新品の出品:2¥ 5,074より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

Violin Concertos Import

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 5,074より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2010/7/27)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Import
  • レーベル: Bis
  • ASIN: B003V5CTDM
  • JAN: 0675754026479
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 1,356,764位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
コルンゴルトとドゥヴァリオーナスの協奏曲のカップリングCDという珍しい組み合わせ。

他のサイトでドゥヴァリオーナスの協奏曲は最高という話を聞いて、このCDを買いましたが、コルンゴルトの協奏曲の方があんまり元気がないというかメリハリが無いのに対して、ドゥヴァリオーナスの方はソリストがこの曲を好きなのか、同じ人とは思えないほど、バリバリ弾いています。

近代の作曲家の方ということでどんな不協和音なのかビクビクしていましたが、そんなことはなく全然ロマンチックで調性もあり大変きれいです。

3楽章より1楽章のラストが楽しく、繰り返し聞くほどにハマる感じです。

マイナーな作曲家でロマン派的な協奏曲が聞きたい方には是非、聞いていただきたい一枚です。
(コルンゴルト好きの方は別のCDをおすすめします)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/10/12
形式: CD
旧ソ連出身のヴァディム・グルズマンは、イスラエルで活躍するヴァイオリニストである。アイザック・スターンの秘蔵っ子で、ドロシー・ディレイらの薫陶を受け、1994年にはヘンリク・シェリング財団からキャリア賞を贈られている。ギヤ・カンチェリ、レーラ・アウエルバッハ、ペトリス・ヴァスクスなど、旧ソ連出身のコンテンポラリーな作曲家たちの作品の紹介に熱心に取り組むグルズマンにとって、かつて旧ソ連の人気曲だったバリス・ドヴァリョーナスの作品を取り上げることは必然だったのだろう。

演目は、エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲と、ドヴァリョーナスのヴァイオリン協奏曲だが、コルンゴルトの協奏曲はドヴァリョーナスの前菜である。伴奏はいずれもネーメ・ヤルヴィの指揮するハーグ・レジデンティ管弦楽団だが、ヤルヴィとドヴァリョーナスが同じリトアニア人ということもあって、ドヴァリョーナス作品の伴奏のほうが格段にヤルヴィの共感性が高い。
コルンゴルトの作品は、かつてはヤッシャ・ハイフェッツの愛奏曲としてのみ知られ、音楽評論筋からは映画音楽の剽窃に過ぎないと見做されてきたが、今日ではその映画音楽を基にした華麗な作風が聴衆の支持を集め、多くのヴァイオリニストがレパートリーに入れている。グルズマンはキビキビとした弓運びでこの曲のヴィルトゥオージティを十分に引き出し、ヤ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/11/23
形式: CD
旧ソ連出身のヴァディム・グルズマンは、イスラエルで活躍するヴァイオリニストである。アイザック・スターンの秘蔵っ子で、ドロシー・ディレイらの薫陶を受け、1994年にはヘンリク・シェリング財団からキャリア賞を贈られている。ギヤ・カンチェリ、レーラ・アウエルバッハ、ペトリス・ヴァスクスなど、旧ソ連出身のコンテンポラリーな作曲家たちの作品の紹介に熱心に取り組むグルズマンにとって、かつて旧ソ連の人気曲だったバリス・ドヴァリョーナスの作品を取り上げることは必然だったのだろう。

演目は、エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲と、ドヴァリョーナスのヴァイオリン協奏曲だが、コルンゴルトの協奏曲はドヴァリョーナスの前菜である。伴奏はいずれもネーメ・ヤルヴィの指揮するハーグ・レジデンティ管弦楽団だが、ヤルヴィとドヴァリョーナスが同じリトアニア人ということもあって、ドヴァリョーナス作品の伴奏のほうが格段にヤルヴィの共感性が高い。
コルンゴルトの作品は、かつてはヤッシャ・ハイフェッツの愛奏曲としてのみ知られ、音楽評論筋からは映画音楽の剽窃に過ぎないと見做されてきたが、今日ではその映画音楽を基にした華麗な作風が聴衆の支持を集め、多くのヴァイオリニストがレパートリーに入れている。グルズマンはキビキビとした弓運びでこの曲のヴィルトゥオージティを十分に引き出し、ヤ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Yamasan 投稿日 2015/4/25
形式: MP3 ダウンロード Amazonで購入
すっばらしいバイオリンです。 私のお気に入りはDvarionas。 
とっても情熱的! 思わず何度も何度も聴いてしまう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告