだと思われがちだが、現在のサイクルの速いWebアプリ開発現場においてはCSSエンジニアという役割が重要だと個人的に考えている。

しかし、そのような人材は貴重で海外(必ずしもアメリカだけとは限らない)に点在して、彼らのノウハウもブログ等で散見されている程度である。本書はそういったノウハウ、つまりCSSのアーキテクチャ、変化に対応しやすいCSSについて、一冊の本にまとめ、なおかつ体系的に著書の解説つきでまとめてあるので、たいへん読みやすい。

『はじめに』も書かれてあるが、著者の方は10年のWeb開発のキャリアにおいて特にCSSコーディングに力を入れてる模様で、まさしく日本のCSSエンジニアと言える人だろう。事実、彼の公開しているCSSフレームワークも興味深い。そんな10年もCSSに取り組んできた人の知見が数千円で買えるのだから、安いものだろう。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー