¥ 2,376
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
VOL 2 (大型本) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

VOL 2 (大型本) 単行本 – 2007/4/26

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 750

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1724」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



159回芥川賞&直木賞 大賞作品発表!
芥川賞受賞 『送り火』 高橋弘希。直木賞受賞 『ファーストラヴ』 島本理生。 特集ページへ

商品の説明

内容紹介

今号の『VOL』の第一特集はベーシック・インカムです。前号の座談会(「政治とはなにか」)でもすでに示唆されていたように、このテーマは「政治」の可能性を考える。もしくは「政治」の継続を志向するうえで、いまや避けては通れない、非常に重要なテーマを議論していきます。
第二特集は、「『シネマ』をめぐって」です。日本では、80年代以降の独特な思想状況の中で、『シネマ』は、映画至上主義的な価値観で評価もしくは批判されたり、言及されている映画そのものに作家主義的に引っ張られるなどして、誤読されることの方が多かったのではないかと思います。もちろん、哲学的、映画論的に真摯なアプローチは少なくないですが、極論すれば、まだ『シネマ』を検証できる土壌がなかったのだと言えるでしょう。ですから、今回の特集および座談会では、翻訳を契機として、映画=世界であるところの『シネマ』について、その潜在性を様々な形で引き出していけるような議論ができればと考えています。また、緊急特集では、『大阪「長居公園テント村強制排除」から考える』や、『新しいアナーキズムの哲学』のインタビューを掲載しています。


登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 以文社 (2007/4/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4753102548
  • ISBN-13: 978-4753102549
  • 発売日: 2007/4/26
  • 梱包サイズ: 25.8 x 18 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 247,248位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2007年5月19日
形式: 単行本
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告