通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
W/F ダブル・ファンタジー がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

W/F ダブル・ファンタジー 単行本 – 2009/1/8

5つ星のうち 3.1 85件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,831
¥ 1,831 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • W/F ダブル・ファンタジー
  • +
  • 星々の舟 Voyage Through Stars (文春文庫)
  • +
  • 放蕩記 (集英社文庫)
総額: ¥3,332
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

奈津・三十五歳、脚本家。尊敬する男に誘われ、家を飛び出す。“外の世界”に出て初めてわかった男の嘘、夫の支配欲、そして抑圧されていた自らの性欲の強さ―。もう後戻りはしない。女としてまだ間に合う間に、この先どれだけ身も心も燃やし尽くせる相手に出会えるだろう。何回、脳みそまで蕩けるセックスができるだろう。そのためなら―そのためだけにでも、誰を裏切ろうが、傷つけようがかまわない。「そのかわり、結果はすべて自分で引き受けてみせる」。


登録情報

  • 単行本: 496ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2009/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163275304
  • ISBN-13: 978-4163275307
  • 発売日: 2009/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 45,113位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
レビューを読むと、賛否両論あるようですが
わたしは眠気も吹っ飛んで夜中に一気読みしました。

性描写が作品の軸になっているように取りざたされていますが
わたしは主人公・奈津が、夫・省吾と築いた10年の日々と、
自分にとっての「楽園」が崩壊していく辛さ・寂しさが
胸に迫ってきて、息苦しくなるほど切ない小説だと思いました。

誰かが功成り名を遂げたとき、
それを支えてくれている“味方”が
気づいたら“敵”になってしまう恐ろしさを描いた意味では、
ホラー小説のような戦慄を覚えます。

かつてジュリア・ロバーツが主演した
『Sleeping with enemy』という映画がありますが、
“敵”と寝ることを拒み、孤独の代償を負っても
一人で生きることを選ぶことを
奈津に余儀なくさせた夫との生活、
そして、心の赴くままに生きようとしても
自分の思いに応えてくれない
志澤を初めとする、想い人たちへの焦燥。
その煩悶に苛まれる苦しさ。

省吾の独善、志澤の豹変、岩井との齟齬、そして大林の執心・・・。
この作品の中には、男性主役の都合のいい官能小説のように
...続きを読む ›
1 コメント 141人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
主人公の奈津を通して作者が何を言いたいのか、よくわかりませんでした。

女の自立というには奈津は最初から自力で充分に稼いでいるし、
官能小説というにはラブシーンはまったくそそらないし、
母娘の葛藤というには母の影はごく薄いし、
夫に稼ぎがないがゆえに夫が主導権を握るという形の束縛も目新しくはない。

女から見た性愛という側面も強調されていますが、
ジャンプノベル出身だからでしょうか、作者の描く女性はいつも男目線です。
肌はなめらかで、骨細で、でも胸は大きくて、感度が良くて・・・
奈津が自分の性欲を強調しようが、男の勝手なセックスを冷静に分析しようが、
彼女の持つ都合の良すぎるカラダでは女の性は描ききれない気がします。

★を1つ増やして3つにしたのは、岩井との関係に胸が締め付けられたから。
妻子ある岩井との、親友兼恋人を自称する白々しい関係に嫌悪感を感じる人のほうが
多数派だろうとは思いますし、二人の行動に共感の余地はありません。
でも、わたしには必死で予防線を張る二人が痛々しかったし、
岩井が"なっちゃん"と呼ぶたびに泣きそうになりました。
奈津の気持ちが愛情に変わりかけていることに気づかないふりをする
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
村山由佳さんの作品は初めてでした。週刊文春連載中も読んでいませんでしたがつい最近ふとしたことから作品の存在を知り、主人公が自分と同世代ということで興味を惹かれて手にとりました。

感想...非常に自伝的要素の強い作品だと感じました。ここまで自伝的でいながら最後までぐいぐいと読ませる筆力はさすが。ラストの花火のシーンの美しさと哀しさの余韻もよかった。初めての作家の作品を読むときはかなり懐疑的になるのですが、この作品は引き込まれました。ただ、主人公の「奈津」は決して特殊ではないと思います。同じようなことをしているか、同じことをしたいか、共感できるかどうかに関わらず、彼女の心身が求めるものは同じ世代の女性であれば容易に理解できるものではないでしょうか。また、性的な描写に注目が集まっているようですが、そこまで特殊な世界や体験を描いているわけでもなくごく普通の一般的な30‾40代の女性の性に対する姿だと思いました。

唯一気になったのは、作者は自分が特別だと思っているわけではないかもしれないけれど、なんとなくそう思っているような感が作品全体から漂っている...つまりナルシズムと自分大好きオーラが感じられること、でしょうか。あんなに優等生だった自分がこんなことしてるよっていうのに酔ってるように見えるというか。母親から受けていた縛りからの開放、というテーマ
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 MOE 投稿日 2009/12/29
形式: 単行本
奈津が心酔し、長い間その存在の支配下に置かれてしまう志澤だが、
56歳にもなってメールの署名が「狼」だったり、文面が俺様口調だったり、
内容が無頼派気取りだったりと、もうそれだけでアイタタタなオヤジで、
なんでこんな底の浅い自意識過剰な俗物をここまで好きになれるかな、
この主人公アホちゃうかと思えてきて、途中まで奈津に感情移入できなかった。

いや、志澤という男がイタいのではなくて、そういう男を魅力的だと思い込んで
書いている作者のセンスがイタいのだ。

雑誌編集者の杏子との会話も、こじゃれたドラマのよくあるパターンのようで、
いかにも大人のいい女ですといった雰囲気を振りまいているのが鼻についた。

結末も、女ひとり自立して生きて行くみたいな感じがありきたりで、
この小説で新しさを感じるところは特になかった。

出張ホストや僧侶とのセックスは会話が充分なくてよくなかったというような
ことを奈津は杏子に言うが、その割には愛した男たちと実のある会話をして
いるかというとそうでもなく、肉体的な描写ばかりで男たちとの精神的な
つながりがほとんどなかったのが物足りない。

文学賞を三つも取るような内容かと正直思う。

唯一よかったのは夫・省吾との関係の描き方。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック