中古品
¥ 747
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。両表紙に保管時の擦れ、微傷がありますが、本文中身良好で、中古本としては、良い状態です。★送料無料★Amazonより丁寧な梱包にて、迅速に発送いたします。また、お急ぎ便も利用可能です。★Amazon専用在庫につき、売り切れはございません。★バーコード部分のAmazon管理シールは、きれいに剥がせるタイプのシールを使用しております。★不備がございましたら、誠意を持って対応いたします。安心してご検討いただければ、幸いでございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

WBC 侍ジャパンの死角 単行本 – 2013/6/18

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,622 ¥ 469
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

メジャーリーガー抜きで結成された侍ジャパンは、緻密な野球を武器に準決勝までコマを進めた。しかしそこに待っていたのは、意外な落とし穴だった! 名参謀が明かす侍ジャパンの真実。


登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 角川書店 (2013/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404110484X
  • ISBN-13: 978-4041104842
  • 発売日: 2013/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 279,861位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
敗退が決まった後、マスコミの何の根拠もない捏造された報道などで首脳陣が批判されていましたが、この本を読むと、実際に山本監督やコーチ陣が何を考えていたのかがよく分かります。最初の方には高代コーチが岡田監督と共にオリックスを去った際の球団とのやりとりがあり、球団のあまりにも礼節を欠いた行動などの真実も書いてあり、オリックスが落ちぶれた理由もよく分かりました。1度読み始めると、止まりませんでした。野球好きの方にはお薦めです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
野球ファンをTV前に釘づけにしたWBC。
メディアやファンから、今回ほど色々な意見が出た回はなかったのではないかと思います。
井端選手のシブイ打撃が非常に印象に残り、そして、あのシーンでのダブルスチールと
準決勝での敗退が決まった時の残念な気持ち。
この本を読みながら、それらのひとつひとつを思い出しました。
当事者として書けること、書けないことがあるのでしょうが、それを差し引いても面白かったです。
野球ファンにはおすすめな1冊。
特に、あのダブルスチールの裏側を知りたい方に。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
選手選考から、地に這ってサードに糸井を止めたパフォーマンス、そしてあのダブルスチールのサイン、etc...
気になっていたあの大会の全ての事が書かれています。

さすが、「日本一のノッカー」,「日本一のサードコーチャー」の異名を持つ高代コーチだけあって、
繊細かつ鋭い視点で、選手選考〜強化試合〜キャンプ〜WBC本戦を振り返りっていきます。
各過程においてのエピソードも興味深く、スリリングな野球ノンフィクションといった感じで一気に読んでしまいました。

また、山本浩二監督はじめ、無能扱いされていた首脳陣ですが、この本を読む限り山本監督の男気はかなりのものと思わされましたし、
コーチ陣の結束,信頼関係の強さがよく伝わってきたのが印象的でした。
そして、ところどころに挿入されている、NPB,侍ジャパン,WBC運営に向けての提言も的を得ており納得させられました。

マスコミの報道に踊らされる前に読むべき一冊だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
2009年のWBCでの優勝を内側から語った『WBCに愛があった』が名作だったので、それ以来高代コーチには注目していた。あの大会で高代コーチは「世界一のノッカー」という評価を得た。そして、守備走塁コーチとしての力はドラゴンズ時代の実績からも明らかである。

しかし、2013年のWBCは前回とは逆に辛いものとなってしまった。メジャーリーガーなしでベスト4というのは悪くない成績なのだが、内容に不満を持ち首脳陣へのバッシングをする者が多かった。その一方で、台湾戦に勝った時はかなり盛り上がった。その、注目された2試合でわかったのは盗塁の難しさだ。だからこそ9回2アウトから走った鳥谷が絶賛されているのだろう。

そして、本書は井端の『土壇場力』と合わせて読んでほしい。どちらにも、新人時代の井端と彼の守備を鍛え上げた高代コーチの話が載っていて、双方から語られているからだ。高代コーチなくして、井端が代表に選ばれるほどの選手になることはなかっただろう。

また、このたび高代さんの阪神タイガースのコーチ就任が発表された。阪神は良い選手の揃っているチームであるし、高代コーチが指導する鳥谷・西岡の二遊間コンビが今から楽しみだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告