Viva La Revolution がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、ケースや盤面に擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 523500
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,710
通常配送無料 詳細
発売元: Route 77 (365日毎日発送、代引、コンビニ決済、ATM払等も可/海外発送対応)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Viva La Revolution

5つ星のうち 4.8 42件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 2,710 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 422 (13%)
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
【50%OFFから - デジタルミュージック】a-nation主演アーティストアルバムセール (2016/8/30まで)
浜崎あゆみ、倖田來未、AAAほか、 8/27に開幕するライヴイベント「a-nation stadium fes.」に出演するアーティストのアルバムを8/30までプライスオフで配信中!今すぐセールページを見る

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の Dragon Ash ストア

ミュージック

Dragon Ashのアルバムの画像
Dragon AshのAmazonアーティストストア
48 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Viva La Revolution
  • +
  • Lily of da valley
  • +
  • Buzz Songs
総額: ¥8,723
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1999/7/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 71 分
  • ASIN: B00002DDAT
  • EAN: 4988002388561
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 4,331位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Intro
  2. Communication
  3. Rock the beat
  4. Humanity(album version)
  5. Attention
  6. Let yourself go,Let myself go
  7. Dark cherries
  8. Drugs can′t kill teens
  9. Just I′ll say
  10. Fool around
  11. Freedom of Expression
  12. Nouvelle Vague #2
  13. Viva la revolution
  14. Grateful Days
  15. Outro

商品の説明

商品の説明

1999年:ビクター

Amazonレビュー

   悩みや恐れに惑わされないで、力強く生きようとメッセージするサードマキシシングル<6>のブレイクによって注目を集めた、降谷建志率いるDragon Ash のサードアルバム。高らかなホーンが鳴り響くオープニングのインストから、一気にヒップホップ色の強いナンバーをノンストップで収め、レゲエ調の<7>に続く、パワフルなドラミングのハイスピードチューン<8>からラストにかけては、パワフルなロックサウンドを披露。日本中の期待を集めた、1999年を代表するヒットアルバム。(武村貴世子)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
1970年代にNYのブロンクスで発祥した黒人文化HIPHOPは1990年代から日本でも徐々に文化として受け入れられるようになっていった。

キングギドラ、ブッダブランド、スチャダラパー、EASTEND、DA PUMPやTRF等が日本のヒップホップシーンの土台を根付かせてはいたがスラムや貧困や人種差別の少ない日本人の感覚ではヒップホップはあくまでもサブカルチャー的な壁があったりアイドル商業マーケティングが先に来てしまい寒い事になったりとまだまだ発展途上のシーンだった。

90年代後半、ドラゴンアッシュのファッショナブルなビジュアル、キャッチーなメロディラインとストレートでメッセージ性が強くかつライムのきいたフロウは今までヒップホップを聴かなかった層に「HIPHOPはかっこいい」という感覚を湧き上がらせ、完全に日本の音楽シーンにラップミュージックを定着させた。

しかし同時にリアルアンダーグラウンドシーンではドラゴンアッシュをワックだのダセーだのDISる輩も現れたが現在彼等のCDが聴かれてるのはドラゴンアッシュのお陰でありドラゴンアッシュが現れなければ、今なおマニアックなシーンでマニアにしか聴かれてなかった可能性も十分あり得る。

誤解を承知で言うと、そもそもギャングでもなくリズム感の悪い日本人が外
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最近、たまたま聴く機会があり、改めて素晴らしいアルバムだと感じましたので、レビューします。

1つ1つの楽曲はもちろん、アルバムとしても非常に完成度が高いCDです。いざ、購入してみると、シングルとして発売された楽曲しか聴かない(良いものがない)CDもありますが、このアルバムはシングル味収録の楽曲も良いです。また、曲順もよく考えられており、心地よく聴くことが出来ます。

ドラゴンアッシュの楽曲は、ヒップホップをベースにしながら、ロックやラテンの要素も取り入れた曲が多く、「ヒップホップはちょっと…」と言う人にも、「是非聴いてみて!」とオススメ出来ます。

「Just I'll say」
私が「Dragon ash」で一番好きな楽曲です。全編英語ですが、日本語訳もいろいろなサイトで紹介されており、歌詞の内容が分かると、さらに好きになる一曲です。是非。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sattyome 投稿日 2005/1/13
形式: CD
私が初めて買ったDragon Ashの作品が、この「Viva La Revolution」だ。
DAに出会った曲が、本作にも収録されている「Let yourself go,Let myself go」だったので、
この作品を聴くまで私の中には「DA=HIP HOP」というイメージしかなかった。
そんな私の様なリスナーの存在を見越していたのか、この作品はM6とM7の間でバッサリと趣が変わっている。
大まかに言うと、前半がHIP HOPチューンで後半がDA本来のロックチューンな訳だが、
「DA=HIP HOP」と思っていた私は、彼らの音楽性の幅広さにとにかく驚かされたものだ。
驚かされたのは、その音楽性だけではなかった。
TVにほとんど出ないのに凄まじいセールスを上げたこと、彼らが自分とほとんど変わらないハタチそこそこの年齢であること、
一見「ちゃらちゃらしている今時の若者」である彼らが発信するメッセージが、よくある恋愛感情ではなく、父や母への感謝であり、仲間や世代を鼓舞するものであったこと・・・。
そんな"意外性"が、私を彼らの虜にした。
そしてM13「Viva la Revolution」は、私にとってとても大切な曲になった。
 
 そう一人暗
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
時代の波にうまく乗ってノリノリだったぜ。シングル集みたいなもん。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
完成度は中途半端な印象が残るが、
この作品の存在意義だけを考えてみるととてつもなくすごいとしか言いようがない。

何しろ、日本音楽を根本から変えてしまったのだから。

この作品が1位を取り、そしてミリオンを達成してしまったとゆう事実は、恐らく20世紀の最後の最後に投下された核弾頭であったに違いない。99年はとにかく日本音楽にとって変革の年であった。

恐らく数年後には降谷建志の再評価が熱烈な歓迎とともに巻き起こっているだろう。
それほどまでにドラゴンアッシュの登場は日本音楽にとってエポックメイキングなことだったからだ。

99年以前に、いったい誰が邦楽のヒットチャートをヒップホップやミクスチャーが席巻し、
ライムやスクラッチといった言葉を日本のどの高校生でも知っているとゆう状況を想像できただろう?
彼らはアングラで燻っていたそれらの音楽がメインストリームで市民権を獲得する土壌を作ったわけだが、
それは田舎の小学生でも聴いて単純にカッコイイと思える最高の音楽なくしては不可能だった。しかし降谷建志はそれをやってのけたのである。

彼らが「ただ」のパンクバンドであるにも関わらずだ。
その後のスノッブな路線へ突っ走ってしまった彼らだ
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック