¥ 3,024
通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
Unityゲーム開発 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

Unityゲーム開発 単行本 – 2014/8/21

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,698

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • Unityゲーム開発
  • +
  • Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発
  • +
  • Unity5入門 最新開発環境による簡単3D&2Dゲーム制作
総額: ¥8,532
ポイントの合計: 220pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

バンダイナムコスタジオの現役プログラマが解説する新しいUnity本!
“本物"のゲーム開発ノウハウを伝授!


アニメーションやエフェクトはもちろん、AIやネットワークなどもカバー。
キャラクターの表示から、マルチプレイヤーゲームの完成まで、
ステップ・バイ・ステップで習得できる本格派解説書!


▼本書の内容
第1章 Unityを知ろう
第2章 Unityを触ってみよう
第3章 Unityでプログラムを書いてみよう
第4章 データをインポートしてみよう
第5章 キャラクターを移動してみよう
第6章 キャラクターを操作してみよう
第7章 カメラを動かしてみよう
第8章 第8章 プレハブ化と敵の設定
第9章 アニメーションをつけてみよう
第10章 攻撃を作ってみよう
第11章 AIを作ってみよう
第12章 ゲームの流れを作ってみよう
第13章 UIを作ってみよう
第14章 タイトル画面を作ってみよう
第15章 エフェクトを作ってみよう
第16章 音を鳴らしてみよう
第17章 ゲームを完成させよう
第18章 ネットワーク対応してみよう

内容(「BOOK」データベースより)

キャラの動かし方からネットワーク連携まで!バンダイナムコスタジオのプログラマが明かす、オンラインゲーム開発の全て!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 512ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2014/8/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797374403
  • ISBN-13: 978-4797374407
  • 発売日: 2014/8/21
  • 商品パッケージの寸法: 22.8 x 18.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 101,717位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
本当にわかりやすいです。
自分は、高校一年ですが卒業制作を作るために買いました、2年上の先輩は2Dの横スクロールを作っていましたがこの本を買えばすぐに簡単なものであれば作れます。少々高いと思うかもしれませんがこの本には値段以上の価値が十二分にありました。
ちなみに自分は、3Dのオンラインゲームを作ろうと思っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
攻撃をしたらどのオブジェクトにどう伝えればいいのか,HPを減らすにはどこからどの関数を呼ぶべきなのか,エフェクトは?アニメーションは?音声は?
など,初心者がやるとスパゲッティコードになってしまうことを,そうならないように分かりやすく解説してくれています.

操作方法もしっかりと書いてあるので全くさわったことのない人にもお勧めです.

Unityを使ったことがあるならハンズオン形式でやっても退屈ですが,
まずは1冊まるまる全て読んでから自分の欲しいコードを参考にするという読み方がいいと思います.
役に立つ情報があちこちに書かれているので,まずは全体を見たほうがいいと思います.

ちなみに出来上がるゲームはクソゲーです.サンプルプログラムがあるのですが,本を読み切るまでは完成版をプレイしない方がいいです.
やる気がなくなると思います.
でも本自体は重要な内容をたくさん解説しているのでとても役に立っています.

ところどころ誤植があるのでサイトでチェックしたほうがいいです.
ちなみにkindle版を購入しました.
今のところkindle for PC は使いづらいのでPC操作に慣れていない人は本で買った方がいいかもしれません.
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
初心者のいわゆるボールゲームやunityちゃんの簡単なものとくらべるとだいぶ難易度が上がります
途中の説明をテキトーに読むとまったく力になりません(scriptなどがすでに書かれているため)
逆に説明をしっかり読めば今まで知らなかった情報、テクニックいろいろ学べる一冊だと思います
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
前にUnityのネットワーク機能をつかって、ブロックが球を打ち合うゲームを作りましたが結構面倒でした。

公式のリファレンスをみながら、関数の機能を見て理解するのは大変でした。

しかし!その面倒な所のソースと解説が載っているだけで自分は買った価値はあると思います。

その他の内容についても、本格的な3Dゲームを作る上では必要不可欠な物が書いてあります。

例えば、キャラが剣を振り敵にダメージを与える。 これを実現するだけでも結構面倒です。

キャラを動かし、アニメーションを制御し、剣の当たり判定を作り、敵に当たった時のスクリプト、HPのUIへの反映、エフェクトなどなど・・・。

逆に言えばこの工程が全て書いてあります。ソースの量も入門書とは比べ物にならないくらい多いです。

なので、「プログラムとかよくわからないよ~、書きたくないよ~」という人は買わないほうがいいです。途中で折れます。

しかし、Unityわからない人にも導入部がしっかり書いてあるので、ネットゲームをつくりたいんだ!という熱い熱意があればこの本はオススメです。

この本を理解する頃には自由にゲームを作れるようになるとおもいます。
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
まあ、悪くは無いけど、中級以上の人のための本かな。
敵との当たり判定をLayerでやっているのはPhisycsManagerでデザイナーがコントロールできるためだと思うけど、
TAGでやるのがC#プログラマなんじゃ無いかな。
10章は、10-6まで組んでからじゃないとコンパイルがかかんないから注意が必要。
それと、201ページに誤植あり。isAttackFinished()と書かれているけど、実際はisAttacked()だから。
パーティカルとかも本の通りにやってたらちゃんと入らないから、まあ、中級以上の人なら大丈夫だと思うけど、
中級以上の人がこの本を必要とするかな。ま、初心者の本を見て何か自分で組めるようになったら、
これとUnity4徹底ガイドを読めば良いのかも。Unity4徹底ガイドはフォルダ分けが特殊だから。
あと、この本、ちゃんとプレファブを説明していないから、そこんとこは自分でカバーしないと無理だと思う。
でも、そこと誤植と打ち込んでもちゃんと動かないのが無くなれば星+1かな。
あと、196Pに攻撃力1.5倍とか書かれてるけど、そこは読み飛ばして。
11章で説明されてるから。明示的キャストが2回必要になるから実際には2倍にしてる。
スクリプトを共通
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー