通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Webデザイン・コミュニケーションの教科書 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【必ず最後までお読みください】■中古品のため多少の使用感・経年劣化(折れ、ヤケ、シミ、古書特有の匂いなど)がある場合がございます。帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。カバーが商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。■弊社から注文確認・発送完了メールはお送りいたしません。商品の状態に不備が見つかった場合のみ、確認のメールをお送りいたします。発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。■返品・交換の際は弊社指定の方法でのご返送が必要となる場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

Webデザイン・コミュニケーションの教科書 大型本 – 2014/9/15

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 968

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Webデザイン・コミュニケーションの教科書
  • +
  • 現場のプロが教えるWebデザイン&レイアウトの最新常識 知らないと困るWebデザインの新ルール3
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Webデザインのキモは、コミュニケーション

Webデザインのキモは、コミュニケーションです。
Webサイトとサイト訪問者のコミュニケーションの質は、デザイナーのつくったデザインの良し悪しが左右します。
そして優れたデザインは、発注者やプログラマーとデザイナーとの密なコミュニケーションにより成立します。
この本では、「どうしたら発注者の気持ちをデザインに落とし込めるか」「どうしたらサイト訪問者の心を動かせるか」という、
すべてのデザイナーや制作者が抱える問題を、“コミュニケーション"というキーワードで解決します。
現場での考え方や動き方、ワークスタイルを、著者陣の豊富な体験によるサンプルと事例、
イラストを交え、わかりやすくお伝えします。

●次のような人におすすめします
・会社に入って1~2年目のWebデザイナー
・DTPやグラフィック関連など紙媒体を主としたデザイナー
・会社勤めだが、他の会社に転属転職を考えているWebデザイナー
・独立を考えているWebデザイナー

●次のようなことを実現したい人にもおすすめします
・サイトに訪れた人の心を動かすデザインをつくりたい人
・クライアントの心を動かすデザインをつくりたい人
・デザインの本質を身につけたいすべての人

Webデザイナー/制作者の力となる、何度でも読みたい、使いたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

現場のビギナーが知っておくべき初歩から、ベテランがつまずきがちな落とし穴まで、この1冊でフォロー。最強デザイン脳ができ上がる画期的テキストブック、ついに誕生!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 大型本: 194ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2014/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797376228
  • ISBN-13: 978-4797376227
  • 発売日: 2014/9/15
  • 商品パッケージの寸法: 23 x 18.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 182,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
この本は、Webデザイナー初心者(入社1〜2年目くらい)や、紙媒体でDTPを行っているような人を想定して書かれているようですが、
個人的には、Webディレクターやこれから発注するクライアントにも向いているのではないかと感じました。
むしろ是非読んでもらいたいかも。

私はかつて、デザインを発注する際に「ゆるふわな感じのとNYみたいなかっこいいのと2パターンでで見せてください」
などの漠然とした上に真逆なイメージを伝えるような発注者でした。
あの頃は自分の中に「できあがりのイメージ」も浮かんでいない上に、デザインをお願いするにあたり
「どんな選択肢があり、何を指定したらいいのか」が全くわかっていなかったんだなと今あらためて思います。

この本では、クライアントの発注のままにつくったデザインをBeforeとして載せた後に、
なぜここを切り捨てここを提案するのか、と沢山のパターン例で見せた後に、Afterとして
完成されたデザインが載っています。

画像なので一目でわかります。
明らかに BeforeとAfterでは 素人目にも差があるのです。
(Beforeのデザインも決してめちゃくちゃではなく、よくありがちなデザインではあります。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
Webサイトを通じて、ユーザーとどうコミュニケーションを築きあげるか。また、サイト構築にあたり、発注者やチームとのコミュニケーションをどう取っていくか。具体的な事例をあげながら、その本質に迫る、まさに「教科書」の名にふさわしい良書でした。

「Webデザイン」と聞くと、とかく技術・理論・トレンドの話に終始しがちですが、この本で一貫して語られるのは、「何の為の技術・理論・トレンドか=相手に伝えるべきことを伝えるため」、つまり、関わる人とのコミュニケーションの大切さです。

技術・理論は無論重要ですが、それらだけでは十分ではありません。「相手が(本当は)何を欲しているのか」それを汲み取る力が必要だ、ということをこの本は言っています。例えば、発注者が「サイトをリニューアルしたい」という要望の裏には、「サイトを通じた通販の売上を増やしたい」等の目的があるはずです。「リニューアルしたいと言っているから、トレンドに乗った見映えの良いサイトにする」のではなく、本来の目的達成・問題解決のために、発注者との深いコミュニケーションが必要になります。

また、Webデザインは、明確な理由(根拠)に裏打ちされるべき、と、この本を読んでいてあらめて感じました。なぜアイコンを使用するのか、なぜこの大きさなのか、どうしてこのフォントサイズなのか…。発注
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本 Amazonで購入
クライアントとのコミュニケーションも、エンジニア、プログラマー、デザイナーといった制作陣内部のコミュニケーションも、最初からお互いの領分を尊重し擦り合わせる事で、致命傷になる前に手当て出来る。専門バカにならずに、エンドユーザーのUXを考えて最善の案を出すという軸を作ればブレないという事。Webサイト、サービス、アプリ全てに通ずる制作プロセスの要諦を押さえた良書。プロジェクト全体の調整を任とするPMやディレクターには是非読んでもらいたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
webサイトを作るための、要点が上手くまとめられており、
webデザイナーの方だけでなく、発注側(営業/企画)の方も読んで価値ある一冊です。

見やすいデザインについてのノウハウはもちろん、
クライアントとのやり取りの注意点や、ユーザーの利用シーンを
深堀りすることで生み出せる改善案のTipsまで載っており、
かなり勉強になりました。

私自身、エンジニアからサイト制作の企画担当になったのですが、
正直、何が良いデザインか分かっていませんでした。
何冊か本を読んでもピンと来ませんでしたが、
この本と出会い、定石を学べてかなり腹落ちしました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック