中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 もんぺ商店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 迅速かつ丁寧な対応を心がけます。<!状態の基準!> 【非常に良い】=表紙カバーに細かい目立たない傷がある場合があります。ページには、折れ書き込みが無い状態です。【良い】=表紙カバーに小さい1cm以内の破れ、折れがある場合があります。ページには目立たない日焼けがある場合があります。全体的に使用感を感じます。【可】=表紙カバーがない場合もあります。ページには、書き込み、シミなどの汚れがありますが、判読には支障がないと判断した商品です。<梱包> 消毒・クリーニング後、OPP(プラスチック素材の梱包材)に密閉し、配送します。※詳しくは、出品者にお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

V字回復の経営 単行本 – 2001/9/17

5つ星のうち 4.7 178件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 864 ¥ 58
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 「太陽産業の役員室で開かれた経営会議は、上期の業績不振にもかかわらず、役員たちに危機感がまったく見られない。かつての花形企業も今は成長が鈍化し、マスコミには叩かれ、学生の人気も失せている。このままでは長い会社の歴史が終わる―― そう判断した香川五郎社長は決意を固め、まず役員人事で大なたを振るったのだったが…」

   本書のストーリーは、事業再建を専門にするコンサルタントである三枝が、過去にかかわった日本企業5社の事業改革を題材にしたもの。ストーリーはノンフィションとフィクションの間、つまり5社での体験を素材に、どの企業にもあてはまる「経営改革のモデル・ストーリー」を構成したものである。

   本書はフィクションであるが、それを感じさせない強烈なリアリティーを放っている。改革のもと、社内に生じる政治力学、葛藤、抵抗勢力とのかけ引きといった細部が徹底して描きだされているのだ。著者はストーリーの進行に合わせて組織硬直化の「症状」を分析したり、改革の「要諦」をまとめたりして、逐一処方箋を示していく。

   ストーリーは、現実の直視と分析、先導者の組織化、改革コンセプトの共有、戦略の意思決定、改革シナリオの現場への落とし込み…という改革のモデルパターンをたどって進む。自ら改革すべき企業の代表取締役となり、リスクと利害を共にするコンサルティングスタイルを取る三枝ならではの経験と知識がストーリーの中に凝縮されている。

   本書は、経営改革のシミュレーションとして他に類を見ないテキストである。けっきょく、「太陽産業」は各役割を担うリーダーが機能し、8年ぶりの年間黒字決算を達成するのだが、ここに日本企業再生のシナリオがあるような気がしてならない。(棚上 勉)

内容紹介

「2年で黒字化できなければ、退任します」――。自ら退路を断つことで社員の甘えを殺し、皆を巻き込む「戦略」で一気呵成に勝ち戦へ転じる。「V字回復」という言葉を流行らせたベストセラーをいよいよ文庫化。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 384ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2001/9/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532149347
  • ISBN-13: 978-4532149345
  • 発売日: 2001/9/17
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 178件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,107位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
不振企業、あるいは沈滞企業には、本書で示されている「症状」が必ず
あるはずである。
また、そこからの脱出にも、必ず本書で示されている「要諦」が必要だと
考える。
上記は巻末にも、まとめて記載されているので、何度も何度も読み返し、
本書の説明箇所に戻りたいものである。

そして、改革にはコンサルタント、あるいは外部者の眼が必要な理由も
記されている。
また、トップによる決断も必要である。
そのこと自体はわかる気もするが、もし、そのトップの判断が間違っていた
場合、どういう展開になるのかは、空恐ろしいような気もするのである。
そうしたコンサルタントなどの外部の手を通じた改革結果を、みなで共有する
ほかないとも思うのである。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 三枝匡さんによる事業再生の本を3冊読んだが、いずれもぐいぐい引き込まれ一気に読み終えた。いずれの物語も現実的で、登場人物の性格描写が上手く、また、改善の努力により多くの壁をぶち破り事業の状態がどんどん良くなるため、読んでいて非常に気持ちが良くなる。

 ただ1点気になったことがある。事業改善には残業をいとわず長時間働く社員が必要であるような記述がある。仕事への情熱は当然必要だが、働く時間で判断するのはいかがなものか?と私は考える。 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
経験に裏付けされた緻密な人間模様が最高です。
ビジネス書なのに、エンターティメント!
修羅場をくぐった著者ならではの、迫力ある描写とストーリーに引き込まれます。
仕事にスポーツに、私生活に、最高のエナジードリンクのような一冊。
疲れた貴方も、せびお試し下さい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
理論重視のビジネス書に飽き気味だった自分が、偶然手にして、1日で読破した本。
いつか自分が事業の改革リーダーを担う時が来たら、きっとこの本を常に携帯するだろう。
また、登場人物のモチベーションが総じて高いので、仕事への情熱が低下した時に再読するのも良いと思う。

<学び>
1)意思決定への妥協的態度 = 外で負ける事よりも社内でよろしくやる事を優先している状態 = 競争力の低下
2)年長者だからと言って発言に遠慮する事はない。結局は集団に対する責任感の問題。
 → 意見がぶつかる事を怖がり過ぎてはいけない。「大儀のための意見交換」かどうかを基準にし、必要な議論かどうか判断する。
 
3)著者の経験では、戦略の良し悪しよりも、トップが組織末端での実行をしつこくフォローするかどうかのほうが結果に差がつく。
4)営業部隊に戦略方針を呈示しても、それをモニターする仕組みが無ければ、戦略は骨抜きになる
 → 成果は、戦略のみで決まるのではなく、「戦略×実行力」の積である事を再度肝に銘じる。

5)マインド&行動を変えるのはプレゼンのテクニックや表層的な言葉の選び方では無い。社員は本質を見極める
6)戦略策定者が「自分自身が実行できると思えるもの」を
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自身が経験した事例を混合させた経営物語の中で、登場人物たちの本音が
インタビュー形式で挿入されるという、珍しいカタチ。

だた単に、皆で頑張りましょう、という内容ではなく、
足の引っ張り合いや、部署間のゴタゴタ、欲の暗部が描かれている。

わざとらしい表現や、過去の著書宣伝、著者自身の売り込みを差し引いても、
組織に属しているなら、読み物として楽しめる。

組織の壊死は、とっくに始まっているので、
変化への後押しをしてくれるかもしれない。
__________________________________________________________
「 たった一回しかない人生を、そんな
張り合いのない毎日で埋め続けて
いくつもりなのだろうか。」
__________________________________________________________
本書では、「創って、作って、売る」とあるが、
職種によっては、以下の方がしっくりくる。

創って、売り込んで、売る。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー