この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

War Against the Weak: Eugenics and America's Campaign to Create a Master Race (英語) ペーパーバック – 2012/4/30

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(6)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 49,656 ¥ 5,151
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 3,448 ¥ 3,175
ペーパーバック, 2012/4/30
¥ 4,824 ¥ 4,839
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

商品説明

   アメリカでは支配者たる人種を創り出す試みが1世紀にわたって続けられてきた──『WAR AGAINST THE WEAK』は、その事実をあばきだした衝撃の問題作である。ニューヨーク・タイムスのベストセラー『IBM AND THE HOLOCAUST』(邦題『IBMとホロコースト―ナチスと手を結んだ大企業』)の筆者で、数々の賞を受賞した調査報道を専門とするジャーナリスト、エドウィン・ブラックは、ナチスの犯罪と20世紀初頭のアメリカで盛んになった偽りの科学運動――優生学との結びつきを明らかにした。

   人類の選択的繁殖という考えにもとづく優生学は、ロングアイランドの研究施設で産声を上げ、ナチスの強制収容所で終わった。最終的には、6万人以上の「不適格な」アメリカ人が強制的に不妊手術を施されたが、その3分の1は、こうした行為が人類に対する犯罪であるとニュルンベルグ裁判で宣告された後に行われたのである。

   数人のアメリカ人科学者グループがこの人種にもとづく新しく野心的な運動を開始したのは、1904年のことだった。これはアメリカの社会、政治、学術界のエリートに擁護された。カーネギー研究所やロックフェラー財団など、アメリカの主要な企業の慈善団体から資金の提供を受け、全米の学校に浸透しつつ、優生学者は社会的に「望ましくない」人々を排除する方法を追求した。その方法とは、強制的な不妊手術と人類の繁殖計画、結婚の禁止、そして消極的な安楽死さえをも含んでいた。さらに衝撃的なのは、優生学が連邦最高裁に認可されていたことだ。27の州で残酷で人種差別的な法律が制定されており、優生学の支持者には、ウッドロー・ウィルソンやマーガレット・サンガー、オリバー・ウエンデル・ホームズといった進歩的な有識者もいた。

   優生学の犠牲になったのは、ニューイングランドからカリフォルニアまでアメリカ全土に住む貧しい白人、ヨーロッパからやってきた移民、黒人、ユダヤ人、メキシコ人、アメリカ先住民、てんかん患者、アルコール中毒者、微罪を犯した者、精神障害者、そして優生学が賛美する金髪碧眼のゲルマン人種の理想に合致しない人々だった。国際的な学術交流を通じてアメリカの優生学は世界に輸出されていき、最終的にアドルフ・ヒトラーを魅了した。

 『WAR AGAINST THE WEAK』を執筆するために、エドウィン・ブラックは、5万点にも及ぶ文書を作成した4カ国の公文書保管所数十カ所の研究者50人の協力を得た。事実をあますところなく、正確に、見事な語り口で描き出された1世紀にわたるこの物語から、読者は恐るべき真実を知ることになる。ナチスの学者たちを駆りたてた科学的な根拠を、ニューヨークのカーネギー研究所の「科学者たち」がいかにして創り出したのか。ドイツの科学者に対するロックフェラー財団の莫大な資金援助が、いかにしてアウシュビッツにおけるメンゲレの憎むべき実験につながっていったのか。第二次大戦後、優生学はいかにして人間の遺伝学として生まれ変わったのか。そして、ヒト・ゲノム計画および21世紀の遺伝工学の意味を理解するうえで、優生学の歴史に向き合うことがいかに重要であるか、その理由をも悟るはずだ。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

In War Against the Weak, award-winning investigative journalist Edwin Black connects the crimes of the Nazis to a pseudoscientific American movement of the early 20th century called eugenics. Based on selective breeding of human beings, eugenics began in laboratories on Long Island but ended in the concentration camps of Nazi Germany. Cruel and racist laws were enacted in 27 U.S. states, and the supporters of eugenics included progressive thinkers like Woodrow Wilson, Margaret Sanger, and Oliver Wendell Holmes. Ultimately, over 60,000 "unfit" Americans were coercively sterilized, a third of them after Nuremberg declared such practices crimes against humanity. This is a timely and shocking chronicle of bad science at its worst — with many important lessons for the impending genetic age.
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する