Waltz for Debby がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 菊池晴商店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazonから発送します】◆EU輸入盤◆ディスクはあまり目立たない薄いキズが1本ありますが概ね綺麗な状態です◆ブックレットは汚れ・破れ・シワはなく綺麗な状態です◆プラケースは交換済みです。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,799
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Qooオンラインショップ
カートに入れる
¥ 1,799
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: eお買い物ドットコム
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,530MP3アルバムを購入

Waltz for Debby CD, Import

5つ星のうち 4.6 247件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,799 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、【チャレンジ&トライ】が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ビル・エヴァンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • Waltz for Debby
  • +
  • Kind of Blue
  • +
  • Cool Struttin
総額: ¥3,992
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1990/10/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Ojc
  • ASIN: B000000YBQ
  • JAN: 0025218621021
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 247件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 2,315位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
6:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
6:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
7:35
アルバムのみ
5
30
7:18
アルバムのみ
6
30
7:12
アルバムのみ
7
30
7:11
アルバムのみ
8
30
4:59
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
6:31
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
5:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

Recorded live at the Village Vanguard, this set rounded out what became known as an early "full" portrait of Bill Evans by following Sunday at the Village Vanguard with most of the rest of the music he played on June 25, 1961. Very little in the annals of piano-trio jazz ever reached the clarity of execution that Evans made his own with the recordings from this single date. With bassist Scott LaFaro and drummer Paul Motian, Evans reached a rapport that sounded whisper-intimate, rolling into gentle cascades and then rhythmically pouncing juts. On the keys, Evans sounds at once completely walled-off and nakedly open as he takes on "My Foolish Heart" and the title melody. The chords are voiced ever so oddly, as are the bass and drums. Coming as it did several months in the wake of the successful first episode in Evans's Vanguard, Waltz for Debby just made it all the more obvious what a wonder the world had in this trio and its leader. --Andrew Bartlett


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
語り尽くされた感すらあるジャズの名盤中の名盤。
ジャズ初心者からベテランリスナーまで、多くの人の心を惹きつけて止まないピアノトリオの傑作だ。
ロマンティックで詩的といわれるエバンスらしい選曲、分り易くも奥の深い演奏、40年以上前のものとは思えない録音の音質、印象的で洒落たジャケットデザイン、名門「ビレッジ・バンガード」のざわついた雰囲気、ベーシスト・ラファロの録音の数日後事故死という物語性…
世の中にいい演奏、いいCDは沢山あるが、本当に名盤となる要素を兼ね備えたものはそう多くはない。
この"Walts for Debb"はその要素を全て兼ね備えた、エバンスの作品の中でも傑出した一枚といっていい。
このCDを聞く度にこうした音楽に出会えたことを誰かに感謝したい気持ちになる。
"My Foolish Heart"のゆったりと抑制された、しかし決して退屈でない演奏。
印象的な出だしから聞く人を引き込む"Waltz for Debby"。
サビのリフレインが印象的な"Detour Ahead"。
その後エバンスの十八番として幾度となく演奏されることとなる"My Romance"…
「ジャズフ
...続きを読む ›
コメント 237人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
この曲順を見てみてください。ボーナストラックとして別テイクが無神経にもオリジナルの曲順に割り込むような形で収録されています。
いくら名曲でも同じ曲を2回ずつ聴かされるのは辛いものがあります。かといって毎回スキップするのも面倒くさすぎるし、だいいちそんなことでは音楽に浸ってられません。
最近は曲順が改善されたものも出てきているので(別テイクが最後にまとめて収録されるようになった)、他の仕様のものを曲順を確認したうえで購入することをおすすめします。
1 コメント 414人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
私にとって奇跡のようなアルバムである。

ジャズを聴き始めた頃、5枚目のCDとして購入した。初めて聴いた驚きは忘れられない。自分の聴きたかったジャズが、まさにそこにあった。以来20年間、Jazzだけで500枚以上、ビル・エヴァンスだけでも100枚近くを集めて聴いたが、依然として色褪せない。

たまに取り出して1・2曲目を聴く。苦しいとき、集中力を出したいとき、何度も世話になった。くつろぎたい時にも聴いた。たった10分で気持ちが変わる。音にのめり込み、メロディーにのめり込み、すると私の中の何かが変わる。確かに他に好きなアルバムや曲もあるが、この10分は、やはり他には変え難い。

もう何度も名盤として語り古されてきたように、音色のつや、タイミングの絶妙さ、ベースとの相互作用、ジャケットの良さ、全てが確かに良い。何度も分析され、語られ、伝説とさえ言える程であるのは、ファンとして嬉しい反面、つまらなくもある。しかし、どんなに他人に語られようとも、言い古されてしまったことも含めて、このアルバムを愛せるのだ。全て了解した上で、それでも、聴いたときには好きだと明言できる。人間の作る芸術が、すごいものだと実感できる時である。
コメント 156人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/4/21
形式: CD
彼は、1980年9月20日に来日して、公演する予定でしたが、直前の9月15日に亡くなりました。楽しみにしていたコンサート、とても残念でした。ヴィレッジバンガードでのライヴで、ワルツフォーデビーは名演ですが、マイロマンスもいいです。マイフーリッシュハート(LPの時も同じですが、最初の曲で少し前にNHKラジオでは、「愚かなりし我が心」と呼んでいました。)は、レコード針を置いた時から、曲に引き込まれてしまいます。A面とB面を何度もひっくり返し、聴いたものです。CDになって便利になりましたが、レコードで聴いた時のノイズもたまらなく良かったです。
 ワルツフォーデビーは、当時3歳だったデビー(兄ハリーの娘さん)の為に書き下ろした曲です。マイロマンスも、彼のお気に入りで何度も演奏しています。私も毎日、車の中でCDを聴いています。
 いつも、ピアノにくっつく位前かがみに演奏するスタイルは、独特のものでした。アルバム 「ライヴアットザヴィレッジバンガード」のジャケット写真には、彼の両手が写っていますが、少し浮腫んでいるようにみえます。ドラッグのせいです。とても真面目(打ち解けたりするとそうでもなかったようですが。)な性格で、いつも自分の仕事を完璧にこなそうと考えていました。ライブなどでは、細かい打ち合わせなどせず、カウントもなく、演奏に入っていったそうです。11年もコンビを組ん
...続きを読む ›
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー