この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

Anna Vinnitskaya Plays Prokofiev Ravel Piano Conce CD, Import

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 14,254より 中古品の出品:3¥ 4,901より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2010/10/26)
  • SPARSコード: DDD
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: CD, Import
  • レーベル: Naive
  • ASIN: B003TH0COK
  • JAN: 0822186052389
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 262,327位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Sergei Prokofiev: Piano Concerto No. 2 in g minor, Andantino-Allegretto
  2. Scherzo: Vivace
  3. Intermezzo: Allegro
  4. Allegro tempestoso
  5. Maurice Ravel: Piano Concerto in G Major, Allegramente
  6. Adagio assai
  7. Presto

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
アンナ・ヴィニツカヤはアルゲリッチとまったくタイプが違う資質を持つピアニストだと思うが、この新星(まさに桁外れの才能!)を初めて聴いたレコード会社の人たちが強い衝撃を受け、過去にあったかもしれぬ類似の「フェノメナ」の記憶と並べることで、口をきわめてヴィニツカヤの目が眩むほどの才気と、そのインパクトを伝えたくなったということは理解に難くない。

「しかも、アンナは美しい!」と、エリザベート国際コンクールでのステージに登場した(だけの時点で)彼女の美貌に釘づけとなったという関係者の声を漏れ聞けば、受賞歴と演奏の内容は必ずしも一致しないと普段はうそぶいているような人間であろうと、嫌でも興味をそそられる。あわてて入手したヴィニツカヤのデビュー盤は、それがファーストアルバムであるということをいっさい抜きにして、ここ数年で聴いた音盤のなかでも屈指の演奏、驚愕のピアニズム、まさに「デビュー盤の頃のアルゲリッチにも匹敵する才能」を聴かせてくれるものであった。

こんな音楽性と曲の構築力を、この人はいったいどこから受け継いだのかと調べてみたら、留学したハン
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kmax トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/12
形式: CD Amazonで購入
ロシアの新生、アンナ・ヴィニツカヤのセカンド作。共演はギルバート・ヴァルガ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団。録音は2010年4月、ベルリンにてセッション収録。

ヴィニツカヤは09年リリースの第一作でプロコフィエフの「戦争ソナタ」を、またそれに先立つ来日公演ではその曲とともにラヴェルの「パヴァーヌ」も披露していたが、今回はおなじ作曲家のコンチェルト集(プロコフィエフは第二番)。よりスケールを増した表現が聴かれるものと、否応無しに期待が高まる。

一曲目、プロコフィエフの冒頭から、恐ろしくドライなタッチが印象的。旧くはアシュケナージ、近年ではキーシンとフレディ・ケンプの演奏が記憶に残るこの難曲を、ヴィニツカヤは冷徹なタッチで弾き進めていく。そして圧巻は第二楽章のスケルツォ。鋼のような打鍵には「容赦なし」の言葉が似つかわしい。

だが、彼女の真価は強打によるダイナミクスだけではない。一部ではその点のみを強調し、アルゲリッチのデビュー時と比較する声もあるようだが、これはまったく的外れだと思う。両者の差異はラヴェルの第二楽章で明確に聴き取れるので、興味のある方は是非聴き比べてみて欲しい。私見だが、ヴィニツカヤの個性は、ある種ロシア的とも言いたい「重いリズム」にあり、強靭だが軽やかなアルゲリッチとは好対照。むしろギレリスの正統的な後継者
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告