Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 4,104
ポイント : 41pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ヴイエムウェア株式会社]のVMware徹底入門 第4版 VMware vSphere 6.0対応
Kindle App Ad

VMware徹底入門 第4版 VMware vSphere 6.0対応 Kindle版

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 4,104 ¥ 3,780

紙の本の長さ: 680ページ

商品の説明

内容紹介

VMware vSphereは、多くの企業で採用されている仮想化基盤ソフトウェアの代表的存在です。企業システムの仮想化の普及に大きく貢献し、多くの特徴ある機能によって現代のシステムの運用の形を変えた製品でもあります。本年、VMware vSphereは久々のメジャーバージョンアップを果たし、vSphere 6となりました。今回は基本となる機能を大きく進化させ、サーバー、ネットワーク、ストレージのすべての分野での仮想化を実現できる多数の新機能を備えています。

今回の『VMware徹底入門』ではvSphere 6.0の全容を分かりやすく紹介します。製品の基本やインストールから、各リソースの管理機能、冗長化構成、仮想マシンの動的配置、設計、パフォーマンスチューニング、アップデート管理などを解説し、さらに高度な新機能やデータセンタ自体を仮想的に実現するVMwareの展望についても言及します。

本書は、日本法人であるヴイエムウェア社自らの書き下ろしによる総合解説書です。確かな情報に基づく仮想化の指南書として長らくエンジニアの傍らに置いて使っていただける定番の一冊です。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

内容(「BOOK」データベースより)

すべてのインフラを仮想化する最新vSphere 6登場。設計/導入から管理までを解説するユーザー必携の一冊。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 162110 KB
  • 出版社: 翔泳社; 1版 (2015/11/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01AXQNTJY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 49,391位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
VMware社のイベントで購入しました。VMware徹底入門というタイトルですが、VMwareだけでなく仮想化ソリューションの入門書としてよく出来た内容に仕上がっています。他製品の徹底入門シリーズをご存知の方はお分かりになると思いますが、結構分厚いです。でも見た目に臆さないでください。VMwareだけではなく、一般的な仮想化の仕組みについても触れられていて、この1冊を読破すれば仮想化初心者を卒業できる内容が凝縮されています。仮想化の導入案件に携わっていて、仮想化で実現できる事やメリット、デメリットは理解しているけれど、具体的な仕組みはよくわかっていないという方にも役立つ情報が満載です。(私がそうでした) SEとして業務に携わる中で仮想化は逃れられない知識のひとつになっています。デメリットと言うか、残念な点を強いて挙げるならば、VMware社の書籍なので有償製品に関する解説の割合が多めです。無料で仮想化を実現しようと考えている方には不要な部分ですが、仕組みや考え方を理解しておいて損はないと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
kindle版を買いました。内容はまだ未読のため評価できないのですが、
文字の色が薄いページがあり、読みづらいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover