通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★中古品のため本に若干の使用感があります。本文に書き込みはありません。全体的に良い状態です。★安心安全★365日★24時間★全国どこでも★Quick★迅速発送★Nyanko's General Store★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウ 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/2

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 1,842

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • VRコンテンツ最前線 事例でわかる費用規模・制作工程・スタッフ構成・制作ノウハウ
  • +
  • VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む (NHK出版新書)
  • +
  • 60分でわかる!  VRビジネス最前線 (60分でわかる! IT知識)
総額: ¥4,449
ポイントの合計: 294pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

費用感・人員構成・制作期間・運営ノウハウなどが丸わかり! 2016年は複数のVR用ヘッドマウントディスプレイの発売が予定されており、いよいよ“VR元年"が到来するとして話題を集めています。また、これまで開発者の間で盛り上がりを見せていましたが、ここに来てテレビ番組でも多くの特集番組が放映され、テーマパークでの常設展示、ネットカフェへの設置など一般消費者が触れる機会も多くなってきました。今後はますます、イベントやプロモーションをはじめとして、VRを利用したコンテンツが増えるものと思われます。しかし、VRコンテンツは従来の映像コンテンツとは異なり、制作ノウハウが確立されているものではありません。そのため、初めてVRコンテンツの企画を考える際、その予算や制作期間、スタッフ構成、開発や運営のノウハウなど、いろいろと知っておくべき情報があります。本書では、こうした企画時に必要となる情報について、実在の事例を基に解説します。コンテンツのプランナーのほか、ディレクター、プロデューサー、イベント担当者、マーケター、広報、同業者の実例を参考にしたいVR開発者など、幅広い方にお役立ていただけます。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、VRコンテンツを企画する際に必要な、けれどもあまり一般には知れ渡っていない「費用規模」「制作工程」「スタッフ構成」「制作ノウハウ」について、先駆者たちの事例を基にまとめたものです。2012年のOculus Rift(オキュラス・リフト)登場以来、コンシューマ向けのVR市場がにぎわってきました。しかし、VRコンテンツは従来の映像コンテンツとは違うノウハウや制作スキルが必要になるため、未経験の方にとっては想像のしづらい分野だと思います。本書では、コンシューマVRの黎明期から開発に携わり、多くのイベントを主催/出展し、TV番組などで技術支援も行ってきた著者が、多くの開発者やクライアントと触れ合うなかで得てきた知見を踏まえ、初めてVRコンテンツ制作を考えている方に向けてノウハウと参考事例をご紹介します。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2016/8/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798144592
  • ISBN-13: 978-4798144597
  • 発売日: 2016/8/2
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 206,883位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 こういった制作ノウハウを読者に提供する書籍は高いのが当たり前だが、2400円という値段が安く思えるぐらい充実している。

--------------------
■Part 1 VRを取り巻く状況
chapter1 なぜ、いまVRがアツイのか?
chapter2 VRコンテンツの仕様を考える
■part2  事例で見るVRコンテンツ
chapter3 実写系コンテンツ
chapter4 CG系コンテンツ
chapter5 周辺技術・ツール
chapter6 付録
--------------------

 私は実際にVRコンテンツを制作したかったので購入したが、制作の端緒はつかめたように思える。実際の編集をどうやる、撮影はどうやる、といったことがそれなりに細かく書かれている。とは言え、これでVR制作手法が1から10まで全部わかるといったことではないが、この本を端緒として研究を進めることはできる。発展途上にあるVRだが、たくさんのVR制作会社が紹介されていて、彼らの制作物を挙げて、制作期間や制作工程、使用機材などを紹介してくれている。だから私のような制作をしたい人間のみならず、VR映像の制作を発注する側にも有難い本かもしれない。
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 シーザー 投稿日 2016/10/16
形式: 単行本(ソフトカバー)
中小企業のVRの取り組みをCG・実写含めて20くらい紹介している。
企画・制作工程の記載はほとんどなく、全体的に内容が薄い。国内でこんなのやってます程度。人気のVRミュージアムの紹介が唯一の救いか。
ポルノ、オンラインショッピング、セラピー、事件・事故の検証、スポーツ、映画・動画、旅行、軍事、手術(医療)、宇宙開発など、多分野での取り組みを技術的に詳しく取材して欲しかった。
正直これで2400円は高いな。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ホントに最前線の事が取り上げられているが、上野の森美術館でやってた「進撃の巨人」の記載がなく残念。FAQでは、クライアントの横暴に悩むコンテンツクリエーターの苦労が滲み出ており、ブラック業者かと思ってしまう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告