この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Viva La Vida Or Death & All His Friends [Analog] Import

5つ星のうち 4.1 122件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 8,455より 中古品の出品:2¥ 8,114より

この商品には別のバージョンがあります:

Late Night Tales
¥ 1,820
(1)
在庫あり。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の コールドプレイ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • LP Record (2008/6/17)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Capitol
  • ASIN: B0018RWM9G
  • EAN: 5099921696510
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 122件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 372,130位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
3:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:56
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
42
42
3:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
6:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
Yes
Yes
7:06
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:02
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
4:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
6:18
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

Amazonレビュー

To say there has been a lot of anticipation for Coldplay’s fourth album, Viva La Vida, is an understatement. Having enlisted legendary leftfield producer Brian Eno, borrowed their album title from a painting by renowned Mexican artist Frida Kahlo and made tantalising remarks about sonic reinvention, the world has been curious (to say the least) to hear what the ‘new’ Coldplay might sound like. Viva La Vida definitely makes some departures from the band’s usual formula, which happens to be one of the most commercially successful rock-pop blueprints of recent years. The plangent chords, emotive melodies, stadium-rock rhythms and universal lyrical concerns remain, but Martin and co. have gone out on several limbs here, incorporating instrumental tracks ("Life In Technicolour"), using subtle North African and Latin elements ("Yes", "Strawberry Swing"), and overhauling previously strict verse-chorus-verse structures in favour of slightly more avant arrangements. The old Coldplay still shine through (see tracks like "Violet Hill" and the title song) but even their classic sound feels more muscular and confident. The band’s new flourishes, cosmetic and self-conscious as they may be, are enough to make Viva La Vida a welcome break from the old routine--Danny McKenna


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
Viva La VidaでColdplayの虜となり、以前のアルバムもすべてそろえました。やっぱりどう考えてもこのアルバムはすごい。確かに前の三作とはだいぶ変化してますが、それがいい方向で変化してる。変化っていうより、むしろ進化!今までのColdplayの音を維持しつつも、新たなジャンルを開拓する。それでいてクオリティーは維持どころかレべルアップしてる。並みのバンドじゃ無理です。今のColdplayは才能、経験、プロデューサー全部が恵まれている。さすが21世紀でもっとも成功しているバンド。内容は七曲目を中心に曲が循環してる感じです、事実一曲目の最初と十曲目の最後は同じサウンドだし。主役はViva La Vidaだけど捨て曲は一切ナシ。ジャンルを問わず音楽が好きな人は聞いてみてください。早く五作目出ないかな。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
アルバムで物語を奏でているように、1曲1曲はすべて繋がっていて、
途中から1曲を聴くようなアルバムではありません。
デヴィッド ボウイの「ジギースターダスト」や、
U2の「ヨシュアツリー」を聞いたときと同じ感覚でした。
完成された作品ですね。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
すばらしすぎます。アルバムが一つの人生の始まりから終わりを表現しているような感覚です。とても壮大な人生ですね。
いまだに週三回は通しで聴くほど好きです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ahasuerus 投稿日 2010/5/29
形式: CD
iTunesに採用された特大ヒット曲が収録された転換作。
そのViva La Vidaはバンドの音がほぼ鳴っていないのに、他の楽曲はオーソドックスにバンドサウンドでまとめてある。
シングル曲に釣られて買った人は、消化不良になってしまいそうだ。
実際、Viva La Vida以外は何とも地味な佳曲が続く煮え切らないアルバムである。

イーノと組んだはいいが、コンセプトに迷いと試行錯誤の色が濃い。
まんまU2といった感じのLovers in Japan 、笑っちゃうぐらい忠実にシューゲイザーサウンドを再現したChinese Sleep Chant、いつものオマージュ路線も健在。
ただ、全体的に非常に散漫でとりとめがない。
既出のエレクトロニカ作品をサンプリングした隠しトラックのような終曲など、聞き所もそれぞれバラバラ。
それだけバラエティに富んでいるとも言えるのだが、小粒で淡白。

しかし、流し聴きするにはとても心地良い作品だ。
BGMになるって言われても喜ばないかもしれないけど、程良く盛り上がり、程良くスパイスも効いており、いつまでもループ出来る。
作業用BGMには最適の作品。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yuutabuck 投稿日 2008/6/16
形式: CD
私はミュージシャンではないので、
細かな技法や知識は知りませんし、評価できません。

しかし、このアルバムに
一生のうちで出会えた事は、本当に良かった。

そう思わせてくれた作品。

色々な人がこの作品に色々言うのだろうけど、
心の底からそう思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
コールドプレイを売れているから、という理由だけで毛嫌いする人がいるが、
音楽を純粋に好きな人でこのアルバムを嫌いな人なんているのだろうか。
それだけの圧倒的なクオリティーとロマンが詰め込まれたアルバムだと思う。

前作は決して駄作ではないが、正直アルバムとして散漫な印象があり消化不良な感は否めなかった。
今作も曲ごとに様々なアプローチはしているのだが、前作と違い
音の細部まで消化されている印象をうけた。

前作と今作を経てコールドプレイというジャンルの音楽を確立したように思う。
これは本当に凄いことだ。
今回表現に取り入れていた中近東あたりの音楽との相性も非常に良く、
更なるステップアップを期待してしまう。

今年も様々な音楽を聴いてきたが、メジャーバンドとしての圧倒的な実力を
見せつけられた1枚だった。
反グローバリズムの流れを受けてか、最近は音楽でもインディー的”外し”のニュアンスとセンスをもったバンドが注目されているが、このように真っ正面からメジャーであることと勝負しているコールドプレイの音楽はなんて力強く、潔く、心に響いてくるのかと感心させられた。これからますます貴重な存在になっていくのではないかと思う。

特定のジャンルやスタイルではなく、”音楽が好き”という人は聴いて損しないアルバムだと思います。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック