現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。


おすすめ商品の読み込み中

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
現時点では、おすすめはありません
ショッピングを続ける

VENEX(ベネクス) リカバリーウェア スタンダードT (男女兼用) ブラック Sサイズ

5つ星のうち3.8 15個の評価

現在在庫切れです。 在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
  • 世界初!「運動時に着てはいけない」休息時専用のスポーツウェア。
  • 一日の疲れをしっかりとって体を回復させるのでぐっすり眠れ、翌日スッキリ目覚められます。
  • 一流のアスリートがスポーツ後のリラックスタイムに愛用中!
  • 仕事の疲れや肩こり解消にも効果抜群です。
  • 洗濯しても効果が変わらずお使いいただけます。

キャンペーンおよび追加情報

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

この商品を購入した、Amazonコミュニティーのメンバーである出品者、メーカー、またはカスタマーが質問にお答えします。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。


商品の情報

詳細情報

登録情報


商品の説明


パフォーマンスを上げるために
「休養を」という考え方。


高いパフォーマンスを発揮するためには、上質で正しい「休養」をとる必要があります。仮に人間のカラダを携帯電話の充電状態に例えるなら、前日に50%しか充電していない携帯電話では、翌日は50%しかチカラを発揮できません。逆に100%使いたいのであれば、前日に100%の状態に充電しておく必要があるわけです。

日本人は、長らく「休養下手」といわれてきました。休むというと、何かサボっているように思われて、罪悪感を感じてしまうことがその理由でした。しかし、「休養」とは本来パフォーマンスを上げるためにとても重要なことです。これからの時代は、受動的な「休養」ではなく、能動的な「攻めの休養」という考え方が大事になってきます。

疲労回復に貢献したい、その思いに応えるために。
積極的な休養が求められている、現代のスポーツシーン。
アクティブで忙しい現代人にとって、疲労回復は大事なテーマ。
パフォーマンスを上げるために「休養を」という考え方。
スポーツの世界で研究が進む「効果的な休養方法」。


Episode1
介護マットの開発から始まった、
ベネクス リカバリーウェアの歴史


時は2003年。とある介護施設で働いていた中村太一(現、株式会社ベネクス社長)は、床ずれに苦しむ高齢者の姿を毎日のように目にしていました。

床ずれは寝たきりの高齢者が患うケースが多く、この症状を予防するには入浴し、血液の循環を促すことが効果的といわれています。しかし、スタッフの数に限りがある介護の現場では、そのケアを行いたくてもなかなか手が回らない現状にありました。

また、介護の現場では足腰へ重い負担が掛かるヘルパーの離職が相次ぎ、さらに負担が増えるという悪循環が発生していました。

大きな課題に直面するなかでナノテクノロジーに出会う。

床ずれに苦しむ人を助けたい・・・。その想いを胸に、中村はそれまでになかった優れた機能性を有するマットレスの開発に取り組み始めます。それが、床ずれ自体をケアできるだけでなく、床ずれにならないよう予備的な機能性があるマットレスでした。中村は自律神経の働きが血液循環に大きく関わっているという事実に着目し、まったく新しい機能性マットレスを開発しようと試みました。しかし、開発現場では大きな問題や課題が立ちはだかり、成果が出ないまま月日だけが過ぎ去りました。

そんな折、中村はある学者のナノテクノロジーを応用した最先端の技術に出会います。素材が、100万分の1ミリメートルというナノサイズになることで驚くほど機能性が高まるという、この新技術との出会いによってそれまで抱えていた問題は一気に解決へと向かいました。2007年には遂にPHT特殊機能繊維の開発に成功し念願だった床ずれ予防マットレスの開発に漕ぎ着けることができたのです。ところが中村の想いとは裏腹に、そのコストの高さから介護用マットレスの販売活動は大苦戦を強いられました。

産学公連携事業によって生まれた、初の「休養時専用リカバリーウェア」。

そんなある日のこと。知り合いのスポーツ関係者が語った「俺たちアスリートも高齢者みたいなものだ。疲労はたまるし、カラダはぼろぼろだよ」という話を耳にし、中村は「これだ」と膝を打ちます。疲れをとる=リカバリーウェアの開発は、この声が発端となって始まりました。ベースとなったのは、介護従事者向けに開発した「ケアウェア」。ハードな労働環境で体調を崩す介護ヘルパーが多かったことから、PHT特殊機能繊維を応用して開発した製品でした。

最も大きな課題は、自律神経の働きに着目した休養時専用リカバリーウェアという製品であるがゆえに、エビデンス(化学的根拠)の取得が必要不可欠であることでした。そこで地元自治体である神奈川県や大学の支援を受け、数多く機能試験、臨床実験を重ね、確かな商品の開発に取り組んでいきました。

そして2009年。それまで一般的だった筋肉を締め付けることで物理的に疲労物質の代謝を促す他の製品とは一線を画した、ゆったり着るだけの「休養時専用リカバリーウェア」が株式会社ベネクス、東海大学、神奈川県との産学公連携事業によって開発することができました。

ベネクス リカバリーウェアは、発売以来、その効果の高さから瞬く間にアスリートの間のクチコミによって存在が大きく認められるに至っています。また、近年ではアスリートはもとより、忙しく生き、疲れがたまりやすい多くの生活者にとって休養時に必須のアイテムとなりつつあります。


カスタマー Q&A
賞味期限または消費期限のある商品: Amazon.co.jp ではお客様に十分に残存期間のある商品をお届けするようつとめております。お届けの商品にご満足いただけない場合は、各ストアの返品についてヘルプページ でご確認ください。