Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0
(税込)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[白井弓子]のWOMBS(1)【期間限定 無料お試し版】 (IKKI COMIX)
Kindle App Ad

WOMBS(1)【期間限定 無料お試し版】 (IKKI COMIX) Kindle版

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 700 ¥ 1,284

紙の本の長さ: 256ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

※2017年5月11日15:00までの期間限定無料お試し版です。2017年5月12日以降はご利用できなくなります。キャンペーン期間終了後もお楽しみいただくには、通常版(有料)をご利用ください。
▼第1話/入隊▼第2話/訓練開始[-3週]▼第3話/ネスト[-2週]▼第4話/移植[0週]▼第5話/拒絶反応[3週]▼第6話/座標空間[3週]▼第7話/犬の日[6週]▼第8話/出撃[8週]

●主な登場人物/マナ・オーガ(徴兵され特別転送隊に配属された新兵。故郷に家族と恋人を残してきた)
●あらすじ/歪な月に照らされる惑星・碧王星。漂流の末たどり着き土地を開拓してきたファースト(第一次移民)と、後からやってきて正規移民を名乗るセカンド(第二次移民)との間で激しい戦争が続いていた。ファーストの一国・ハストに暮らすマナ・オーガは、徴兵され特別転送隊に配属される。いまだその実態がつかめぬ“転送兵”として、過酷な軍隊生活が幕を開けた(第1話)。
●本巻の特徴/碧王星の統治権を巡り、戦争を続けるファーストとセカンド。卑劣な攻撃を繰り返すセカンドに対し、ファーストたちは大いなる森の主“ニーバス”の体組織を子宮に入れた女性の“転送兵”が活躍する。碧王星の至る所に瞬間移動が出来る“転送隊”に入隊したマナ・オーガの運命は…!? 圧倒的な画力で見るものを引き込む、白井弓子渾身のSFストーリー!!
●その他の登場人物/アルメア軍曹(特別転送隊の特技一等軍曹。現役の転送兵であり、新兵の指導教官も務める)、サウラ中佐(マナとアルメア軍曹が所属している第一特別転送隊の隊長)、ニコルズ軍医(転送隊員の検査や“転送器官”の移植などを担当する)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 60267 KB
  • 紙の本の長さ: 261 ページ
  • 出版社: 小学館 (2010/1/29)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06Y2V5R5M
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
前作「天顕祭」も今作も、圧倒的な世界観で怖いほどにリアル。

移民同士の土地の争奪戦が話の軸の戦争ものだが、主人公のマナが配属されたのは妊婦だけの謎の特殊部隊。

正確には、妊婦ではない。
空間移動能力を持った生物「ニーバス」を、子宮で育てる。腹が膨れるため、妊婦に見えるのだ。

一般市民だったマナが、自らニーバスと運命をともにする戦士に育て上げられていく様は、
同じ女性としてぞっとする。
しかし目が離せない。

続刊が本当に楽しみな、お勧めの一冊です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
「天顕祭」で本格的な和風ファンタジーを作り上げた彼女。
あの作品もSFの匂いのする骨太な内容でしたが、本作では更にその辺を掘り下げています。
まるで往年のハヤカワ文庫やSF少女漫画のようで、古参のSFファンには嬉しい作品です。
既に“戦争”が起きている世界で、ごく普通の一般人が精鋭の“転送兵”として育てられて行く様は、さながら女版「宇宙の戦士」といったところ。
SFには欠かせない世界観の構築は、とても丁寧に描かれています。
主人公の成長と共にこの世界の謎が明かされていく様子は、読んでいてドキドキしますね。

ただ、この作者の絵は非常に癖があるので、その辺は若干好き嫌いが分かれるかもしれません。
キャラクターの描き分けも1度読むだけでは少し分り辛いのですが、この辺はSFを読みなれた人であれば苦労はしないでしょう。

マニアックなのであまり誰にでも勧められる作品ではありませんが、古いSF小説が好きという人にはピッタリ。
まだまだSFの火は消えていませんね。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読み始め、話の内容に正直引いた。
しかし、読み進めるにつけ、感覚的によくわかるな。と思った。
妊娠中は五感がまるで変わるので、おなかの子を通じて他の世界につながっているような感覚は、確かにある。妊婦だけ「飛ぶ」ことができるというのはよくわかる。
今も時々見る妊娠中の夢は、喜びと期待の半面、張り付いた不安感と、使命感、どこか血のにおいがして、この作品に流れる雰囲気と非常に似ている。これは妊婦の不安な夢なのかもしれない。この「感覚」が非常によく描かれていると思う。
登場する女性たちは厳しい状況にも極めて前向きで、生き抜くことに懸命だ。彼女たちのひたむきさが絵からひしひしと伝わってくる。独特の世界にどっぷり引き込まれて、次も是非読んでみたいと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cozaic VINE メンバー 投稿日 2010/2/9
形式: コミック
地球ではないどこか。二次移民によって一次移民が駆逐されている時代。妊娠中だけ空間を転移する能力を持つ現地生物の体組織を,自らの子宮に移植し「飛ぶ」能力を手に入れる,「特別転送隊」に入隊した女性の物語,です。

戦争の持つ暗さや重さをじっとりと含んでいる作品です。自分たちが開拓した土地を奪われ,追い詰められていく一次移民。人体実験に等しい移植と「特別転送隊」初期の運用。こういった設定は,今地球上のあらゆる所で起きている紛争やテロを思わせます。

それでいて,読んでいて感じる力強さは暴力的なものではなく,ましてや狂信でもなく,表現の仕方が難しいですが「子宮を持つ者の強さ」という気がします。出産経験のある女性に感想を聞きたいなーと思いました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
第1巻目次
  * 入隊
  * 訓練開始[-3週]
  * ネスト[-2週]
  * 移植[0週]
  * 拒絶反応[3週]
  * 座標空間[3週]
  * 犬の日[6週]
  * 出撃[8週]
  * 特別転送隊資料ファイル

白井弓子初期短篇集」「天顕祭」と読んできましたが、今までとは一転してハードSFな内容になっていました。思わず昔読んだロバート・A・ハインラインの「
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover