この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

V Deluxe Edition, Import

5つ星のうち 4.0 65件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,088 通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 2,088より 中古品の出品:1¥ 3,874より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の マルーン5 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • V
  • +
  • Doo-Wops and Hooligans (Bonus Track)
総額: ¥3,105
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2014/9/2)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Deluxe Edition, Import
  • レーベル: 222 Records
  • ASIN: B00LSUNGJS
  • EAN: 0602537957934
  • 他のエディション: CD  |  LP Record  |  Blu-ray Audio
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 3,781位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Maps
  2. Animals
  3. It Was Always You
  4. Unkiss Me
  5. Sugar
  6. Leaving California
  7. In Your Pocket
  8. New Love
  9. Coming Back for You
  10. Feelings
  11. My Heart Is Open (Feat. Gwen Stefani)
  12. Shoot Love
  13. Sex and Candy
  14. Lost Stars

商品の説明

約2年3カ月振りにInterscope Recordsよりリリースされる5作目のスタジオ・アルバム(以前は自身のレーベルA&M Octone Records)。
2012年の”Overexposed”のレコーディング以降バンドを離れ、活動停止していたJesse Carmichael(Key)が復帰。
ロサンゼルスのダウンタウンにあるConway Studiosで1年以上掛けてレコーディング。
ソングライティング&プロデュースにRyan Tedder 、Benny Blanco 、Max Martin、Sam Martin、Shellback、Jason Evigan、プロデュースにNoah Passovoy、The Monsters and the Strangerz、ソングライティングにSia、Ammar Malikが参加の豪華製作陣。


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
新世紀の米ポップシーンを代表するスーパーバンドの5th作。2014年作品。
相変わらずの良質ポップ/ロックが満載の好作品となっている。

メロディがあって、音が良くて、リズミックでダンサブルで・・・。
ポップミュージックかくあるべしといったこの作風は、デビューアルバムから一貫してブレない彼らの基本スタンスなんだろうと思う。
艶っぽく官能的な要素も万遍なく散りばめられ、これはまさしく典型的なMAROON 5節が全開となったアルバムである。

ただ、2作目以降の彼らが少しずつロック色を後退させているといった側面、これについてもその方向性は変わっていないというのは言っておくべきだろうとは思う。
ロックが本来的に有している先鋭性やダイナミズムというものは、本作からは殆ど感じられない。
そういったものよりも、ここで彼らが優先しているのは、スタイリッシュかつファッショナブルな部分であり、そしてそこから発せられる良い意味での「耳触りの良さ」こそが、現在の彼らの成功に繋がってきていると言っていいと思う。

あるいは本作は、新世紀世代のAORの本流を代表する作品となったと言ってもよいのかもしれない。
今の4〜50代の方々が青春時代に聴いていた音楽、TOTOやJOURNEY、STEE
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
良好な進化を遂げています。
確かにセカンドまでの「ROCK」「POP」「R&B」「JAZZ」の融合からは
掛け離れていっていますが、この素晴らしいボーカルなら仕方ないと思います。
私は中学高校時代を、産業ロックと非難される80’sポップを聞いて育った
40代半ばのおっさんですが、このアルバムにはかなり填っています。
当時ジェネシスがフィルコリンズ、シカゴがピーターセテラという美声のボーカルを
前面に押し出してからポップ路線に行ってしまった(実際売れた)ように、
このバンドのボーカルの美声を考えると仕方ない、正常進化ではないかと思います。
ですので、ファーストへの回帰でなく、
「ソフトロック」「ポップ」「AOR」の融合路線に一層励んで欲しいと思います。
ボーカル全面押し出しといっても、メロディーも負けないぐらい良いので是非。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
2014年9月リリース。『V』は『ヴイ』ではなく『ファイブ』である。彼らの第5作。既に6月に先行シングルとしてこのアルバムのトップを飾る『Maps』がリリースされていたので、曲調は予想できた気もする。大ヒットした前作、『オーヴァーエクスポーズド』ではグループを離れていたジェシー・カーマイケルが本作では復帰している。

既に5回ほど通して聴いたのだが、アダム・レヴィーンのボーカルの地肩の強さに頼った感のあるアルバムだなぁ、というのが正直な感想だ。既に前作『オーヴァーエクスポーズド』でボーカル・スタイルを確立した感があり、もう何を歌ってもヒットしてしまいそうである。故にか、このアルバムではほとんど冒険らしい冒険はしていないのが、やや残念だ。もっといろいろな冒険をして欲しかった気もする。

ヒットしそうな曲ばかりなのだが、特に好きなのは、『4.Unkiss Me』、『5.Sugar』、『10.Feelings』だ。また、『5』『7』『8』『10』は、iTunesでは、Explcitモードでダウンロードできる。

面白いのは、『10.Feelings』の最後で、何度聴いても、アダム・レヴィーンが『おしまい』って言っているように聴こえる。絶対言っていると思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
RockとR&B、Soul、Jazzの融合を目指したMaroon5というバンドは、ある意味
「It Won't Be Soon Before Long」以降は徐々に影を潜めて行ったのは皆さん周知の通り。

今回の作品で「Maps」を聴いた時に、お!?少し戻ったかな?という印象は受けたものの、
全体的にはPops色のとても強い作品となっていますね。
これは、間違いなくAdam LevineとMax Martinという組み合わせから想像できてはいましたが。

その中でもジェシーの復帰は嬉しいNewsでしたね。
これで、もう少しバンドサウンドというか生の音が増えるかと思いましたが、相変わらず
打込系が多く、少し残念な思いもします。

ただ、アメリカでの所属レーベルがInterscopeという事を考えた場合、
Maroon5もそういうカテゴリに所属なのだな・・と妙に納得してしまいました。

私としては、Benny Blancoが制作に携わった"Maps"、"Leaving California"、"My Heart Is Open"
が初期作品に入っていても違和感なく聴けるのではないかと思ってい
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック