この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Warpaint CD, Import

5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,593 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
通常1~3か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:19¥ 1,025より 中古品の出品:4¥ 2,285より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Warpaint ストア

ミュージック

Warpaintのアルバムの画像
WarpaintのAmazonアーティストストア
4 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Warpaint
  • +
  • HEADS UP
  • +
  • Fool
総額: ¥4,951
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2014/1/28)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Hostess Entertainment
  • ASIN: B00G5WK8TK
  • JAN: 0883870068024
  • その他のエディション: CD  |  LP Record
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 49,769位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Where You Wake
  2. Keep It Healthy
  3. Love Is To Die
  4. Hi
  5. Biggy
  6. Teese
  7. Disco//Very
  8. Go In
  9. FeelingAlright
  10. CC
  11. Drive
  12. Son


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

形式: CD
アメリカのインディーロックバンドWarpaintの2枚目のアルバム。誰も気にしないかもしれないけれど、このバンドにはエミリー・コーカルとテレサ・ウェイマンという二人のボーカリストがいる(じっさい彼女たち自身もメインボーカルは必要ないと、あるインタビューで答えている)。テレサがメインボーカルを務める曲は前作では「Shadows」や「Bees」くらいしかなかったが、今作では「Love Is To Die」や「Feeling Alright」など大半の曲ににわたっている(11曲中7曲)。たしかに、彼女の声のほうがアンビエント・ミュージック寄りになった今作の雰囲気にマッチしている気はする(よく言えば揺らめくような、悪く言えば安定感に欠ける歌声)。メロディで勝負するようなバンドではないけれど、これはけっこう大きいことではないだろうか。

クセの強い楽曲が売りの彼女たちにしては、「Love Is To Die」や「Disco//Very」などはとびきりキャッチーな曲だ。しかし、これらダンス寄りの曲がアンビエンス寄りの曲のよさを減じているように感じられる点は気になる。どの曲もクオリティはものすごく高いが、ダンス寄りの曲とアンビエンス寄りの曲が並ぶと、どうしてもこういう嚙み合わなさが生じてしまう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
抑揚もあまりなく、ほとんどがミドルテンポ(そうじゃない曲はスロー)。とにかく反復で曲を進行させていく。いつの間にか聴き終わり、でも何回も繰り返し聴いてしまう。ベースをはじめ、音作りも素晴らしい。全体的に密かに静かに実験的な傑作です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
深い。warpaintのwarpaintらしいいちばん良さが表れているアルバム。
intro からラストsonまでどっぷり大音量で浸れる。このアルバムは全体的にテレサのvoが多いですが音の重みや深さにかなりマッチしてる。
Love is to die 、Hi、biggy、Disco 、feeling alright 、CC、Son 、どの曲も名曲。
何度も何度聴いても吸い込まれる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SCATTERBRAIN 投稿日 2014/4/18
形式: CD
海外のメディアでも評価が割れている模様のWarpaintの二作目

前作と比べてもより丁寧に作った印象があり、作品としてもまとまっていて完成度は高いと言えると思います。
しかし、個人的には前作よりもいい作品であるとはとても言い難い。
一言で言うと色気がなくなりました。
前作では時に耳障りなほどに主張してくるギターとボーカルの、ある種呪術的な響きが彼女達の悩ましい内面を感じる瞬間を作っていましたが...
今作ではアンビエントに寄り、主張が激しく耳にまとわりつくようなフレーズがあまりありません。
確かに彼女達の独特の雰囲気はそのままなのですが、それを武器に、全面に押し出した作品であるが故に、前作で意図せず垣間見えていた彼女達の内面が見えなくなったように感じます。

おそらく自分たちのやっていることに自信を持って作った、確信に満ちた作品なのだと思います。
前作の雰囲気が好きだ、という方やWarpaintというバンド自体が大好きという方にとっては、聴き応えがあり幾度もの鑑賞に耐える作品でしょう。
逆に前作を聴いて「どストライクではないが、良い作品だと思った」という程度の方にとっては期待は外れに終わる可能性の方が高いのではないかと。
実力はあるが経験値はまだまだなバンドの2枚目や3枚目にはありがちなジレンマな気もします。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告