通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
WILL (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

WILL (集英社文庫) 文庫 – 2012/3/16

5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 668
¥ 668 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • WILL (集英社文庫)
  • +
  • MEMORY (集英社文庫)
  • +
  • MOMENT (集英社文庫)
総額: ¥1,791
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

累計30万部超のベストセラー『MOMENT』の待望の姉妹編。『MOMENT』の主人公・神田の幼馴染の女性、葬儀屋・森野の視点で描かれる本作は、前作のラストから7年後の物語。18歳のときに両親を事故で亡くし、家業の葬儀屋を継いだ森野。29歳になった現在も、古株の竹井と新人の桑田、2人の従業員とともに、寂れた商店街の片隅で店を経営する。アメリカに住む幼馴染の神田とは、時折電話で話をする。かつて甘美な関係を築いた彼との今後については、彼女自身が結論を先送りにしたままだ。日々淡々と、社長としての務めを果たす森野のもとに、仕事で関わった「死者」を媒介にした、数々の不思議な話が持ち込まれてくる――。森野葬儀店に依頼された、高校の同級生・杏奈の父親の葬儀。その直後に安奈のもとに届いた“死者からのメッセージ”。一度家族のもとで執り行われた老人の葬儀を「自分を喪主にしてやり直して欲しい」と要求する女。十数年前に森野の両親が葬儀を行った男性の妻の元に通いつめる“夫の生まれ変わり”の少年――「死者」たちが語ろうとするものは何なのか? それぞれに潜む「真実」を、森野は探っていく…。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

11年前に両親を事故で亡くし、家業の葬儀店を継いだ森野。29歳になった現在も、寂れた商店街の片隅で店を続けている。葬儀の直後に届けられた死者からのメッセージ。自分を喪主に葬儀のやり直しを要求する女。老女のもとに通う、夫の生まれ変わりだという少年―死者たちは何を語ろうとし、残された者は何を思うのか。ベストセラー『MOMENT』から7年、やわらかな感動に包まれる連作集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 363ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087468046
  • ISBN-13: 978-4087468045
  • 発売日: 2012/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,718位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 skipman 投稿日 2012/3/17
形式: 単行本
本多孝好の本は全て読んでいる。最近のチェーンポイズンや正義の味方も、勿論楽しく読めた。ただ、その後に出版されたこの作品を読んで、「あぁやっぱりこれだ」と思った。これこそ本多孝好の真骨頂。短編を繋いだような構成と、人の価値観や心の動きを巧みにわかりやすく表現した文体。主人公の変わり者ぶり。所々見られる歯がうくような恋愛表現。本多孝好の本は、やっぱりこうじゃなきゃ!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 店頭で見つけた瞬間レジに持っていきました。7年待ってたよ。前作の主人公は神田だったが、今回は森野と、葬儀屋の人々である。森野についてあまりはっきりした印象はなく、つかみどころが分かりづらかったのだが、森野の一人称を基本として薦められていく本書では、森野のことが分かりすぎるくらいだ。

 本作では森野がどんどんこっち側の普通の人間に思えてきて、本作では大学を卒業しアメリカに行ってしまった神田がむしろ遠い存在に思えるのは、前作と視点を真っ向から変えたことで得られる感覚だろう。単純に続きのお話を、そのストーリーとしての魅力もさることながら視点を変えることで心の動きを鮮明に表現することが出来ているし、前作を読んだファンの楽しみを満たすには十分だ。前作からの7年という時間も、子どもの部分が残っていた時代から、大人として地に足を着けて歩んでいるという、たしかな成長を感じられる。大人になって変わる部分変わらない部分を堪能できるのは単純にファンとして楽しい。単純な続編というだけでなく、時間をきっちり区切っていること、語り部を変えるだけでここまで楽しめるのかと思う。むしろ別物と思って読んだ方が自然なのだな、と思えるから面白い。

 大きなポイントだと思っているのは、前作は死を前提にした心の動きを書いたものであったと思うが、本作は経験した死とどう向き合うか、で
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この作品についていろいろとご意見・ご感想は人それぞれあるとは思いますが、自分は好きですね。

本多孝好さんの今までの作品をひととおり読みましたが、読み終えた後、何かあたたかさが残ります。『WILL』では特にその感じが強かったように思いました。

森野の名前も素敵でした(^_^)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hit4papa トップ1000レビュアー 投稿日 2016/7/23
形式: 文庫
『WILL』は、高校生の頃、両親を亡くし家業の葬儀屋を継いだ女性 森野が主役の連作短編集。『MOMENT』から7年たち29歳となった森野、『MOMENT』の主役 神田の”いま”を読むことができる。前作を読まなくても楽しめるのだが、森野、神田 二人の関係性を知っていた方が、涙腺崩壊確率はUPするだろう。

森野の葬儀屋で葬式を出した方々が、不可思議な出来事に見舞われている。親族、そして死者の魂に安らぎを取り戻すべく、森野はその出来事の真相を明らかにしようとする ・・・ というのがそれぞれの短編の大まかな流れ。決して、スーパーナチュラルなお話ではないので誤解なきよう。

森野が解き明かす謎は、人の思いに深く根差している。が、泣けない。心温まるお話であるがさっぱり泣けない ・・・なんだ大したことないな ・・・と油断したら、最後の最後でやられてしまった。

あぁ、そっちから攻めてくるんだ ・・・ 納得(書きたいがこの辺を書いたら興ざめになるだろうな)。とってもキュートで、ステキです。ラスト2行 森野の下の名前が明らかになるあたりで、アカン状況となった。

本作品で気になる点をあげるとすると森野の男言葉だ。前作から違和感を感じていたのだが、心の声とのギャップで表向きのクールさと裏腹の繊細さを演出しているのだろうか。ここには、あざとさを感じてしまうのだが、どうだろう。泣かせたろうに素直に乗っかった方が心地良いのかもしれないな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 bal 投稿日 2012/5/5
形式: 文庫
少しだけ残念だった。
MOMENTという作品で、神田という男が主人公の物語にあまりに恋してしまったせいかもしれない。
森野を主人公にする視点はいいけど、正直、主人公としての魅力は神田の方があった。

物語の展開も伏線をはるのはいいけれど、佐伯家にこだわり過ぎだとも感じた。正直、昔の氏ならば一章で納めてしまう話をムリに広げてしまった感じがして心地良くはなかった。

けど、それでも、最後のエピローグで泣いてしまった。
クソって思った。正直、ただ、このエピローグを書くためにこの本を書いただけだろ!っても思ってしまった。けど、良かった。
MOMENTが好きだった人に贈る最高の後日談。同時に、最高の未来のお話。胸が熱くて切なくなる、そしてやっぱり死について、裏返して生きることについて考えることが出来る・・そんなお話。

個人的には、仕事にちょっと疲れた人に読んでもらいたい愛のお話。あなたに、ぜひ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック