¥2,030
ポイント: 20pt  (1%)  詳細はこちら
通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

Vanity がカートに入りました

この商品をお持ちですか?

Vanity

5つ星のうち4.5 5個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, 2008/7/25 通常版
¥2,030
¥2,030
CD・DVD スタンプカード

Amazon の MISUZU ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 梱包サイズ : 14.09 x 12.63 x 1.37 cm; 80.32 g
  • メーカー : ALEX Enterprise
  • EAN : 4580262990098
  • 時間 : 53 分
  • レーベル : ALEX Enterprise
  • ASIN : B001DDT07C
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 5個の評価

商品の説明

内容紹介

MISUZUのファーストアルバム「ヴァニティー」には、彼女が独自に選曲した全11曲が収められている。アーティストとの出逢いがこのアルバムの動機になったと自身が語るように、pianoの安次嶺 悟をはじめsax 横山 貴生、bass 井手 厚、drums 岩高 淳、 そして、スペシャルゲストとしてguitar 竹田 一彦、まさに錚々たるメンバーだ。ジャズ界の癒し系ともいえる彼女のメロウな歌声をさらに魅力的に引き出している。 彼女は、広く歌われている曲より、あまり知られていない逸曲を発掘することに喜びを感じているようである。 "Vanity" や "It's Crazy" などもそのひとつ。 また、アレンジもほとんど自身が手がけ、"All Of Me "をボサノヴァのリズムにのせて ポルトガル語と英語の歌詞で歌う演出も心憎い。 このアルバムでの特筆したい聴き所は、ギターの名匠、竹田 一彦氏とのデュオ" The Good Life" 。 NYのアーティストと数多くの競演を果たした竹田氏の柔らかな響きのギター演奏は圧巻。

アーティストについて

大阪生まれ。 幼少のころ父親の仕事の都合でベルリンに滞在。 現地校に通い、生活習慣、メンタリティーもドイツ人化する。 当然の如く、音楽は3Bやモーツアルトを聴き、 手持ちのCDは、ほとんどクラシックだった。 ジャズを知るまでは・・・。 それも、そう昔のことではなく、 決定的なきっかけがあったわけでもない。 この数年の間、いつのまにかジャズの不思議な魅力に惹かれ、 歌ってみたいと思うようになった。 そして、何かを形に残したくなりCDをリリース。 ジャズに自然に導かれているような気がする。
I was born in Osaka. While I was at Elementary School, I, with my family, moved to Berlin, Germany. I was enrolled in, and attended a local German school. (At that time, there were very few Japanese and no Japanese Schools.). My lifestyle and way of thinking quickly became German. In those years I came to listen to the 3Bs and Mozart. As a result, my music library was almost totally made up of the classics. …..until I discovered Jazz. It wasn't so long ago that I made this discovery. It was not however, a singular event that created my love for jazz music. The attraction to the mystery and desire built up within me over time, to the point now where I have been inspired to sing and create my own jazz album. I felt a natural magnetism towards jazz.