Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,160

¥ 324の割引 (13%)

ポイント : 10pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大野 謙介, 北川 貴清, 佐藤 とも子, 高橋 としゆき, 錦織 幸知, 原 一宣。, 矢野 みち子]のWebデザイン基礎トレーニング 現場で使うテクニックをひとつずつ、しっかり。
Kindle App Ad

Webデザイン基礎トレーニング 現場で使うテクニックをひとつずつ、しっかり。 Kindle版

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,484 ¥ 1,449

紙の本の長さ: 224ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【どんな制作現場でも絶対に活きる基本のノウハウが身につく】

幅広いジャンルのWebサイトや多くの制作現場で必ずと言ってよいほど使われる基礎的・汎用的なテクニックを集め、初級者の方にもわかりやすく解説した書籍です。レイアウト、インターフェース、タイポグラフィーなど5章構成で、完成作例(サンプルとなるWebページ)をもとにしたステップバイステップ形式で説明しています。解説本文ではコーディング上のつまずきやすいポイントや、間違いやすい点への補足を随所に織り込みながらていねいに解説しました(※解説で使用している作例はダウンロードして学習用にご利用いただけます)。

また本書では初級者の方が、これらのテクニックが必要とされる背景を理解できるよう、Webサイト・デザインのトレンドの変遷や、HTML・CSS、タイポグラフィー、グラフィック(画像)などに関する基本解説を設けました。現在注目されているキーワードやトレンドの背景についての知識を深めながら、多岐に渡って活用できるテクニックが身につきます。

〈本書の内容〉
・Introduction Webデザインの基礎知識とトレンド
・Chapter 1 ページレイアウト
・Chapter 2 インターフェース
・Chapter 3 タイポグラフィー
・Chapter 4 ビジュアルデザイン
・Chapter 5 コンテンツデザイン

内容(「BOOK」データベースより)

HTML、CSS、jQuery、レスポンシブWebデザイン…etc。すべての基礎になるテクニックをきちんとマスター!幅広いサイト・現場で活きる基本のノウハウが身につく!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 148656 KB
  • 出版社: エムディエヌコーポレーション(MdN) (2016/3/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01D1QX4MK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 89,647位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
基本を学んだ、中級くらいの方に向いている本だと思います。

「jQueryを使って少し開閉するアコーディアオンメニューを作りたい」「Webフォントを使いたい」「手書き風のラインを表現したい」「SVGを使う方法」などなど、実際の制作現場で使える技術が書かれています。

中でも、Webフォントで表示したタイトル1文字1文字をカーニングできる方法を知れたことがとても嬉しかったです。

サンプルデータをダウンロードできるので、少しつまずいた時もサンプルを見ることで解決できました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
はっきり言ってWebデザイン・コーディングの勉強は初めて、または始めたばかりの初心者の方には向きません。
まずは入門書を数冊読んで理解を深めることが前提となります。

一応は基本的なタグの使い方やセレクタの説明などは冒頭でされてはいますが、この本だけではきちんと理解することはできないと思います。中級者にステップアップしたい人向けの内容と言ったところでしょう。

ある程度は参考書に頼らずに自分でコーディングができるようになったら「ドロップダウンメニュー」「アコーディオンメニュー」をはじめ、多くのサイトで採用されている機能が紹介されていますので、「自分のサイトでも使ってみたいけど実装方法が分からない・調べても良く理解できない」という人には良い内容なのではないかと思います。

Javascript・jQueryを使用したものも序盤から唐突に出てきますが、そちらは記述されているとおりに書けば問題ないと思います。

しかし特にCSSで、割愛と称して記述されていない箇所が頻繁に出てきたり参考書の通りにコーディングをしても上手くサンプルのとおりに動作しないということがあります。
その場合は、自分で気が付くことのできる人は問題ないと思いますが、そうでない人はダウンロードしたサンプルのHTML、CSS
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
webデザインの勉強を初めて2か月の、初心者の立場でのレビューです。

この本は、幅広いテーマを扱っているだけではなく、各テーマで目指すページの完成例とコードをダウンロードできます。
なので、「完成例を見ながらたくさんコーディングをして色んな手法を学びたい」という方にはとても良いと思います。
また、自分でコーディングの真似まではしなくても、「こういうやり方があるんだー」というインプットだけでも役立ちます。
 一方で、コーディングの真似をしようとすると、そのコーディング手法の解説は丁寧とは言えないため、「なんでここでこのプロパティを使うの?」などの疑問が尽きないと思います。初めて見るものの、何も解説が無いプロパティやメソッドも少なからずあります。
基礎が固まっていて、自分で調べながら解決できるくらいの知識と慣れと根気があれば、場数をこなす良い機会になるでしょうが、そうでない方には辛いかもしれません。

【メリット】
・「ページレイアウト」、「インターフェース」、「タイポグラフィー」、「ビジュアルデザイン」、「コンテンツデザイン」という広い範囲の知識が身に着く
・約30のテーマ別サイトを、完成版サイトとそのコードを見ながら自分で作ることができるので、量をこなす練習に使える
・7
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover