Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,484
ポイント : 248pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[外村 和仁]のWebアプリ構築のためのAngularJS
Kindle App Ad

Webアプリ構築のためのAngularJS Kindle版

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,484

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介


※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。



Googleが開発を行っているJavaScriptのアプリケーションフレームワーク、AngularJSの入門/実践解説書。AngularJSはいわゆるMV*と呼ばれる種類のフレームワークで、これを活用することで、Webアプリ構築時にコード量が削減されたり、実装者による品質の差を小さくするなど、生産性が大きく向上することが期待できます。本書ではAngularJSの特徴、基本の使い方から、ディレクティブやテストなど、一歩進んだ活用方法までを簡潔かつわかりやすく解説しています。

本書の構成は以下のようになっています。

●Chapter01 AngularJSとは
AngularJSとはどのようなことができるのか、どのような特徴があるのかを簡単なデモを用いて説明します。これから実装を理解するにあたってのベースをおさえましょう。

●Chapter02 テンプレートの基礎
AngularJSのテンプレート機能のうち、基本的なものを解説します。JavaScriptを1行も使わないサンプルばかりですが、双方向データバインディングが簡単に実装できるのがわかります。

●Chapter03 モジュールとコントローラー
AngularJSの主な概念のうち、複数の機能をまとめるモジュールと、ビューの振る舞いを定義するコントローラーについて解説します。AngularJS特有の文法や注意点もあわせて紹介します。

●Chapter04 フィルタの使い方
フィルタはテンプレートでの表示を変換できます。既製フィルタの使い方、カスタムフィルタの作り方や使い方を解説します。フィルタをうまく使うと、ビューやコントローラーの見通しがよくなります。

●Chapter05 繰り返し処理
AngularJSで繰り返し処理を行うディレクティブ、ng-repeatを解説します。フィルタの仕組みと組み合わせると、さまざまな条件で要素を検索し、ソートをして表示することもできます。

●Chapter06 サーバーとの通信
AngularJSでサーバーとの通信を簡単に実装できる$httpサービスと、ngResourceモジュールについて解説します。$scopeと組み合わせて使うと、通信結果を簡単にページに反映できます。

●Chapter07 サービスの作成
AngularJSでアプリケーションのビジネスロジックやデータを定義する方法は複数あります。その方法を整理しながら解説し、さらにそれらの定義方法の使い分けについても解説します。

●Chapter08 ディレクティブの作成 1
AngularJSはディレクティブを介してDOMを操作します。この章ではDOMを操作するための、独自ディレクティブ定義の仕方のもっとも基本となる部分を解説します。

●Chapter09 ディレクティブの作成 2
この章ではディレクティブのスコープについて解説します。親スコープの継承や隔離スコープ、親スコープとディレクティブのローカルスコープとの紐付けを扱います。

●Chapter10 ディレクティブの作成 3
ディレクティブの内容をテンプレートの一部として利用するtranscludeと、ディレクティブ相互でやりとりを行うcontrollerとrequireを解説します。ディレクティブ内部の機能や構造を隠蔽でき、便利です。

●Chapter11 ユニットテスト
AngularJSの特徴のひとつに、テストを重視するという点があります。この章では、ユニットテストというモジュールやサービス単体をテストする方法を紹介します。

●Chapter12 End to Endのテスト
モジュールやサービスをつないで期待通りの動作をするかを検証するEnd to Endのテスト方法を解説します。ProtractorというSeleniumベースのテストフレームワークが便利です。


※本書は株式会社ピクセルグリッド運営の技術情報配信サービス「CodeGrid」掲載の記事「攻略!AngularJS」を再構成したものです。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 27767 KB
  • 出版社: マイナビ出版 (2014/10/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00O4RMZ4O
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 69,412位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
入門用としてはいいかもしれませんが、コンテンツ不足で物足りないです。
ボリューム、内容的に1,500円ぐらいが妥当かと。

ちゃんと動きを理解した上でマスターしたい人には「AngularJSリファレンス」をオススメします。
あちらの一冊は高い分、AngularJSの機能が網羅されています。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
他の方がおっしゃる通り内容は非常に薄っぺらです。薄っぺらにも程があるくらいです。
ただ、Angularはとても対機能なので、それらを網羅しようとおもったら分厚い本になるかと思います。

本書は、Angularの細かい機能解説などが全部削ぎ落とされていて、Angularの芯の部分のみの重点的な解説がなされています。
とりあえず、Angularが今すぐ使えるようになりたい!って方には最適のボリュームかと思います。
土日でサクっと完読できる分量で、Angularの全体像が掴めるかと思います。

Angularは協力極まりないフレームワークなので、基本の基を抑えただけでも十分実戦で使えます。
要は、分岐とループと双方向バインディングさえ理解できばまずはOKなんですよ、Angularなんて。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
188ページの電子書籍なので、それなりに内容があるかと思いましたが、空白ページや、ページの半分以下しか記述されていないページが多すぎます。余白や行間も広くとられており、説明もあっさりしています。編集方針によっては、ページ数は1/3以下程度となるでしょう。
すなわち、60ページ程度の書籍だと思って購入するならば、肩すかし感は軽減されるでしょう。
2015年現在、KindleのソフトウェアやKindle端末の挙動はもっさりしています。電子書籍は紙書物に比べてページを切り替えるのは手間であり、利便性が著しく損なわれます。余分なページを稼いだ組版担当者や編集者は猛省していただきたい。

内容については、AngularJSの基本的な項目をサラッと抑えた作りになっています。
コードはシンプルですので、Angularの基礎を押さえたい人にとっては、有効かと考えます。
2070円とは割高に感じられますが。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover