中古品
¥ 34
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、エアキャップまたはクッション封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。■商品の状態 【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】カキコミなし。多少のキズ・ヨゴレあり。【付属品の不足】問題なし。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

V字回復の経営 単行本 – 2001/9/17

5つ星のうち 4.7 176件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 34
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 216
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 「太陽産業の役員室で開かれた経営会議は、上期の業績不振にもかかわらず、役員たちに危機感がまったく見られない。かつての花形企業も今は成長が鈍化し、マスコミには叩かれ、学生の人気も失せている。このままでは長い会社の歴史が終わる―― そう判断した香川五郎社長は決意を固め、まず役員人事で大なたを振るったのだったが…」

   本書のストーリーは、事業再建を専門にするコンサルタントである三枝が、過去にかかわった日本企業5社の事業改革を題材にしたもの。ストーリーはノンフィションとフィクションの間、つまり5社での体験を素材に、どの企業にもあてはまる「経営改革のモデル・ストーリー」を構成したものである。

   本書はフィクションであるが、それを感じさせない強烈なリアリティーを放っている。改革のもと、社内に生じる政治力学、葛藤、抵抗勢力とのかけ引きといった細部が徹底して描きだされているのだ。著者はストーリーの進行に合わせて組織硬直化の「症状」を分析したり、改革の「要諦」をまとめたりして、逐一処方箋を示していく。

   ストーリーは、現実の直視と分析、先導者の組織化、改革コンセプトの共有、戦略の意思決定、改革シナリオの現場への落とし込み…という改革のモデルパターンをたどって進む。自ら改革すべき企業の代表取締役となり、リスクと利害を共にするコンサルティングスタイルを取る三枝ならではの経験と知識がストーリーの中に凝縮されている。

   本書は、経営改革のシミュレーションとして他に類を見ないテキストである。けっきょく、「太陽産業」は各役割を担うリーダーが機能し、8年ぶりの年間黒字決算を達成するのだが、ここに日本企業再生のシナリオがあるような気がしてならない。(棚上 勉)

内容紹介

「2年で黒字化できなければ、退任します」――。自ら退路を断つことで社員の甘えを殺し、皆を巻き込む「戦略」で一気呵成に勝ち戦へ転じる。「V字回復」という言葉を流行らせたベストセラーをいよいよ文庫化。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2001/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532149347
  • ISBN-13: 978-4532149345
  • 発売日: 2001/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 176件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,485位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/10/10
形式: 単行本
「V字型回復」という言葉に魅せられてこの本を手に取った。読み出すと止まらず一気に最後まで読み進んだ。2回
3回と反復して読んだ個所もあった。
 一気に読まずにはいられない理由は、書かれている内容がまさしく自分および自分の会社に当てはまっているものであるからである。喉に渇きを覚えながら、自分の環境(状況)に当てはめながら読んだ。
 具体的には、この本には不振事業の50の症状があげられている。例えば、
・組織内に危機感がない。
・ミドルが問題を他人のせいばかりにしている。
・「妥協的態度=決定の先延ばし=時間軸の延長=競争力
 の低下」のパターン。
・あれもこれもと開発テーマが多すぎる。
・組織に感動がない。表情がない。真実を語ることがタブ
 ーになっている。
等々、どきりとすることが書かれている。
 また、この本には、そこから脱却する色々なヒントが書かれている。それらをおおぐくりにすると、
・改革の糸口となるコンセプトを探す。
・組織全体を貫くストーリーを組み立てる。  
・熱き心で皆を巻き込む。
・愚直かつ執拗に実行する。
というプロセスでまとめられている。
 これらをヒントにして、現状の置かれている状況を打破したいものである。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/27
形式: 単行本
三枝さんの「経営パワーの危機」も読みましたが、いずれもストーリーが上手く、引き込まれます。会社再建のストーリーが簡潔に分かるという点では高く評価出来ます。
しかし、実際にこの本を元にして同じように会社の建て直しに取組もうと思うと、肝心の分析手法などの説明が不充分です。そこで、分析の手法などに的を絞った続編と参考文献リストがあれば良いと思います。「V字回復:実践編」を期待しています。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
不振企業、あるいは沈滞企業には、本書で示されている「症状」が必ず
あるはずである。
また、そこからの脱出にも、必ず本書で示されている「要諦」が必要だと
考える。
上記は巻末にも、まとめて記載されているので、何度も何度も読み返し、
本書の説明箇所に戻りたいものである。

そして、改革にはコンサルタント、あるいは外部者の眼が必要な理由も
記されている。
また、トップによる決断も必要である。
そのこと自体はわかる気もするが、もし、そのトップの判断が間違っていた
場合、どういう展開になるのかは、空恐ろしいような気もするのである。
そうしたコンサルタントなどの外部の手を通じた改革結果を、みなで共有する
ほかないとも思うのである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いい本です。ストーリー仕立てになっているので一気に読みとおせます。また、実際に会社の中で起こっていることをふんふん、そうそうと思い当たることが多く、しかし、多くの会社が何も対策を打ってなかったことにも気づかされます。強烈な自省を求められる本です。でも、不快感はまったくありません。
買って、その日のうちに一気に読みとおした本はそうありません。この本は一気に読める本です。そして、自分の中に爽やかなやる気が満ちてきます。また、欧米型の経営手法に埋没するのではなく、新しい成果を求められる時代に適した日本型経営のスタイルを問いかけています。
現状分析を主観を交えずに、客観的にデータにより裏付けていくと言うのはわかっているようで出来ていないことです。それがなぜ必要かと言う事について、具体的なケースで問いかけてくれます。経営者には必読書です。おそらく、経営者に読んでもらいたい本のベスト書ではないでしょうか。どん底から這い上がる会社だけではなく、成長戦略をとろうとしている企業の経営者にもぜひとも読んでいただきたい本です。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
読書会で紹介されたが、この本を課題図書としている企業もあったり、会社内で社長→部長→課長→平社員のように回し読みされてる企業もあるとのこと。
私自身の読書感としては、平社員でも日頃感じにくい経営者の視点をもつことができ、「この企業内の問題点はうちにもあるな」、「この経営の基本が出来てないから責任感が低いのか」などと実感できたりして、経営の問題点と基本がわかる。また上に立つ人の心構えなども理想とする姿で励みになる。
何より、この本を読み進めることで、実際に経営を再建してるような体験ができ、またそれに成功し主人公たちともに感動を味わうことができ、会社って面白い!オレも会社で面白いことに取り組みたい!って思わせてくれるところが良い。

ストーリーは、肥大化した企業内に赤字体質だった部署があり、再三事業部長が変わり改革に取り組んできたが、成功せず赤字の拡大が続いていた。そこへ子会社で経営再建を成功させた社長が事業部長に抜擢され、経営再建を行っていくという物語仕立て。
その物語はどんな改革でも、個人レベルの改善でも成功するものは、このステップをふむという「改革・八ステップ」に沿ってすすんでいく。ストーリーの至る所に、企業内の問題発見となる「症状」や、経営再建への「要諦」 のポイントがでていて、改革が行われる上でのポイントがつかみやすい。またス
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック