THE WORLD IS MINE がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

THE WORLD IS MINE

5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 2,483 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 649 (21%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • THE WORLD IS MINE
  • +
  • TEAM ROCK
  • +
  • アンテナ
総額: ¥7,285
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2002/3/20)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B000060NM0
  • JAN: 4988002428564
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 3,589位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
6:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
5:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
3:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:30
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
7:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
5:01
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
2:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
4:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

商品の説明

š’ʏí”z‘——¿–³—¿šV•iA–¢ŠJ•••i‚Å‚·ByƒAƒ}ƒ]ƒ“ƒZƒ“ƒ^[‚©‚ç”­‘—‚¢‚½‚µ‚Ü‚·B‚¨‹}‚¬•ÖA‘ãˆø‚«AƒRƒ“ƒrƒjŽó‚¯Žæ‚è‘Ήžz

Amazonレビュー

   2001年9月に大村達身がギタリストとして正式加入し、4人組となった新生くるりの通算4枚目のアルバム。ゆったりした重低音のリズムが響く壮大なナンバー<2>、ヘヴィなバンドサウンドに乗せ、夢にまで見た中国への思いを描くハイパーアップチューン<3>、ハッピーな歌詞とエレクトリックアレンジが光る大ヒットシングル<4>、ピアノとストリングスの美しいメロディラインでつづる<6>、男の子の本心を歌うアコースティックチューン<10>など、日常のさまざまな瞬間を凝縮した独特な歌詞と、バラエティ豊かなサウンドがたっぷり楽しめる。(秋谷順子)

商品の説明をすべて表示する

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sonic若造 投稿日 2004/1/26
形式: CD
もう完全にジャンルレスなアルバムだと思います。岸田君が民族音楽にハマっていたそうで、納得してしまいました。しかし、いかに雑食でもくるりらしいロックになっています。すごいぞくるり。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 オルタナくん 投稿日 2010/10/11
形式: CD
とにかく深いです
どんどん深海に沈むような感じ
意味不明かもしれませんが…
夜中の眠れない時に聴きます
なんか眠れます
このアルバムのどこが良いのかと言われても文章に出来ない感じです…
すみません…
体全身に染み込む感じです(笑)
それぐらい深い深いアルバムです
ですがくるりを聴いた事のない方にはあまりオススメしません…
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
以前から私小説的な魅力を醸し出していた岸田の詞。しかし、その抽象度はぐっと増し、言葉がどんどん音に吸収されていく感じに変化したと思います。余計な音も一切鳴らされていないから、本当にいつ聴いても気持ちの良い楽曲なんじゃないかな?これから先も、ずっと聴きたいなーと思わせる、普遍的な名盤が今ココに誕生した。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ganotan 投稿日 2012/6/8
形式: CD
どうしてもレビュー書きたくなったので書きます。
私はくるりのアルバムの中でこの「THE WORLD IS MINE」が一番好きです。

発売して最初聴いた時から、聴かなかった年は無かったほど笑。(もちろん毎日ではありませんが)

深夜くつろぎたい時や、落ち込んだ時に聴いてます。
心が癒される・・というわけじゃなく、音の粒と歌詞が心に突き刺さるというか。それでいて心地いい。

くるりは好きだけど最近の音源しか聴いた事ない方には是非とも聴いてほしい作品です。
特に、日々もやもやしてたり自暴自棄になってる方にオススメ!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/21
形式: CD
くるりの新境地にして最高傑作!アルバムを出す度に進化していくこのバンドはやはり凄いですね。必ずしも万人に受ける音楽とはいえないけれども、自分の中では一生聴いていくであろう1枚です。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
はじめてこのアルバムを通してきいたときは、くるりのアルバムで一番統一感がないなぁと思いました(いろんな曲があって素晴らしいということですが)。しかし!聴く度に新鮮な感じがして、何度も聴いているのに全く聞き飽きません!一見バラバラなようでいて曲の流れもすごく良くできてるなぁと思います。私は寝る前にこのアルバムを聴いていますがいつもラストの『pearlriver』あたりでぐっすり眠っているみたいです♪名盤っていうと少し違うかなと思いますが、くるり史上一番才能を感じたアルバムです!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
タイトルは「世界は僕のもの」
しかし、“アマデウス”ではこう歌われます。
『知らん間にこの世界すら君のものじゃなくなってた』
それをヒントに妄想を炸裂させると
「本当は曲順が逆じゃないのか」と感じてきました。
以下、曲順を逆にした場合の妄想ストーリー。

M13“真珠の河”を渡って、
M12“砂の星”に産まれ落ちた男の子は
「世界は僕のもの」という全能感をいだきながらも、
“女の子”との別れを経験すること(M10・M11)を機に、
M9“ボート”やM8“汽車”で世界を旅します。
しかし、その中でM7“軍”による戦争などの現実を見た男の子は
自分の力ではとても太刀打ちできない大きな力の存在を感じ取ります。
「知らん間にこの世界すら君のものじゃなくなってた」(M6)。
虚無感に捕らわれた彼は、たどり着いたM4“世界の終わり”にて踊り続けます。
その理想郷(ガンダーラ)に留まることは心地いいのですが、
その安心は嘘だと気付いた彼は、ホーム(チャイナ)に帰ること(M3)を決意します。
しかし、結局は何も無い荒野、M2“静かの海”で
自分自身いつの間にか罪にまみれてしまっていることを認識した主人公は、
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
This is one of those albums that will just play and play on your CD machine.... its fresh, mind-expanding tunes never tire the ear. Remarkably creative, this may be Kururi's best album. If you don't know their work, this is the one to get.
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す