中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

Waltz 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス) コミックス – 2012/5/11

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,483 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

“役者”は揃った……堂々の最終巻!!

燃えさかる戦場で起きた「奇跡」。
対決の舞台に現れた「最後の男」。
蝉VS首折り男VS帽子卿、激しき殺し屋たちの円舞曲は、今、予想を遙かに超える、驚愕のエンディングへと紡がれる!!
ドラマCD付き特別版も同時発売!!


登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/5/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091236081
  • ISBN-13: 978-4091236081
  • 発売日: 2012/5/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
タイトルの通りです。

魔王に続いてまた鳥肌が立ちました。本当にドキドキハラハラが止まらない最終巻でした。

次から次へと番狂わせ、伏線の回収の仕方が本当に秀逸。

魔王ファンの自分にとっては本当に息を飲む展開、ラストのシーンはとにかく痺れる。
こうしてここに繋がるのかぁ。と感慨深くなりますね。

さらに自分が初めて読んだ伊坂さんの小説がたまたま買った短編集の中の「首折り男の周辺」で、ここから伊坂作品に興味を持っていったということもあり、
自分にとってこれ以上にないくらい有意義で存分に楽しめる作品でした。

とにかく原作との織り混ぜ方がうますぎます。
「首折り男」から苺原へのメッセージには本当に感動しました。

とにかくとにかく凄い。
読んで絶対に後悔はしないでしょう!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「魔王」を読んでから、こちらを読みました。
スピンオフでも こちらの方が人気高かったのは 分かる気がします。
両方とも 全く違うテーマを描いているようで、やっぱり 少年達の 「心」と 生き方の 変化に魅力されます。
両方を読まなくても
ストーリーで 分からない事はないですが、
やっぱり両方読んでると
より楽しめるかと思いました。
「魔王」の後の作品なので
絵がかなり 上手く、こちらのタイトルといい
「蝉」のファッションや
「殺し屋」たちの 闘いも
スタイリッシュです。
この6巻では 岩西が
カマキリ顔?の岩西が カッコいいとさえ
思えるシーンが連発でした。
クライマックスでは グッときました。
「魔王」以前のストーリーなので
ラストの本編への繋ぎは
感慨深かったです。
「蝉」は 本当〜に可愛い。岩西に対してだけですが。
苺原&「首折り男」の二人、ガタイがいいだけの 高校生の苺原、、顔がソックリだったのが始まりとなりましたが、良いラストでした。
蝉の首輪ファッションには ここまでのストーリーがありました。岩西セレクトです
また魔王での二人を読みたくなりました。しかし、みなさんレビューの通り コマ割りの素晴らしさです。次ページが予測しては 良い意味で裏切られの 連続でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さとう 投稿日 2013/6/19
形式: コミック
魔王に続いて話はゾクゾクするし、面白いのですが、蝉が可愛すぎるのが残念。岩西とのやりとりが狙いすぎというか、腐女子向けというか。そこだけが残念です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
1巻から最終巻まで全巻購入しました。
正直、漫画版の魔王は前半こそ伊坂作品!と感じていましたが後半はほとんどオリジナルでしたので漫画としては面白かったのですが伊坂作品としてはうーんと言う感じでした。
ですのでスピンオフが始める時は完全新作なので期待半分、不安半分でしたが1巻を購入したときそんな不安は吹き飛びました。
伊坂作品特有の言葉遊びは健在。そしてその世界を彩る大須賀先生の素晴らしい画力にただ圧倒されました。
まさに最初からクライマックスと言う感じでした。
そして最終巻、本当に満足させて貰いました。大須賀先生、伊坂先生、ありがとうございました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
5巻の怒涛の展開に最終巻はほんと心待ちにしました。
蝉の成長・苺原の成長・蝉と首折のバトル・岩西の決断・死ぬときまで全裸の帽子卿(笑)などなど盛りだくさん!
大須賀先生、コメントを見ると余程蝉と岩西が気に入っていたんですねー。コメント見なくてもわかりますけどw
少年誌でこれほどオッサンと青年がイチャイチャしてる漫画も珍しい! いや別に悪い意味じゃなくて、そういうとこが大須賀先生の面白いとこだと思います。

とまぁ、そういう楽しみ方もあるんですが、大須賀先生は色々過剰に描いてしまうほどパワーがあるので、アクションシーンがやはり映えますね。
思い切り良く大きくザクザクっと切ったコマ割りに迫力のある構図。この迫力とスピード感を出せる人は今一体何人いるでしょうか。
巻末を見ると既に新連載の動きもあるようです。ゲッサンの看板の一人なんだろうなぁ。
なんにしてもはやく次作が読めるのはうれしいかぎりで心待ちにします! 熱い少年漫画が読みたい人も是非!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告