¥ 700
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
WOMBS 2 (IKKI COMIX) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

WOMBS 2 (IKKI COMIX) コミックス – 2011/1/28

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 307
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • WOMBS 2 (IKKI COMIX)
  • +
  • WOMBS 1 (IKKI COMIX)
  • +
  • WOMBS 3 (IKKI COMIX)
総額: ¥2,100
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

異生物・ニーバスを胎内に移植した、転送兵のマナ・オーガ。「妊婦」にして兵士であるマナは、初の実戦を経験。「攻撃的転送」を成功させ無事帰還するが、不思議な現象にみまわれる。

出版社からのコメント

妊婦が兵士! そんなド肝を抜く世界観のWOMBSの第2集。 緻密な設定&ダイナミックな筆さばきによる、 あり得ない世界とリアリティあふれる描写の両立が最大の見所です。 どんどん深みを増していくこの物語を、ぜひ読んでください!!


登録情報

  • コミック: 240ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409188539X
  • ISBN-13: 978-4091885395
  • 発売日: 2011/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
WOMBS1巻を読んで特に印象的だったのはSF的「絵」のカッコ良さとやはりその設定だった。
女性が如何に戦争に関わるか、という難題に対し、後方支援型でもなく、ガンダムのような突発的巻き込まれ型でもなく、男勝りのマッチョ女性が異端児として描かれるのでもない、「子宮」という女性固有の器官に異形の生物であるニーバスの組織を植え込むことにより転送能力を獲得し、それらを活用した特殊部隊が戦ううえで不可欠な存在となる、という設定は改めてユニークだ。
そして約1年振り、待望の2巻だが、こちらの想像以上にヘビーな内容。
爽快感を味わえるような場面はないし、親の仇や不条理な裏切り等の分かりやすく盛り上がるような要素も今のところはない。一応主人公マナの成長物語的側面もあるが、大半の登場人物は憤懣やるかたない思いを秘め、血と泥にまみれた最前線や容赦なく報復の対象となる一般市民らが描かれる。
つまり複数の視点を交差させ、無慈悲な戦争そのものが描かれるわけなのだが、更に女性的或いは母性的感覚が加味されているところにこそ本作の魅力があるのでは。
例えばこの巻では異形の転送器官であっても胎内に宿すことにより実際の胎児と錯覚に陥る、というエピソードがあるのだが、これなど男には絶対に発想できないものだろう。

伏線も様々に敷かれ今後も更に盛り上が
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 氏の作品「天顕祭」の受賞や称賛は伺って居りましたが、私にとって当初白井弓子氏の印象はぶんか社ホラーアンソロジー「トカゲ」の表紙とショートストーリーの作家さん、と言う偏った物でした。
 集英社の雑誌、「アオハル」で氏のハードボイルドなSF読み切り「ノックアウトボディ」を読み驚愕、本誌を購入致しました。
 硬質な絵と緻密な考証で描かれた極めてハードSF的な内容ですが、設定の根幹を為す「なぜ惑星の生物『ニーバス』を胎内に宿せば物質を瞬時に転送出来る能力が宿るか」は説明されていません。
 でもそれが気に為らない程に細部が描き込まれて居ます。
 超能力の代償として、当初は子宮に異物を宿す身体的なダメージが多く取り上げられて居ましたが、本巻より転送中の空間に現れ、能力者を冥界へと誘う幻、「甲殻機動隊」のゴーストや、「砂の惑星」シリーズの亡霊の様な『赤毛』の登場により、主人公オーガの先行きに更なる影を落とす事となり、益々目が離せません。

 この様な才能が20年も同人誌界でのみ知られていたとは俄かには信じられませんが、最近では実に痛快な事でした。

 素人同然の若者達を集めて鍛え上げる教官にして優秀な現役兵士でもあるアルメア一等軍曹は、ここ数年の漫画の中でも最優秀な助演キャラクターです。大推薦です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cozaic VINE メンバー 投稿日 2011/2/3
形式: コミック
1巻で転送兵としての訓練を積んでいたオーガ達が,血みどろの戦場へと送り出されていく第2巻。
好転する見通しのない戦況。時間を空費するだけの和平交渉。救いのない1次移民にとって,最後の切り札であり最大のアドバンテージである特別転送隊。そして,座標空間内に現れる「赤毛」。
2巻では世界観についての説明も若干多くなり,背景が見えだしてきてます。うすらぼんやり,程度ではありますが。

そして,2巻を読むまであんまり意識してなかった事実。
転送兵は,子宮の転送器官が育ちすぎる前に転送器官を摘出しなければならない。
つまり,どんなベテラン兵でも連続40週を超えて戦うことはできない。また移植を行い,転送器官が育ち始めるまでは。

1巻でも語られてはいましたが,これはつまり新兵だろうと何だろうと,半年も経たないうちに部隊内での「先輩」を必ず失う,ということ。
ルーキーでいることすら許されないオーガ達。40週を生き延びた先に何が待ってるんでしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告